ファイリング研修 ビジネス文書と情報管理編(半日間)

2946ファイリング研修 ビジネス文書と情報管理編(半日間)

17/07/10 更新


当研修の「ねらい」

ビジネス文書は、「活用」されてこそ価値があります。一方で、ビジネス文書が「活用」されるほど、紛失・盗難・情報漏洩といったリスクが大きくなりますので、「情報管理」という考え方が重要になります。そこで、「活用」と「情報管理」という一見相反するようにみえる2つを両立させることが、ビジネス文書管理の課題です。

本研修では、このような課題を踏まえて、ビジネス文書情報管理のポイントを学び、自組織での具体的な取り組みを考えていただきます。また、かつては紙
ベースで管理していた文書が電子化されたことで、電子データの管理術についても学んでいただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.整理・整頓の重要性
    (1)なぜ仕事において整理・整頓は重要なのか
    【ワーク①】 仕事をするうえで、なぜ整理・整頓することが重要だと言われているのか考える
    (2)整理・整頓の目的と効果
    (3)業務ごとの整理・整頓のメリット
    (4)対象で異なる整理・整頓の方法
    【ワーク②】整理・整頓を通じてどのような改善や効果を期待するか考える
講義
ワーク
  • 2.ビジネス文書の管理のコツ
    (1)「捨てる」「分ける」「保管する」の3つのルールで管理する
    (2)ビジネス文書と情報管理
    (3)ビジネス文書のライフサイクルとポイント
講義
  • 3.ビジネス文書の廃棄
    (1)「捨てる」ことの目的とは
    (2)法令で保存年限が定められている文書の廃棄ルール
    (3)不要な文書の廃棄ルール
    【ワーク】あなたが携わる業務に関連する文書について、①すぐに破棄すべきもの、②一時的に保管するもの、③保存する必要があるものに分け、その際のルールを具体的に作成する
講義
ワーク
  • 4.ビジネス文書の分類と保管
    (1)「分ける」ことと「保管する」ことの目的とは
    (2)分類と保管のルール
    (3)文書のインデックス情報
    (4)文書の保管方法
    (5)保管場所の選択
    【ワーク】あなたが職場で取り扱っている文書(電子的なものではなく紙などのもの)を、ここまで学んできた分類・保管のルールにもとづいて、仮想のキャビネットの中に保管する方法を考える
    【参考】ファイリングシステム
講義
ワーク
  • 5.電子データの管理術
    (1)電子データの特性とその管理方法
    (2)電子データの機密区分
    (3)電子データの検索機能を活用するための保管ルール
    (4)電子メールと情報管理
    (5)電子化の可否
    【ワーク】あなたが携わっている業務で扱う文書の中で、電子化することでより業務を効率化することができる可能性があるものを挙げる
講義
ワーク
  • 6.職場での取り組みを検討する
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 6月     5名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 本日の研修で学んだこと、頭の整理ができたことを確実に実行に移し、ファイリング整理をしていきたいと思います。
  • 職場内の整理整頓に活かし、作業効率と働きやすい職場づくりをしていきたいと思います。
  • 不要書類の廃棄をまず行いたいです。書類を探す時間が一番もったいないので、できるだけ早く取り組みます。

実施、実施対象
2017年 6月     6名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • まだ分類できていないファイルがあるので、社内で話し合ってルールを決めていきたい。
  • ファイルの廃棄まで行って手つかずになっていた、工務室の書棚の3Sを、企画書を活用し提案したいと思います。
  • 適正なファイリングの効果・メリットを改めて認識することができてよかったです。自部署や他部署に展開する際に活かしていきたいと思います。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



業務改善研修の評価
年間総受講者数
10,521
内容をよく理解・理解
91.0
講師がとても良い・良い
90.0

※2016年10月~2017年9月

関連研修
一般的な研修例
業務改善活動コンサルティング
病院向け業務改善研修例
業務フロー作成研修例
AI・人工知能を使った業務改善研修(1日間)
整理力向上研修 生産性の高い職場環境を作る(1日間)
メンバー向け生産性向上研修 ~仕事の見直しと明文化による生産性向上(半日間)

公開講座業務改善研修
関連研修テーマ
ナレッジマネジメント研修
仕事の進め方研修
タイムマネジメント研修
マニュアル作成研修
整理力向上研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー