評価者研修 ~評価基準ブラッシュアップ編(1日間)

2282評価者研修 ~評価基準ブラッシュアップ編(1日間)

17/10/11 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

評価基準をより明確なものにすることで、適切な評価を行えるようになっていただく研修です。

具体的には、3つのプロセス(行動の選択、評価項目の選択、段階の選択)にしたがって、研修内で評価基準を設定していただきます。次に、その評価基準を「被評価者による理解」という観点から具体化していきます。そのうえで、模擬評価演習を行い、評価基準をよりブラッシュアップします。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.評価の方法
    (1)評価対象とする能力
    ■評価を行う3つのプロセス:
    「行動の選択」「要素の選択」「段階の選択」
    (2)行動の選択
    ①評価するのは業績、能力、態度
    ~被評価者の性格および適性を判断要素にしない
    ②評価の対象は就業中の行動
    ~職場外の行動に基づいて評価しない
    ※「行動記録」に基づいた、客観的で、納得性のある人事評価を行う
    (3)要素の選択 ~どの項目で評価するか
    (4)段階の選択
    ①評価基準の明確化
    ・評価基準を、それぞれの部署の業務に即して、行動レベルまで具体化、及び数値化する→評価者ごとのブレが少ない評価の指標
    ・評価基準を具体化すると評価に対する部下の納得度合いも高くなる
    ②評価を行う際は、複数の行動を「総合的」に判断する
    ・実際に評価を行う際には、プラス評価やマイナス評価ともに複数の職務行動事実を総合的に判断する必要がある
    ・総合的に判断する際には、「業績への貢献」や、「頻度(回数)」、「重要度(影響度)」などを考慮して、評価対象の行動事実に優先順位をつけた上で評価を行う必要がある
講義
ワーク
  • 2.評価基準の具体化
    (1)評価における納得性を考える
    ・なぜこの評点になったのかという被評価者自体の理解がある
    (評価基準が見える化されている)
    ・評点に対して、十分に具体性のある根拠が説明がある
    ・今回の評価を受けて、今後、どのような行動をしていくかが明確に示される
    ・自分の言い分を評価者がしっかりと聴いてくれ、かつ、それに対する合理的な説明がある
    ・説明の際に「認められている」「大事に見守ってもらっている」と相手が感じる愛や情熱がある・・・など
    (2)考課指標の具体化演習
    能力考課の考課指標B評価(標準評価)とA評価にあたる行動をグループで議論し、全体で共有する
講義
ワーク
  • 3.模擬評価演習
    職種・等級に応じて、お客さまのモデル社員を設定し、全員で模擬評価を行う
    それぞれで評点が分かれた点、評価する際に迷ったり、判断が困難だった点などについて、グループ内でディスカッションを行う
    ※自分の評価の仕方を他の人と比較・検討できる稀有の機会です
    【ご参考】被評価者の日常管理
    (1)部下の目標管理シートを再確認する
    (2)KPIを確認する
    (3)行動記録で管理する
    (4)評価前面談の実施
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からひとこと

組織の事例研究において、適切な目標設定や、評価の目線合わせができるよう目指していきます。 また、最終的には受講者が新任評価者を指導できるようになることを目標として考えております。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 8月     8名
業種
医療
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • テキストを使って、ワークも入れながらという流れだったので、頭の中を整理しやすく、理解しながら進められました。今までよいと思っていたワードがあいまい表現だということに驚きました。知らず知らずに自分で評価しにくいものにしていたのだなと思います。日々の業務とコミュニケーションを大事にして行きたいと思います。
  • 考課者として、今の自分ができていないことがいくつかわかり、とても勉強になる研修でした。毎日業務をこなしながら、部下や後輩とコミュニケーションをとっているつもりでしたが、少ないことに気づき、反省しました。
  • はじめは、不安だらけの人事評価研修だったが、実際研修を受けて、わからなかったことが分かった。グループワークと、講義がバランスよくあり、とてもわかりやすかった。

実施、実施対象
2017年 7月     14名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 評価を改めてする側に回り気をつけるべきポイントや心構えなどが学べた。
  • 所々に具体的な事例(体験談)を踏まえ説明して頂き、頭に入ってきやすかったです。
  • まさに人事考課の評価に困っていた状態で、大変参考になりました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



評価者・考課者研修の評価
年間総受講者数
37,693
内容をよく理解・理解
90.8
講師がとても良い・良い
89.8

※2016年10月~2017年9月

関連研修
一般的な研修例
評価者と被評価者が合同で実施する研修例
評価面談の仕方研修
人材評価制度のコンサルティング支援
ミテモの評価者・考課者研修のeラーニングコンテンツ

公開講座評価者研修

関連研修テーマ
管理職研修

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー