2017年06月05日 ニュースリリース

2017年5月 インソース新作研修のお知らせ

2017年5月 インソース新作研修のお知らせ

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)は、5月に12分野計40本の新作研修をリリースしましたので、お知らせします。

◇「時代の変化を先取りするインソースの新作研修」とは◇
当社は、お客さまのニーズを先取りする研修を最速で開発することをミッションとしております。5月には、日本が世界に誇る「かんばん方式」を応用した研修などの「働き方改革(生産性向上・AI)分野」研修、外国人労働者の方が日本で円滑に業務を進めるための「グローバル分野(英語版)」研修等を開発しました。社会人研修の最新動向をご覧下さい。

◇2017年5月 新作研修

働き方改革(生産性向上・AI)分野 9本 OJT分野 1本
グローバル分野 8本 キャリア分野 1本
新人・若手向け分野 6本 プレゼンテーション分野 1本
業種別分野(ホテル業界向け) 4本 リスクマネジメント分野 1本
販売推進力向上分野 4本 ヘルスマネジメント分野 1本
自治体向け分野 3本 コンプライアンス分野 1本

<働き方改革(生産性向上・AI)>「生産性向上と人づくり」改革に貢献
日本が世界に誇る「かんばん方式」を応用した研修を開発しました。効率的に仕事を引き渡す「マイかんばん」の作り方や、管理職が「マイかんばん」を使って、どうマネジメントするかなどを学んでいただけます。
当社では、今後ともビジネスパーソンの生産性向上のため、様々な研修を開発してまいります。

①管理職向け ~「マイかんばん」を使った生産性向上
気合と根性だけでは、生産性をあげることはできません。本研修では、業務内容を書き出した「マイかんばん」を用いて、①明確な指示②成果の上手な引き取り方③効率的な業務配分といった「理」にかなったマネジメント手法を学んでいただきます。
■管理職向け生産性向上研修 かんばん方式を応用した管理職の生産性向上(半日間)

■管理職向け生産性向上研修 かんばん方式を応用した管理職の生産性向上(1日間)

②メンバー向け ~ムダを排除し、うまく仕事を引き渡す
5つのムダを排除することにより、まずは「余力」を作ります。そのうえで、仕事をうまく引き渡すための「マイかんばん」作りを学び、生産性向上へと繋げていただきます。
■生産性向上研修 最小の時間で最大の成果をあげる仕事のやり方(半日間)

■生産性向上研修 最小の時間で最大の成果をあげる仕事のやり方(1日間)

<グローバル分野>
外国人労働者が2016年には約108万人(前年比+18%)※1になるなど、増加傾向にあります。その一方で、自国と日本における働き方のギャップに悩む方が増えています。この度当社では、日本で円滑に業務を進めるための知識やスキルを英語で学べる研修を開発いたしました。
■Time Management in Japanese Organizations(One day)
 日本企業のタイムマネジメント研修

■CS Customer Satisfaction / Services Training - Japanese CS(One day)
 日本のCSを学ぶ研修

■Improving and activating your workplace environment(One day)
 職場改善5S研修

■Leadership Training~Applying PDCA cycle(One day)
 リーダー向けPDCA研修

その他「時代の変化を先取りするインソースの新作研修」は、以下よりご覧ください。
■2017年5月 新作研修

以上

本記事のPDFファイルは、こちらになります。

※1出所:厚生労働省「『外国人雇用状況』の届出状況まとめ(平成27年10月末現在)」
    http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000110224.html
    「『外国人雇用状況』の届出状況まとめ(平成28年10月末現在)」
    http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/0000148933.html

お問合せボタン