insource

インソース

インソースお問合せ窓口

お問い合わせのお客様0120-800-225


出張開催
公開講座の年間実績
受講者数※1
35,530
開催数※1
4,997
講座数※2
1,579種類
インソースの実績
総受講者数※1
38.6万人
お取引先数※3
19,133
  • ※1 2016年4月~2017年3月
  • ※2 2017年3月末時点
  • ※3 2003年6月から2017年3月までに
      当社サービスをご利用いただいた
      お取引先累計
インソースのサービス情報配信
(無料)

下記情報を無料で配信中

無料セミナー、新作研修、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツ

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

登録はこちら
【公開講座】ファシリテーション研修
カテゴリ:コミュニケーション

ファシリテーション研修

17/06/21 更新

このページは公開講座の研修を紹介しています

月間人気研修ランキング 階層別研修推奨プラン 研修体系プラン
  • おすすめポイント

  • 本研修では会議のファシリテーター(中立な立場の会議進行役)に重要な4つのスキルを学んでいただきます。会議を円滑に進め、合意形成へと導く力を身につけていただきます。

    ◆研修のポイント
    以下4つのポイントの習得を目指し、研修を進めます。
    ①場のデザインスキル
     会議の目的を押さえたうえで、事前準備とプロセス設計を行う
    ②対人関係のスキル
     傾聴や質問を通じて、参加者の意見や思いを会議の場で引き出す
    ③構造化のスキル
     議論の内容を明確にすることで共有を図りつつ、整理しながら論点を絞り込む
    ④合意形成スキル
     参加者の合意を得ながら、「やること」「やらないこと」を決める

  • 対象受講者

  • 会議の進行方法に困っている方、成果の出る会議運営をしたい方

    ◆受講される方やご担当者さまのお悩み
     「参加者同士で建設的な議論が行われていない」
     「会議が終わった時に、何が決まったのかわからず時間だけを過ごしてしまう」
     「いつも決まった人が発言してしまうため、活発な議論ができていない」
     「意見が出ない時は沈黙が続いて困るが、出たら出たでうまくまとめられない」

  • 研修カリキュラム

  • 内容 手法
    • 1.はじめに
      (1)自分が関わる会議を考える
       【ワーク】自身が関わる会議について考える
      (2)なぜ会議に不満が残るのか?
    講義
    ワーク
    • 2.ファシリテーションとは?
      (1)ファシリテーションの目的
      (2)プロセスに関与する
      (3)ファシリテーションにおける心構え
      (4)ファシリテーターに求められる4つのスキル
    講義
    • 3.場のデザインスキル
      (1)目的を明確にする
      (2)目標を設定する
      (3)進め方(プロセス)を決める
      (4)ルールを決める
      (5)役割分担を決める
      (6)空間としての場を決める
       【ワーク】ケースをもとに、ファシリテーターとしてどのような「場のデザイン」をするか考える
    講義
    ワーク
    • 4.対人関係のスキル
      (1)「傾聴」のスキル
      (2)「介入」のスキル
      (3)「観察」のスキル
      (4)「質問」のスキル
      (5)「話す」スキル
    講義
    • 5.構造化のスキル
      (1)要点を見つける
      (2)関係を見つける
       【参考】ホワイトボード活用法
       【ケーススタディ】議論をホワイトボードを使ってわかりやすく整理する
    講義
    ワーク
    • 6.合意形成スキル
      (1)合意形成における役割
      (2)コンフリクトマネジメント
      (3)意思決定の支援
      (4)合意形成支援のポイント
    講義
    • 7.ファシリテーション(会議)演習
       【テーマ1】分煙対策における事前ヒアリング
       【テーマ2】コミュニケーション不足によるトラブル防止対策
       【テーマ3】マンション管理会社の契約更新
       【テーマ4】打ち上げの飲み会の店決め
       【テーマ5】福利厚生で行っている秋祭りにむけた出店内容
    ロールプレイング
    • 8.振り返り
       研修を踏まえ、ファシリテーターとしての目標を立てる
       【参考資料】会議の種類別にみるファシリテーション技法
    ワーク
  • お申込みの手順

    • 下記スケジュールのご希望の講座の「お申込み」ボタンを押して、「公開講座お申込みフォーム」に必要項目をご入力下さい。
    • (1)同業の方のご参加はご遠慮いただいております。
    • (2)最低履行人数の4名に達しなかった場合、研修が中止となる可能性がございます。中止の可能性がある場合は研修日の2週間前に中間報告、1週間前に開催可否の連絡をさせていただきます。
    • (3)研修実施3週間を切った時点で、お申込み者数が0名の場合、開催日程をHPから削除させていただくことがあります。
  • スケジュール

  • この研修を受講した方はこんな研修も見ています

  • 受講者の声

  • 研修評価

    内容:大変理解できた・理解できた
    97.8 %
    講師:大変良かった・良かった
    96.2 %

    ※2016年4月~2017年3月

    実施、実施対象
    2016年 11月     12名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • ファシリテーションの心構えや求められるスキルなどについて、論理的・体系的に理解できたので、実践につなげていきたいです。特に、目的と目標、意思決定方法の共有とそれに向けた全員での前向きな取り組みにつなげていきたいです。
    • 普段、自然と行っていたことが意外と大切なことだと理解できた(会議の設定で目的や目標を明確にする等)。また、演習を通じて、自分の良い点・改善点について理解できたのでよかった。

    実施、実施対象
    2016年 10月     10名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • ファシリテーター役を任された際に、中立を意識していても言葉の端々に自分の考えなどがつい混ざってしまうことがあると思うので注意したい。また、否定的な意見の言いかえについて、普段から意識していきたい。
    • 会議の運営だけでなく、OJTなどにも活かせる部分もあると思いました。人対人なので、うまく立ち回れるように本日の内容を振り返りながら、業務に活かしていきたいと思います。

    実施、実施対象
    2016年 9月     10名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 実践することで、気づきが得られる内容になっていたのが良かったです。(理論は本などでも知ることができますが、実践はグループワークでしかできないので)
    • 演習で普段の自分とは異なる役をすることで、会議の参加者がどのような気持ちで参加しているのか、なんとなく理解できて良かった。

    実施、実施対象
    2016年 8月     7名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • 事前に会議の進め方を決めてイメージトレーニングする必要があることが分かりました。横道にそれやすい人や、批評ばかりする人の対策も活かせそうです。
    • 現実に起きうる、思い付きで発言をするタイプの人にどう対処して、いかに議論を元に戻すかについてヒントをもらえたので、会議の場で活かしていきたいと思います。

    実施、実施対象
    2016年 7月     10名
    業種
    公開講座
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • スキルは非常に重要ですが、やはり「段取り」が大事であることを再認識しました。非常に有益だったと思います。ありがとうございました。
    • 会議、ファシリテーションには苦手意識がありましたが、必要なスキルやホワイトボードの使い方等、具体的なことが学べたことが良かったです。まずは声の大きいだけでなく、全員に話を振る、オープンクエスチョンをすることから始めていこうと思います。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

お知らせ

リクエスト開催