3202ダイバーシティ推進研修 基本知識を習得し、当事者意識を醸成する編(半日間)

ダイバーシティ推進研修 基本知識を習得し、当事者意識を醸成する編(半日間)

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

当研修の「ねらい」

現代社会では、ダイバーシティを他人事ではなく自分事として考える「当事者意識」が必要になります。本研修では、多様な人材と共に働き、活躍してもらうために必要な知識の確認、理解の促進を目的とし、ダイバーシティ推進・実現の基本を学んでいただきます。

具体的には、今、ダイバーシティを推進することの意義について確認し、次に、実際に多様化する人材について掘り下げていただきます。その上で、組織のダイバーシティ推進について詳しく学んでいただき、実現に向けての意識醸成をしていただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 0.はじめに
    【ワーク】ダイバーシティに関する自己認識・知識チェック
    ※簡単なクイズに取り組んでいただきます
ワーク
  • 1.何故、今、ダイバーシティなのか
    (1)組織を取り巻く状況を把握する
     ①働く労働人口の推移
     ②市場の環境の変移
    (2)組織がダイバーシティ推進に取り組むメリットとデメリット
     【ワーク】ダイバーシティ推進に取り組むメリットとデメリットを洗い出す
    (3)5年、10年先の時代を見る
講義
ワーク
  • 2.ダイバーシティに関するキーワードを知る
    【ワーク】ダイバーシティと聞いて思い浮かべる「多様な人材」を洗い出す
    【ワーク】「多様な人材」の悩み、周囲の悩みを考える
    (1)女性活躍推進
    (2)多様化する男性メンバー
    (3)LGBT(QXI)メンバー
    (4)異文化とは
    (5)障害者雇用促進法、障害者差別解消法とは
    (6)「うつ」と「うつ傾向」にあるメンバー
    (7)ますます多様化する働き方 ~在宅ワーク、フレックス、時短勤務など
    【ワーク】「多様な人材」の悩み、周囲の悩みの解消方法を考える
講義
ワーク
  • 3.組織のダイバーシティを推進する
    (1)当事者意識をもつことの重要性
    (2)誰にとっても働きやすい職場づくりとは
     ①価値観の押しつけ・決めつけをしない
     ②属性・特性でなく成果で評価する
     ③組織として柔軟性を持つ
    (3)多様な人材の「Ally(アライ)」になる
     ①理解・支援するために相手を知る
     ②味方でいることを発信する
     ③勇気をもって提言する
    (4)カミングアウトしやすい関係性を築く
講義
  • 4.まとめ ~改めてダイバーシティとは
    (1)ダイバーシティは「よい仕事をするための仕掛けづくり」
    (2)ダイバーシティは組織の成長戦略
    (3)推進する時は「自分のため」を忘れない
講義
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

テキスト作成者から

「ダイバーシティ」の課題は、言葉が難しい、馴染めないと入口で敬遠されていることです。
本研修は、そのような偏見を取り払い「多様な人材の活用」が進むことを願って開発されました。
具体的には、多様な人材の理解の促進と、お互いに理解し支援し合う職場環境づくりができているかを見直す内容です。
全ての働く人が当事者として考えることを目指す研修です。

講師からみた研修の様子

漠然としているダイバーシティの課題を「思考」→「書き出し」→「対話」で分かち合いながら進めていきました。
それぞれの組織でのダイバーシティに取り組むメリットや多様な人材の課題、周囲の課題を、言語化する・見える化することで、スモールステップが見えてきたご様子でした。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 5月     6名
業種
公開講座
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ダイバーシティは今後、社内的にも取り組みを広げていくので、スタートの準備として、何をすべきか理解できた。本人含め、周囲の理解と行動が非常に重要だと痛感した。
  • 「多様な人材」とは何かが明確になり、本人・周囲の課題を考えることで頭の整理ができ、非常に勉強になりました。ぜひ職場でも活用したい。本日はありがとうございました。
  • ダイバーシティを簡単な言葉で表現したかったので、冒頭にあった「多様な人材を・・・活用していくこと」と発信していきたい。すごく難しく考えていたが、普通に会社に存在する人たちを指していて、できることからこつこつと(スモールステップ)始めていきたい。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

インソースの
サービス情報
配信中!

下記情報を無料でGET!!
無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ


配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



ダイバーシティ・グローバル研修の評価
年間総受講者数
9,989
内容をよく理解・理解
93.3
講師がとても良い・良い
92.6

※2016年10月~2017年9月

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー