人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

上級管理職(部長職)研修~経営者視点でコストダウンを具体的に考える編(1日間)

2244上級管理職(部長職)研修~経営者視点でコストダウンを具体的に考える編(1日間)

15/04/22 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

企業拡大の原則は以下の3つです。

①利益をあげ財務的な会社価値を向上させる
売り上げを上げ、さまざまなコストを抑え・リスクを排除し、企業にお金(現金)をできるだけ多く残す。
②組織全体の人材価値を向上させる
費用対効果が判断でき、自分がやるべきことが分かり、目標達成できる社員を育てる。
③新分野(新市場・新商品・サービス)を開拓する
利益を原資に市場開拓を行ったり、新商品・新サービスを顧客に提供する。

組織を成長させていくには、組織の中核となる人材が、これらの「原則」を自ら意識し、仕事を判断する際に外さないようにすることが不可欠です。

本研修ではその3つの「原則」を前提に、特に「コストダウン」に焦点をあてて、損益計算書の読み方と改善のポイントを学びます。そのうえで、リーダーとして、自組織の「コストダウン」を主導していくための手法と考え方を身につけます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1. 事前課題より企業経営を考える
     ~事務用品費をどう削減するか
講義
ワーク
  • 2. 企業経営とは
    (1)企業拡大の3原則~こうすれば企業経営はうまくいく!
    (2)利益を上げることの重要性
    (3)悪い業績は幸せにつながらない
    (4)決算書ができるまでの流れとチェックポイント
講義
  • 3. コストダウンとは損益計算書の改善
    (1)損益計算書の見方
    (2)収益構造の考え方
    【ワーク】自社とライバル(貴社指定企業)の損益計算書を比較する
    【ワーク】時系列比較で自社の損益比較をする
    (3)損益を改善する①~販管費及び一般管理費をまず下げる
    ・通勤交通費の削減  ・通信費削減  ・広告宣伝費の削減  
    ・求人広告費の削減  ・交際費、会議費の削減
    ・水道光熱費の削減  ・消耗品費の削減
    (4)損益を改善する②~売上原価を下げる
    a.労働生産性  b.人時生産性    
講義
ワーク
  • 4. リーダーシップを発揮し、コストダウンを実現する
    (1)コストダウンのポイント
    (2)コストダウンの手順
    (3)現状分析
     ①見えない現実をも数値化し削減を考える
     ②コスト削減が悪影響をおよぼさないか調査する
    (4)コスト発生原因を追求する
    【ワーク】5つのなぜでコスト発生原因をつきつめる
    (5)コスト削減目標設定
    (6)コストダウン対策の実施
    (7)コストダウン効果の確認
    (8)コストダウンを定着・継続させる
    (9)コストダウン企画書の作成
    【ワーク】3ヶ月間の行動計画作成
    (10)コストダウン企画案の発表   
講義
ワーク
発表
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

お客さまから「財務研修をやりたい」というお問い合わせが良くあります。よくよくお伺いすると「決算書理解を通じてコストダウンを実現させたい」というご依頼であること大半です。よって、損益計算書を通じて、徹底的にコストダウンができる様になる研修を作りました。概念的でなく、具体的な方法を知り、コストダウンを主導できるようになることを目指す研修です。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2012年 12月     18名
業種
電機機器
評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.9%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • キャッシュフローはよく見ていたが、意見がよくわかっていなかった。今回の研修で理解できた。労働生産性や人時生産性といったまったく知らないことが多くあって少し見方が変わり、どう見ればいいのか理解できた。自分の会社のものを見てみたり、演習をしたりして、聞くだけの研修ではなくわかりやすかった。
  • やさしい口調でていねいに説明していただき、研修の緊張した空気を解いてくださり、研修に入れました。
  • 日常の業務であまり意識できていない数字で重要なポイントと弊社がもう少し取り組んでいくべき内容が理解できて有意義な研修であった。本日の内容を意識して経営的視点を身につけていきたい。

実施、実施対象
2012年 11月     32名
業種
素材・製造(法人向け)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.9%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 業務改善の各フェーズの意味や手法が流れに沿って解説され非常に分かりやすかったです。また、経験談もまじえて頂き、共感できるところも多かったです。
  • 今まで業務改善についてピンとこない部分がありましたが、今回の講習を受講して、業務改善とは何かから、業務改善の方法まで学ぶことが出来、これからの業務に活かしていこうと思います。
  • 実際の経験や、他の会社の事例を加えながらの講義で大変分かりやすく興味深いものでした。有意義な時間でした。

実施、実施対象
2008年 1月     8名
業種
官公庁関連団体・組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 分かりやすかった。
  • 現段階の問題よりもこれから起こりうる問題についての対処法を学べました。
  • 立ち上げた社なので勉強になりました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 6,769
  • 内容をよく理解・理解
    • 93.6
  • 講師がとても良い・良い
    • 91.5

※2015年10月~2016年9月


関連管理職研修
1日間で実施する一般的な研修例
管理職対象にアセスメントを利用して研修を実施する
経営者養成研修  業務管理と業績拡大編
経営者養成研修  リスク管理・組織の作り方編
経営者養成研修  覚悟・行動・仕事の進め方編

公開講座の管理職研修
最新情報ダウンロード

本テーマに関する最新情報(抜粋版)をダウンロードいただけます(同業の方はご遠慮ください)。

資料はこちら→


関連研修テーマ
OJT研修
評価者・考課者研修
メンタルヘルス研修
ハラスメント防止研修
財務研修
マーケティング研修

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。