銀行業界向け研修

銀行業界向け研修

他行・他業態との比較の視点から理解すること、最近の銀行を取り巻く環境変化を知ることが重要

17/08/17 更新

研修の目的・特徴

インソース経営陣の大半は大手メガバンク出身者であり、銀行業務や銀行員のことをよく理解しています

銀行業界向けの研修、コンサルティングでは、以下の特徴があります。

1.各階層に求められる役割、要件を習得する
(新入行員研修、中堅行員研修、管理職研修、役員研修など)

2.業務に必要なビジネススキルを習得する
(評価者研修、OJT指導者研修、メンター研修、ビジネス文書研修、ロジカルシンキング研修など)

3.銀行の個別業務に関する知識を習得する
(財務分析研修、融資営業研修、確定申告書の読み方研修など)

4.銀行の応対や動態に関する研修・コンサルティング
(CS研修、電話応対研修、電話・窓口応対調査、店舗動態調査)

5.銀行に関する知識を習得する
(銀行業務研修、銀行システム研修など)

豊富な実績

若手行員

若手行員は、銀行業務や銀行組織に対する基礎知識を深める必要があります。 そのためには、他行・他業態との比較の視点から理解すること、あるいは最近の銀行を取り巻く環境変化を知ることも重要です。 銀行出身者が多いインソースならではの研修内容ですので、銀行業務の本質・特徴について習得します。

窓口営業
渉外

他行との競争激化に伴い、窓口や渉外の顧客満足度向上が求められています。事実、銀行業界は、CSにつき「バラツキが非常に大きい業界」といわれています。そのため、行員のお客さまとの応対は、どこの銀行も強化しています。 銀行におけるサービスは、無形であるだけでなく、顧客保護が求められ、営業力・提案力も期待されている点で、特殊性があります。 これらの要求を同時に充たすため、インソースならではのCS研修をご用意しています。

コールセンター

インターネットバンキング利用増や他行との競争激化にともない、いかに差別化された顧客満足を創造するかが銀行の競争力の源泉となっています。このような状況の中、お客さまからのご要望やお問合せ、お申し出に対して適切に対応し、付加価値をつけていくことがコールセンターの役割として求められています。

その他銀行業界向け研修

銀行業界の中でも特にゆうちょ銀行に特化したラインナップをご紹介しています。

1年間の総受講者数
3,204

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.7 %

講師:大変良かった・良かった

97.4 %

※2016年4月~2017年3月

受講者の声

この業界で実施されている研修テーマランキング

  • OJT【指導担当者向け】

    実施、実施対象
    2017年 4月     49名
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.0%
    講師:大変良かった・良かった
    98.0%
    参加者の声
    • 単にテキストに沿った講義というだけでなく、日本の現状、新人の傾向などの情報をふまえながら説明していただき、理解しやすかった。
    • 今までの自分の指導内容など、大きく見直していかないといけないと思いました。傾聴と受容を大事にしていきたいと思います。

  • 新人向けビジネス基礎

    実施、実施対象
    2016年 4月     59名
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    98.3%
    講師:大変良かった・良かった
    98.3%
    参加者の声
    • 声もやわらかくて、とても聞きやすく集中して講義を受けることができ、グループ討議の時間も適宜あり、皆の考えや色んな情報交換ができてよかったです。
    • 上司への簡潔な報告の仕方やメモの取り方など、出来そうでとても難しいということを体験することができてよかったのでこれを(実際に実践して)活かしたいです。

  • 営業基礎

    実施、実施対象
    2017年 5月     26名
    評価
    内容:大変理解できた・理解できた
    100%
    講師:大変良かった・良かった
    100%
    参加者の声
    • マナー一辺倒ではなく、相手の立場や感情を慮って時にフランクに時に真面目な態度でお客様と接するという教えは今後、役に立つものであると確信しました。
    • 具体的な業務を意識しつつ、最近たるんでいた、自分自身の取り組みについて見直すことができた。また、講師の方のアドバイスも的確であり、勉強になった。

  • タイムマネジメント【管理者向け】

  • アウトバウンド

※過去3年間の実施数を元にしております

テキスト印刷サービス 弊社作成テキストを、低価格・高品質で提供します

WEBinsource

インソース公開講座をもっと手軽に、
もっと安くご利用いただけます

6つのメリット

  • 1.ほぼすべての研修に割引が適用されます
  • 2.講座へのお申込み手続きが簡単になります
  • 3.受講料のお支払を後払いにできます
  • 4.受講後のアンケート結果をご覧いただけます
  • 5.受講者の研修履歴が見られます
  • 6.検討中リストの作成・閲覧ができます

銀行業界向け研修の事後におすすめのアフターサービス

研修活用度調査「呼び覚まシステム」

「呼び覚まシステム」の目的
①受講者さまにとって研修内容をリマインドし、研修効果をその場限りのものにせず、業務に生かしていいただくこと

②人事ご担当者さまにとって研修内容が本当に受講者さまの身に付いているかどうか、効果を確認すること

「呼び覚まシステム」の実施事項
①研修実施1か月後から3か月間、月に1回、インソースから受講者さまに対してWEB上のアンケートを配信いたします。

②アンケート結果をインソースにてご報告書にまとめ、人事ご担当者さまに提出いたします。

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

銀行業界向け研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 3,204
  • 内容をよく理解・理解
    • 98.7
  • 講師がとても良い・良い
    • 97.4

※2016年4月~2017年3月


インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

サービス内容
社会人向け教育研修事業
1名から参加できる公開講座
コンサルティング事業
カスタマイズ型eラーニング
グローバル人材育成事業
はじめての方へ
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
研修受講者の声
講師の特徴
Q&A

メールマガジンに登録する

人材育成に関わることは、何でもお気軽にこちらからお問合せください

新作研修Pick UP
パワーポイントプレゼンテーション研修 初級編(半日間)
ビジネスマナー研修 ホテル従業員としてふさわしいマナーを確認する編(1日間)
マニュアル作成研修 基礎編(半日間)
自治体向け LGBT基礎研修(半日間)
ナレッジマネジメント研修(半日間)

新作研修一覧を見る


今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。