insource

インソース

インソースお問合せ窓口

お問い合わせのお客様0120-800-225


【公開講座】アサーティブコミュニケーション研修
カテゴリ:コミュニケーション

アサーティブコミュニケーション研修

17/05/23 更新
  • おすすめポイント

  • アサーティブとは、自他尊重をした上で自分の伝えたいことを相手に伝えることです。そのためのコミュニケーションスキルを習得していただきます。

    ◆研修のポイント
    ①自分のコミュニケーションパターンの把握
     ~アサーティブになれない具体的場面を考え、現状を客観的に知る
    ②コミュニケーションの基本の習得
     ~相手から信頼を得る聴き方や相手に納得してもらえる伝え方
    ③言いにくいことを伝える方法の習得~具体的なケーススタディによる練習

  • 対象受講者

  • 自分の意見を素直に言えない方、自分の意見ばかりを主張してしまう方

    ◆受講される方やご担当者さまのお悩み
     「相手に嫌がられることが怖くて、本音がなかなか言えない」
     「お願いをされたら断れない。無理をしてでも引き受けてしまう」
     「自分の意見を主張することが怖いと感じる」
     「他人から意見を言われるのが苦手である」

  • 研修カリキュラム

  • 内容 手法
    • 1.こんな時どうする?
      【ケース】 「職場への配慮のない同僚に対して、どのように声をかけますか」
    ワーク
    • 2.意見を伝えるときの考え方
      (1)人の考え方と行動のパターン
      (2)アサーティブな思考とは
      (3)意見を伝えにくい場面を考える
      【ワーク】アサーティブでありたいが、難しい場面を考える
      (4)意見を伝える前に感情を整理する
      【参考】変えるべき考え方を知る ~ 認知の歪み
    講義
    ワーク
    • 3.コミュニケーションにおける心構え
      (1)コミュニケーションはねじれて伝わる
      (2)コミュニケーションにおける心構え
      【参考】非言語要素の一般的なイメージ
    講義
    • 4.相手の同意を得るための伝え方
      (1)状況を客観的に伝える
      (2)相手の話を受け止める。相手の言葉に反応を示す
      (3)自分の考えを伝える~Ⅰ(アイ=私)メッセージの活用
      【ワーク】「Ⅰメッセージ」に言い換えてみる
      (4)論点を確認し、最良と思われる解決策を導き出す
    講義
    ワーク
    • 5. ケーススタディ
      ※ケースごとに①シナリオ作り②ロールプレイング③振り返りを行う
      【ケース1】異動してきたベテラン従業員に、処理手順を現部署のものに変更してほしい
      【ケース2】仕事が山積みのため、参加必須でない説明会への出席を
      今回は断りたい
    ワーク
    • 6.シナリオ作り~自身の課題を考える
      【ワーク】第2章(3)のワークで挙げた課題をアサーティブに対応する
      シナリオを作成する
    ワーク
  • お申込みの手順

    • 下記スケジュールのご希望の講座の「お申込み」ボタンを押して、「公開講座お申込みフォーム」に必要項目をご入力下さい。
    • (1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
    • (2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
    • (3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。
  • スケジュール

  • この研修を受講した方はこんな研修も見ています

  • 受講者の声

  • 研修評価

    内容:大変理解できた・理解できた
    97.0 %
    講師:大変良かった・良かった
    97.7 %

    ※2016年4月~2017年3月

    実施、実施対象
    2016年 11月     13名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • Win-Winの関係・状態にするには、どういう発言をしたらよいか、また、提案の仕方やアイディアの引き出しを多く持つことの重要性を学べました。
    • 相手の立場になって考えるようにする。背景や状況、思いまで想像できたら、本音を聞き出しやすくなるのだと思いました。

    実施、実施対象
    2016年 10月     18名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 本日の研修により、自分のタイプを知ることができた。振り返ると、何でも引き受ける自分がいたので、アサーティブな発想を状況に応じてうまく使い分けていきたいと思います。
    • 自分の意見を押し通すのではなく、相手の立場や意見を尊重したうえで結論を出すよう改めて考え直す良いきっかけになった。
    • コミュニケーションにはねじれがあることは、分かっていたようで忘れていました。いつの間にか、部下に対して自己本位でコミュニケーションをとっていたので、今後気をつけたいです。

    実施、実施対象
    2016年 9月     12名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 日々の業務の中の交渉案件、同僚への注意・指摘など、活かせるところが多いと思います。今日の内容(ポイント)はすぐ振り返りできるように、小さなメモにして持ち歩きたいです。
    • 実際の場面で「こういう言い方もあるな」という内容を学べた。また、他職種の方の意見を伺えてよかった。言いにくいことは簡潔に伝える、ということをやっていきたいと思う。

    実施、実施対象
    2016年 8月     11名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 部内外のコミュニケーションに役立てたいと思います。ロールプレイを通じて、対話するときはある程度シミュレーションをするべきだと思いました。
    • 今まで言い方ひとつで、コミュニケーションの結果がこんなに変わるということを頭ではわかっていたが、身につけるための方法を教えていただきました。ありがとうございました。

    実施、実施対象
    2016年 7月     9名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 自身では相手を尊重したコミュニケーションができていると思っていたが、今回の研修で、まだ不足している部分があることに気づかされた。その部分について、今後の業務で改善したい。
    • ケーススタディもあり、自分の意見と他の人の意見を比べることができました。他の方の考えも聞けたのでよかったです。ありがとうございました。

 

お知らせ

インソースのサービス情報配信
(無料)

下記情報を無料で配信中

無料セミナー、新作研修、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツ

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

登録はこちら
公開講座の年間実績
受講者数※1
35,530
開催数※1
4,997
講座数※2
1,579種類
インソースの実績
総受講者数※1
38.6万人
お取引先数※3
19,133
  • ※1 2016年4月~2017年3月
  • ※2 2017年3月末時点
  • ※3 2003年6月から2017年3月までに
      当社サービスをご利用いただいた
      お取引先累計