企画力研修 ~基本編(2日間)

0281企画力研修 ~基本編(2日間)

17/09/27 更新


当研修の「ねらい」

企画力のポイント
1
目的と可能性が伝わること
2
発想の出し方(Something New)
3
現状調査と現状分析
研修のゴール

誰でも良い発想を出せるコツや視点と「実現可能な」「通る」企画書の書き方を学んだうえで、実際に企画書作成演習を行い、実践的な企画力を身につけます。

研修の流れ

知識・スキルの吸収

1.「発想」の出し方

2.現状調査・分析の方法

3.企画書作成のポイント

各人による企画書作成演習

4.企画書作成の実習

5.(前日の続き)企画書作成の実習

6.プレゼンテーションスキルの習得

7.企画書発表

ページトップへ

研修プログラム例

研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 1.「発想」の出し方
    ※ひらめきや発想優先で、潜在的な課題や将来の課題の洗い出し方を解説
    (1)「発想」「企画アイデア」を出す5つの方法
    ・改善法 ・翻訳法 ・マトリックス法 ・定点観測法 ・合体法
    【ワーク】マトリックス法を使って発想する
講義
  • 2.現状調査・分析の方法
    ※自分の目で現場を見てデータを集めることが大切
    (1)データの取り扱い
    ・グラフ化する ・比較する ・層別に分ける ・標準偏差が有効
    (2)みえない現実を数値化する
    (3)データの分析手法 
    ・工程による分析(フローチャート・流れ図)
    ・パレート図による分析
    ・特性要因図による分析
講義
  • 3.企画書作成のポイント
    (1)企画立案時のポイント
    (2)事業計画の重要性
    (3)企画書の書き方(6項目)
    ・ねらい ・実施事項 ・詳細内容
    ・費用対効果 ・リスク ・スケジュール
講義
  • 4.企画書作成の実習
    ※午前中の講義内容を踏まえ、グループ毎に企画立案し企画書を作成
    ■テーマ
    事前課題をもとに、講師が有効なテーマを数個選択
    (例題1)社内情報共有システムの構築
    (例題2)新商品アイデアコンテストの実施 等
    ■進め方
    ①同じような課題を持った受講者毎にグループ分け
    ②グループ毎にテーマを選び、実現可能性・調査内容を検討
    ③企画書ワークシートを活用し、企画書の6項目をグループ内で検討
    ・グループ内で項目毎に役割を分担
    (受講者層によっては、役割分担せずに全員で議論する場合もあり)
    ④項目毎に所要時間を決め、途中発表しながら進行
    ・演習途中で、全体の考え方・進捗・内容を共有する
    ■効果
    ①自分の関心あるテーマと同じ関心を持つメンバー同士でグループを組むことにより、活発に論議できより深く考えられる
    ②取り纏めた企画書は、自分の職場で即役立てる(活用する)ことができる
ワーク


研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 5. (前日の続き)企画書作成の実習
    ①前日に引き続き、企画書の6項目を検討
    ・午前中に終了するように、講師が適宜ヒントや情報を提供し、まとめ方をアドバイスする等、支援
    ②検討結果を、清書用の企画書に取り纏め
    ③完成した企画書を一旦回収
    ・企画書をコピー(グループの人数分)
    ・午後は企画書をもとに、プレゼンテーションを実施
ワーク
  • 6.プレゼンテーションスキルの修得
    (1)プレゼンテーションの前に
    ・「一般常識」と「業務知識」
    (2)プレゼンテーションの基礎
    ・プレゼンテーションで重視すべきこと ・事前準備(資料、調査) 等
    (3)誰でも簡単にプレゼンテーションを成功させるコツ
    ・自分の強みを活かす(正しい型はない) 等
    (4)話す内容を検討する
    ・分かりやすい話し方の条件 ・内容を考える
    (5)レゼンテーションペーパーのポイント
    ・なぜ、プレゼンテーションペーパーが必要なのか ・注意すべき点
    (6)「話す」スキル
    ・姿勢・態度・表情 ・声について
    (7)ヒアリングスキルとは
    ・情報収集が生む、効率、生産性 ・積極的な「ヒアリング準備」
講義
  • 7.企画書発表
    ※完成した企画書を発表しグループ間で相互評価、最優秀グループを表彰
    ■進め方
    ①プレゼンテーションの事前練習(グループ内)
    ②プレゼンテーション(グループ毎)
    ・プレゼンテーションは、グループメンバーで分担し全員で行なう
    ・時間は、グループ発表5分→質疑応答8分→評価2分の  計15分
    ・他グループの発表を評価
    評価シートに基づきグループ論議の結果をフィードバック
    <評価シート項目>
    1.世の中に役立つか  2.Something Newがあるか
    3.費用対効果があるか  4.発表の仕方が適切か
    ③評価シートの集計結果により、最優秀グループを表彰!
発表
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

■「実現可能な企画」をたてる

本研修は、グループ毎での企画書作成演習が、全体の半分を占めます。

演習を通して、
1.発想の出し方・コツ
2.実現可能(進言可能)な企画にするための論理的現状分析方法
を学んでいただきます。

企画書作成演習では、実現可能な企画を作成する上で必須となる項目毎(本件実施のねらい・実施事項・具体的な 流れ・費用対効果・リスク・スケジュール)にグループで討議しながら、順々に企画を作成していただきます。
ビジネス経験豊富なインソースの講師が企画の実現可能性や具体性についてアドバイス・フィードバックをさせていただき、より実現性の高い企画作りをサポートします。

講師からひとこと

この研修は企画に関する知識・フレームを中心に、基本をしっかりと押さえることに焦点をあて、 それ以外は実践を高く意識して進めます。 実践に限りなく近いテーマにグループで取り組み、結果までもっていく過程を経験・共有することで、 これまでとは違った気づきを得ていただくことを目的としております。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 11月     21名
業種
電力・ガス・水道
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
95.2%
参加者の声
  • 情報収集からスケジュールの組み立て、プレゼンテーションまで網羅的に学ぶことができ、企画に関わる一連の流れのポイントを学ぶことができた。
  • ブレストを中心に議論を進めていくことの重要性、また、それをまとめていくことの難しさを痛感でき、非常に有益でした。また、講師の方の話し方が大変上手く、「どこがポイントか」非常に分かりやすかったです。自分のプレゼンに少しでも取り入れられるよう、参考にしながら講義を受けさせていただきました。
  • 企画の出し方、発想の仕方等の実務上の観点からのテクニックだけではなく、その前段での情報収集の仕方など、業務以外での日頃の過ごし方に至るまで具体的に提示を頂いた点が良かったです。さっそく試してみます。

実施、実施対象
2014年 6月     40名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 話し方のテンポやグループワークなど、飽きずに最後まで取り組むことができた。講師の先生が私たちを巻き込んで研修を進めたいという気持ちを強く感じ、嬉しかったです。
  • グループワークがたくさんあり、自分だけではなく他の方との意見のすり合わせの時間もあったので、とても有意義な研修でした。プレゼンの研修もありましたが、講師の話し方もとても参考になりました。ありがとうございました。
  • 実際に企画を立ててプレゼンを行ったことは難しかったが、講義では講師の説明がわかりやすく、楽しかったので、よく理解できたのではないかと思う。少しずつでも仕事に取り入れていくことで、企画を立てることもプレゼンもおくぜずにできるようになりたい。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



企画力研修の評価
年間総受講者数
4,678
内容をよく理解・理解
94.4
講師がとても良い・良い
94.8

※2016年4月~2017年3月

関連企画力研修
一般的な研修例
企画を立てる前段階の調査方法からお伝えする研修例
企画書の書き方を1日でポイント絞ってお伝えした研修例
企画を通すための折衝・交渉術もお伝えする研修例
パワーポイント資料の作り方研修(1日間)
イノベーション創造ワークショップ(人工知能×ものづくり研修)(2日間)
ビジネスモデル企画研修(1日間)

公開講座企画力研修
関連研修テーマ
プレゼンテーション研修
ファシリテーション研修
中堅社員向け研修

関連階層研修
中堅社員研修
フォロワーシップ研修
OJT研修
コーチング研修
メンター研修
リーダーシップ研修
問題解決・課題解決研修
企画力研修
ファシリテーション研修
キャリアデザイン研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー