2017年11月06日 ニュースリリース

2017年11月 インソース新作研修のお知らせ(2017年10月開発分)

2017年11月 インソース新作研修のお知らせ(2017年10月開発分)

近年の新人の傾向や人事担当者様のお悩みに対応した研修など時代の変化を先取りする研修
9分野18本をいち早くリリース

「働くを楽しくする」サービスを提供する株式会社インソース(本社:東京都千代田区、代表取締役執行役員社長:舟橋孝之、証券コード:6200、以下「当社」)は、10月に9分野計18本の新作研修をリリースしましたので、お知らせします。

◇「時代の変化を先取りするインソースの新作研修」とは◇
当社は、お客さまのニーズを先取りする研修を最速で開発することをミッションとしております。10月には、電話応対など新入社員に必要なスキルを学べる「新人・若手分野」研修等を開発しました。社会人研修の最新動向をご覧下さい。

◇2017年11月 新作研修(2017年10月開発分)

新人・若手向け分野 5本 管理職向け分野 1本
経営者向け分野 5本 企画力分野 1本
接遇・インバウンド分野 2本 業種別分野(エンジニア) 1本
働き方改革・生産性向上分野 1本 OA/ITスキル分野 1本
営業分野 1本

<新人・若手向け分野>
■新入社員・新社会人向け

近年の新人の傾向や人事担当者様のお悩みをもとに、11月6日に開始した新サービス「新人8大スキルアセスメント」に伴い、対応する研修を開発しました。アセスメントによって見える化した、新人の課題にジャストフィットした内容となっています。

◆インソースが定義する、新入社員に必要な8 つのスキル◆

①ビジネスマナー ②ビジネスマインド ③仕事の進め方 ④対人スキル
⑤考えるスキル ⑥伝えるスキル ⑦文書スキル ⑧パソコンスキル

■社会人1年目・2年目向け
人手不足の中、新人・若手の早期戦力化が求められています。当社ではこの度、入社直後だけでなく、新人のフォローアップや、2年目に向けた研修を開発しました。上司の指示とズレなく業務を進めるためのコミュニケーション力や、仕事に対する自身のモチベーションの向上につなげていただきます。

<経営者向け分野>
厳しい現代を生き抜く企業のトップは、「世界で戦える組織」を存続させるために、高い視点からの意思決定や、危機管理能力が不可欠です。同様にトップの右腕となる経営層にも、同等の高い能力が求められます。

当社ではこの度、経営者と同じ高い視点や、経営視点から考える部下育成のスキルなど、経営層向けの研修を多数開発しました。

その他「時代の変化を先取りするインソースの新作研修」は、以下よりご覧ください。
■2017年11月(10月開発分)  新作研修

以上

本記事のPDFファイルは、こちらになります。

お問合せボタン