評価者研修+コーチング+OJT(1日間)

2430評価者研修+コーチング+OJT(1日間)

17/11/08 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

適切な評価の仕方と、それにリンクさせた部下指導のやり方を身につける研修です。

具体的には、評価者として求められる役割への理解を深めます。そのうえで、部下の成長を支援するための手法や部下のやる気を引き出すコミュニケーションスキルを身につけていきます。


研修プログラム例

研修プログラム例(1日間)
内容
手法
  • 1.考課者としての役割認識
    【ワーク】自分が部下だったら、上司(考課者)に何を望むか?
    【ワーク】自分が上司だったら、部下(考課者)に何を望むか?
ワーク
  • 2.評価の意義と重要性
    (1)人事考課制度とは~組織目標達成のツール
    (2)考課者の役割~人事評価を人材育成につなげる
    (3)PDCAで人材を育成する
    ~Plan:計画 Do:支援 Check:評価 Action:改善
講義
  • 3.評価における不安要素の洗い出し
    【ワーク】考課者として不安なことを洗いだし、解決策をグループで共有する
ワーク
  • 4.部下の成長を支援する
    (1)部下を把握する
    【ワーク】部下の強みや成長および改善点を把握する
    (2)支援方法を考える
    【ワーク】部下の課題を洗いだし、支援方法を考える
    (3)進捗管理を行う
講義
ワーク
  • 5.現場指導の進め方
    (1)指導の前に
    (2)仕事の教え方・指示の出し方
    【ワーク】言いにくいことを別の言葉で言い換える
    (3)質問を駆使する
    ・拡大質問と特定質問 ・未来質問と過去質問 ・肯定質問と否定質問
    (4)承認する~ほめる
    【ワーク】部下のほめるところをできる限り挙げる
    (5)改善点を伝える
    【ワーク】自分が言われて「上手だな」と思った指摘の仕方とは?
講義
ワーク
  • 6.考課のポイント
    (1)考課の流れ
    (2)プロセス1~行動の選択
    (3)プロセス2~考課項目の選択
    (4)プロセス3~段階の選択
    (5)考課者が陥りがちなケースと防止策
    ・ハロー効果 ・寛大化傾向 ・中心化傾向 ・対比誤差
    ・論理誤差 ・逆算化傾向 ・期末効果
講義
  • 7.ケーススタディ
    【ケース1】今期目標の改善活動に着手せず、且つ焦りを感じている部下
    【ケース2】きびしく後輩指導ができずに悩む部下
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

人事評価制度が、人材育成の枠組みであること、人事評価と日常の業務指導をいかに結び付けていくかをご理解いただくことを目的とした研修です。
人事評価制度の意義、期初・期末に行うべきこと(=人事評価制度)を踏まえ、期中にどのように部下指導を行うかをお伝えいたします。
また、多くの評価者が悩まれる、部下とのコミュニケーションの取り方について、ロールプレイなどを交えながらご体得いただきます。

研修コーディネーターからひとこと

管理職として人材育成に直結した人事評価ができるようになることを目標にした研修です。

講師からひとこと

人事評価の重要性や基本的な手順はご理解いただけると思います。評価における公平性・透明性・納得性を確保するため、日々の積極的なコミュニケーションをとおして、部下の方への観察・指導・助言に活かしていただきたいと思います。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 6月     29名
業種
製造業(素材・化学)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
96.6%
参加者の声
  • 人の意見を先ず拝聴することが入り口だと思うので、自分の意見の押し付けには注意を払っていきたい。
  • これまでの面談を無駄にしておりもったいないなと感じました。今後は有意義な面談に出来ます。
  • 同様な研修を何度も受けているが、コーチングより指示が多くなっていたことを改めて感じることが出来た。目標面談だけではなく、各メンバーの主体的意思、行動に拠って、業務が遂行できていることを日々意識して管理を全うしたい。

実施、実施対象
2017年 1月     20名
業種
運輸・倉庫
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下とのコミュニケーションや育成に活かしていきたいと思います。当初抱いていた不安が少し解消されました。
  • 評価の基本を次の評価にいかせるように日々コミュニケーションをとり記録をとっていきたいと思います 。
  • なかなか評価に対しての研修というのがなかったので勉強になった 。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



評価者・考課者研修の評価
年間総受講者数
37,693
内容をよく理解・理解
90.8
講師がとても良い・良い
89.8

※2016年10月~2017年9月

関連研修
一般的な研修例
評価者と被評価者が合同で実施する研修例
評価面談の仕方研修
人材評価制度のコンサルティング支援
ミテモの評価者・考課者研修のeラーニングコンテンツ

公開講座評価者研修

関連研修テーマ
管理職研修

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー