人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

育児・介護に備えた働き方を考える研修 短時間勤務でも成果を出す編(1日間)

2963育児・介護に備えた働き方を考える研修 短時間勤務でも成果を出す編(1日間)

16/08/29 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

育児・介護に直面したときに備え、時短勤務者としての働き方やキャリアのつくり方を学んでいただく研修です。

具体的には、育児・介護の当事者となった場合を想定するワークや、時短勤務者を受け入れるメンバーの視点や短時間勤務で働く人の視点で働き方を考えるワークを行い、育児・介護に直面したときに向けてどう備えればよいかを整理し、明確にしていきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.育児・介護の現実を知る
    (1)データから知る現状
    (2)自分が当事者になる可能性を直視する
講義
  • 2.冷静にキャリア(人生全体)を見つめ直す~短期的な視点にとらわれない
    (1)年代別のキャリア観とお金の話~育児・介護を想定する
    【ワーク】育児や介護をすることになったら、いくら必要になるかを考える
    (2)柔軟に、しなやかに、働き続けることの大切さ~中長期的な戦略をもって仕事に臨む
講義
ワーク
  • 3.育児・介護をしながら働く方の抱える課題
    (1)組織(チーム)にとっての課題となることを理解する
    ①限られた勤務時間    ②突発的な早退・遅刻・欠勤
    ③休暇の取得        ④不安定な体調
    (2)メンバーにかける負担を理解する
    【ワーク】時短勤務者とともに働くメンバーの立場だったら、時短勤務者に対してどう感じるかを考える
    (3)時短勤務者の思いを想像する
    【ワーク】時短勤務者が周囲のメンバーに対しどんな思いを持つかを考える
講義
ワーク
  • 4.周囲への負担を最小限にする仕事の進め方
    【ワーク】自分が育児や介護のために時短勤務者になったと想定し、現在の仕事を6時間でこなすにはどのように仕事を進めればよいか考える
    (1)生産性の高い時間の使い方を知る
    【ワーク】現在のワークスタイルを分析する
    (2)自らが主導して仕事を整理する
    (3)できることとできないことを明確にする
    【参考】カミングアウトシートの作成
    (4)業務を見える化する
    ①誰が見ても一目でわかる業務管理表をつくる
    ②すべて共有ファイルで管理する
    ③パートナーを組む ④ホウレンソウを徹底する
    ⑤やり取りはすべてメールで残す
講義
ワーク
  • 5.主体的なキャリアのつくり方
    【ワーク】育児・介護をしていても組織から必要とされる人材とは、どのような人材か考える
    (1)仕事を分解する
    【ワーク】あなたの部署の仕事を分解し、働き方に合わせて切り出せる仕事がないか考える
    (2)自分にしかできないこと、自分だからできることを考える
講義
ワーク
  • 6.明日からできること ~たしなみと備え
    (1)新たなたしなみとしての理解とサポート
    【ワーク】自身の職場にいる時短勤務者に対するサポートの仕方を考える
    (2)自らの未来を見据えた準備
    【ワーク】自身の未来に向けてどのような準備をするかを考える
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 2月     26名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 女性ならではのキャリアについての不安等をみんなと共有できて良かったです。仕事と家庭の両立等、今後また悩み等が出来た時には、今回の研修を参考に、周囲に相談しながら解決させていきたいです。
  • 現在の職場がルーティン業務の多い職なので、業務改善等は常日頃意識していましたが、いろいろな事を書き出していく中で新しい改善点等に気付くことができました。
  • 職場内でのコミュニケーションの重要性と、人によって様々な問題や不安を抱えているので、チームの全員がそれぞれの問題を自分に置き換えて考え協力できるような職場作りを行っていきたいです。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 13,049
  • 内容をよく理解・理解
    • 94.5
  • 講師がとても良い・良い
    • 94.1

※2016年4月~2017年3月


関連キャリア研修
一般的な研修例
自治体向けの研修例
若手向けキャリアデザイン研修
40代向けキャリアデザイン研修
50代向けキャリアデザイン研修
女性向けキャリアデザイン研修
再任用職員向けキャリアデザイン研修
SE向けキャリアデザイン研修
キャリアデザイン研修 時代背景を理解し、自身のキャリアを考える編(半日間)
50代向けマネープラン研修 Can、Must、Willで考える編(半日間)
女性向けキャリアデザイン研修 自分の人生を主体的に現実的に考える(半日間)

関連研修テーマ
自治体・官公庁向け研修
女性管理職研修
ワークライフバランス研修
中堅社員研修
内定者向け研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。