メンタルタフネス研修 ~コミュニケーション編(1日間)

0652メンタルタフネス研修 ~コミュニケーション編(1日間)

17/11/10 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

本研修では、メンタルタフネスを高める思考や行動を身につけることに加えて、部下のストレスを軽減するためのコミュニケーションの取り方を身につけます。

本研修のポイントは、ストレスを振り返るワークです。
「別の受け止め方(解釈)はなかったのか?」「ストレスが小さくなるような考え方はないか?」など、ストレスが発生しそうな状況の中で、自らを“客観視”できる目を養います。
さらに、ストレスを感じている部下を発見した際、「どのように部下の話や意見を傾聴するか」「ストレスを解消するためにどのようなフォローを行うか」など、ストレスに強い職場をつくるためのマネジメントスキルもワークを通じて身につけます。


研修プログラム例

研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 1.ストレスの現状を考える
    (1)「メンタルヘルス」調査結果
    (2)ストレスの要因
    (3)ストレスの程度と「やる気」への影響
    (4)ストレス反応
講義
  • 2.ストレスに上手に対処する
    (1)考え方と行動のパターン(非主張的 、攻撃的 、アサーティブ )
    (2)認知の歪み(良くない考え方のクセ)
    【ワーク】自分の「認知の歪み」を知ろう
講義
ワーク
  • 3.ポジティブに考える
    (1)考え方の切り替え
    【ワーク】考え方をポジティブにしましょう
    (2)自分を良いところを、素直に認める
    【ワーク】自分の自慢(強み、得意)を挙げてください
講義
ワーク
  • 4.【演習】「ストレス事例を振り返る」
    ~本当にストレスを感じなければいけなかったの?

    ≪事例1≫「会議で同僚に反論された場合」
    ≪事例2≫「ミーティングに時間通りにメンバーが集まらない場合」
    ※振り返るポイント
    ①ストレスを感じた状況  ②そのときに感じた気分
    ③ストレスを感じた理由  ④ストレスを感じた常識的背景
    ⑤ストレスを感じた相手の立場に立った別の解釈
    ⑥ストレスを小さくさせるような考え方
    ⑦⑤・⑥を意識した場合の気分の変化
ワーク
  • 5.【演習】「ストレスを溜めている部下への語りかけ」
    ~コミュニケーション技法を駆使して、あなたは、いかに部下のストレスを軽減させるか?
  • ≪シーン1≫
    カウンセリングマインドや、座る場所・姿勢、質問や言葉の選び方など
    話を聴くための実践的な技術を駆使して、ストレスを溜めている部下
    に語りかける
  • ≪シーン2≫
    部下と意見の対立があった際に、一方的に自分の意見を押しつけるでも我慢するでもなく、自分も相手も尊重する「アサーティブな自己表現」を意識して部下に語りかける
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 6月     25名
業種
裁判所・検察庁・国税局
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.0%
講師:大変良かった・良かった
96.0%
参加者の声
  • 部下と話をする姿勢を見直していきたいです。ネガティブな思考をする者がいるので、少しでもポジティブな思考を持てるようじっくり活かしてみたいと思います。
  • 部下の行動変化に目を配り、職場内からメンタル不調者を発見できるよう努めていきたいです。
  • 日頃分かって対応しているつもりであるが、改めて講習を受けることで、改善すべき点を発見することができ、大変有意義でした。

実施、実施対象
2017年 3月     22名
業種
介護・福祉
評価
内容:大変理解できた・理解できた
95.5%
講師:大変良かった・良かった
90.9%
参加者の声
  • 話の傾聴の仕方、言葉のかけ方などは、組織の外部の方への声掛けにも通じるものがありました。大変勉強になりました。
  • 周りの職員の様子を今以上に踏み込んで観察し、いろんな声かけができるようにならなくてはいけないと思いました。とても勉強になりました。
  • 今後も積極的にコミュニケーションを取り、何でも話しやすい環境づくりをしたいと思います。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



メンタルヘルス研修の評価
年間総受講者数
19,325
内容をよく理解・理解
93.0
講師がとても良い・良い
90.3

※2016年10月~2017年9月

ストレスチェック制度
に関するサービス

2015年12月から施行されるストレスチェックの効果を向上させるための、インソースの3つのご提案を紹介します。

ストレスチェック効果向上サービスを見る

関連メンタルヘルス研修
管理職対象の一般的な研修例(1日間で実施する場合)
一般職員対象の研修例(1日間で実施する場合)
管理職対象の一般的な研修例(半日で実施する場合)
一般職員対象の研修例(半日で実施する場合)
メンタルを向上させる研修
受検者向け ストレスチェック後のセルフケアプログラム(半日間)
管理職向け ストレスチェック後の職場改善プログラム(半日間)
(チェアヨガ体験付き)メンタルヘルス研修~自ら心身ともにリフレッシュする編

公開講座メンタルヘルス研修
関連研修テーマ
管理職研修
ハラスメント防止研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー