保育士向け研修

17/07/04 更新

保育園を取り巻く環境の変化

■業界の現状と課題

①保育士は、日本の経済成長を支える職業である

少子高齢化が進む中、労働力の不足を補うためには、多様な人材の活躍が欠かせません。子育てをしながら働き続けるという選択をする人は、年々増加し、社会も組織もそれを求めています。そのために、保育園はなくてはならない存在です。保育士という職業は、子供を守り育てるという一面だけでなく、日本の経済成長を支え後押しをする、重要な役割を担っています。

②課題は、増え続ける申込者数と待機児童数

・平成27年度の保育所等申込者数は約247万人(前年度より13万人増加)
・同年度の待機児童は23,167人(前年度より1,769人増加)

多様な人材の活躍が推進される中、待機児童の問題が生じています。国をあげて対策をしているものの、いまだ解決されていないのが現状です。

③保育士の不足 ~高い離職率

・東京都における、保育士の有効求人倍率は5.39倍(平成27年10月時点)
 ※ちなみに全職種における全国平均は1.43倍

5つの保育園が求人募集を出しても、採用できるのは1つの園だけという状況です。残り4つの園は保育士を採用できず、保育人数の拡大ができません。
保育士不足により、一人当たりの業務量や役割・責任は増大しています。しかし給与は低水準に留まり、その責任の重さ、勤務時間の長さ、給与の低さから保育士の離職は相次いでいます。
保育士を抱える組織にとって人材流出の防止は大きな課題です。

④「保育の現場」に、今社会全体が注目している

待機児童や保育士不足など、昨今「保育園」は、社会全体の注目を集めています。そのため、直接関係する保護者や児童だけでなく、現場の状況をよく知らない方や、保育園と直接かかわりのない方、幅広い年代の方から、様々な意見を集めやすい傾向にあり、保育園はご意見をいただく機会が急増しています。

■業界特有の人材育成の事情

①若年層中心の現場運営

離職率が高い保育の現場では、若い職員が現場の中心を担うことが多くあります。往々にして自分より年上の保護者から、年齢に関わらず信頼を得て、安心して保育を任せてもらうことが、安定した保育園の運営につながります。社会人としての基本行動やコミュニケーションスキルの獲得、リスク管理の徹底が若手職員に求められています。

②リーダー層による業務改善による離職防止が急務

離職防止のための仕組みづくりが急務であり、経営層だけでなく、リーダー層にもその役割が求められています。リーダーシップやマネジメントといったマインド面の醸成とともに、業務改善手法等具体的な施策の獲得が必要です。

③多様なステークホルダーへの対応力

前述したとおり、児童や保護者だけでなく、近隣の住民やご意見をくださる方など、多様なステークホルダーに対する対応力が求められます。中にばクレームに発展した際の対応策も必要です。多様な意見や視点を、組織の成長につなげるための対応力が今後さらに必要となるでしょう。

■保育士向け研修おススメラインナップ

◆若手~中堅保育士向け
保育士向け研修 ~社会人としての基本姿勢・基本動作習得編
保育士向けコミュニケーション研修 ~初級編
保育士向けコミュニケーション研修 ~実践編
仕事の進め方研修 ~進め方の基本を学ぶ編
キャリアデザイン研修 ~2年目保育士向け

◆主任クラス~園長向け
園長向け研修 園長としての仕事を役割を再確認する編
チームマネジメント力強化研修
初級管理職研修 ~組織マネジメント編
コーチング研修 ~コミュニケーションの質を高める編
部下との面談力向上研修
リスクマネジメント研修
業務改善研修

◆ステークホルダーへの対応力強化スキル
保育士向け研修 ~CSマインドとクレーム対応編
保育士向け研修 ~子供の行動を分かりやすく伝える編
クレーム対応研修 ~困難クレーム対応編
男性保育士向け研修 ~保護者の信頼を獲得する編

豊富な実績

1年間の総受講者数
140

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

100.0 %

講師:大変良かった・良かった

100.0 %

※2016年4月~2017年3月

受講者の声

実施業界実績(一部)

2012年夏社会福祉法人保育士向け研修 2012年夏自治体コミュニケーション研修 2011年冬保育園接遇研修 2011年夏保育園中堅職員研修 2011年夏社会福祉法人保育士向け(中堅)研修 2011年夏社会福祉法人保育士向け(初任)研修 2011年春保育園ビジネス文書研修 2010年夏社会福祉法人接遇研修 2010年夏民間企業保育士向け研修 2010年夏民間企業保育士向け研修~社会人基礎 2009年秋民間企業保育士向け研修 2009年秋民間企業保育士向け研修~CS・クレーム対応 2009年春社会福祉法人マナー・コミュニケーション研修 2008年秋自治体2年目保育士研修~キャリアデザイン 2008年秋自治体保育士接遇向上研修

研修ラインナップ

インソースの保育士向け研修は、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

新人保育士・潜在保育士向け

保育士も含め、すべての新社会人は、まず仕事での基本動作や仕事に対する考え方をしっかりと身につけることが不可欠です。この基礎があって初めて円滑な業務開始、よい人間関係の構築、スムーズな保護者対応が可能になります。

中堅クラス保育士向け

中堅クラスの保育士は、保育実践に加えてリーダーとしての役割発揮、保護者への対応、後輩職員の育成、所内の雰囲気づくり等、重要な役割を担うことになります。このようなスキルは外部研修を通じて学習することが非常に効果的です。

主任保育士・施設長向け

一般の会社で言えば、支社長と支社長代理という組織運営上の要。保育の質は、この両者のマネジメントスキルにかかっているといっても過言ではありません。保育者よりも一段高い視点から、様々な意思決定や問題発見と解決を主導することが求められます。保育所の働きやすさ(又は離職率)を大きく左右するのもこのクラスです。


保育士向け研修の事後におすすめのアフターサービス

研修活用度調査「呼び覚まシステム」

「呼び覚まシステム」の目的
①受講者さまにとって研修内容をリマインドし、研修効果をその場限りのものにせず、業務に生かしていいただくこと

②人事ご担当者さまにとって研修内容が本当に受講者さまの身に付いているかどうか、効果を確認すること

「呼び覚まシステム」の実施事項
①研修実施1か月後から3か月間、月に1回、インソースから受講者さまに対してWEB上のアンケートを配信いたします。

②アンケート結果をインソースにてご報告書にまとめ、人事ご担当者さまに提出いたします。

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

この対象の評価
  • 年間総受講者数
    • 140
  • 内容をよく理解・理解
    • 100.0
  • 講師がとても良い・良い
    • 100.0

※2016年4月~2017年3月


階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気研修10テーマ
クレーム対応研修
OJT研修
ビジネス文書研修
プレゼンテーション研修
評価者・考課者研修
業務改善研修
コミュニケーション向上研修
タイムマネジメント研修
メンタルヘルス研修
CS・接遇研修

企業規模別研修ラインナップ
大企業向けの研修
成長企業向けの研修
グローバル企業の研修
中小企業向け研修
中堅企業向け研修

研修ニーズ別ラインナップ
理念浸透
マーケティング思考を浸透させる
営業マインド醸成
顧客との関係構築
事前調査に基づく接遇指導
ベテラン社員・職員の意欲向上
ビジネスファシリテーション
中堅SEの育成
昇格予定者のアセスメント
経営視点からの発想
リーダーとしての実行力
分かりやすい伝え方
主体性の発揮

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー