「ダイバーシティ(多様性)」は万能薬か?~経営・マネジメントのコツ

著者:インソースマネジメント研究チーム

記事紹介文

インソース研究チームの上林憲雄教授(神戸大学大学院 経営学研究科)の研究より「ダイバーシティ」についてお伝えいたします。

ここ数年、時流の経営キーワードとなっている用語の1つに、ダイバーシティ・マネジメントがあります。ダイバーシティとは多様性を表す英語で、「多様性」を経営へ導入することを意味します。

しかし、ダイバーシティがどう企業論理と結びついているのかが議論されることはあまりありません。今回は、ダイバーシティと企業論理の結びつきについて考察してみたいと思います。

本文をダウンロード
研究員中島がまとめた記事要約
■時流のキーワード:「ダイバーシティ」
ここ数年、時流の経営キーワードとなっている用語の1つに、ダイバーシティ・マネジメントがあります。ダイバーシティとは多様性を表す英語で、「長期間働き続ける、会社忠誠心を持った男性社員」という一律の勤労者観を否定し、「多様性」を経営へ導入することを意味します。
■議論されない企業の論理との結びつき
しかし、そもそもなぜ、昨今になってことさらダイバーシティの導入が叫ばれるようになってきたか、何ゆえにダイバーシティ・マネジメントが企業経営の論理と結びつくのかについては、世間ではあまり議論されることはありません。
■ダイバーシティが企業にとって有効な条件
ダイバーシティが企業経営の論理と結びつく理由は、企業が環境との相互作用の中で経営しており、その経営環境が時代を経るごとに不安定になってきている、という事実と関係します。どんなシステムでも、要素に多様性があるほうが、その要素を様々に組み換えることによって、不安定な環境においても長期にわたり存立するものです。企業も同じで、多様な要素から構成されることにより、不安定な環境でも存続しうるのです。
■日本企業でダイバーシティが求められる理由
かつて、日本企業が、多様性を含まないにも関わらず、長期にわたり成長し続けていた理由として、かつては現在に比べると経営環境の不確実性が、遙かに小さく、今後の事態が予測可能な状況が続いてきたためではないか、と推論できます。ただ、最近では環境変化の程度が従前と比べると遙かに大きくなったため、システムに多様性を内包させておく方が、経営的に有利となってきた、という状況があるのです。
■現象が起こる理由を考えるスタンスこそ重要!
ここで重要なことは、何でも時流の現象やキャッチフレーズを鵜呑みにしてしないことです。現象が起こる理由を、冷静に覚めた眼で、周りに流されることなく自分なりに考えてみることが重要です。そういうスタンスでいれば、ダイバーシティが求められている理由も、特殊な条件下で、企業経営にとって有効であるからだということも理解できます。こうしたスタンスを身につけ、物事の分析眼を身につけることは、自社のオリジナリティを高め、真の競争力をつけることにも繋がっていくはずです。


バーチャルマネジメント研究所一覧TOP
全記事一覧
テーマ一覧
人的資源管理
リーダーシップ
ビジネススキル
営業
マネジメント
リスクマネジメント
シリーズ一覧
人事マネジメントシリーズ
日本的人事システムの先進性シリーズ
日本におけるMBA教育シリーズ
ロジカルシンキングの極意シリーズ
女性管理職育成シリーズ
プレゼンテーションシリーズ
テイラーシリーズ
経営資源考シリーズ
ビジネスに活かすリーダーシップシリーズ
内部マネジメントの3パターンシリーズ
モチベーションのマネジメントシリーズ
役に立つ逆転の発想シリーズ
経営理念の重要性シリーズ
「できる人」の見分け方・育て方シリーズ
人的資材管理の源流シリーズ
「見える化」で見えなくなるものシリーズ
成功する人材育成へ向けてシリーズ
ビジネスに活かせるプレゼンのコツシリーズ
経営学は実践にどのように役立つか
その他

インソースの階層別研修
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修


公開講座の管理職研修
関連研修テーマ
OJT研修
評価者・考課者研修
メンタルヘルス研修
ハラスメント防止研修
財務研修
マーケティング研修

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー
今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。