1385OJTインストラクター養成研修 ~OJTの進め方編(1日間)

OJTインストラクター養成研修 ~OJTの進め方編(1日間)

当研修の「ねらい」

OJTインストラクター=リーダーとして、指導に必要なスキルを習得するとともに、組織内でのこれまでの自らの行動・意識を見直す研修です。

具体的には、まずOJTの意義を理解したうえで、指示の仕方・報告のさせ方・ほめ方や叱り方など一連の指導スキルを身につけます。さらに、現場でよくある事例を取り上げたケーススタディや、年間育成計画の作成を行い、現場で実践へとつなげます。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
  • はじめに ~アイスプレイク
    ~チーム名・リーダーを決めてアイスブレイク
ワーク
  • OJTの意義と必要性
    1. OJTの3つの意義
    2. OJTのポイント
講義
  • OJTの進め方
    1. 指示の仕方
      ①効果的な仕事の頼み方を考える
      ②仕事を依頼するタイミング
      ③仕事を割り振る準備
    2. 質問への答え方
    3. 助言・援助の仕方
    4. 報告のさせ方・受け方
      ・報告用フォーマット作成演習
       ~何を、いつ、どのような報告をさせれば良いかを考える
    5. 不平不満の受け止め方
    6. 効果的なほめ方、叱り方
      ①「ほめること」の効用 ~ほめ言葉が人を動かす
      ②ほめる基本・効果的なほめ方
      ③「ほめること」実践講座
      ・「自分が言われて嬉しい言葉、褒め言葉リスト」作成実習
    7. 「叱る」という事の理解
      ①叱り方の「手順」の理解
      ②「叱ること」実践講座
      ・「自分が納得できた叱り方リスト」作成実習
    8. OJT育成担当者としてコミュニケーションする
      【演習】「新入社員との対話チェックシート」作成解説
講義
ワーク
  • 【演習】実践ケーススタディ ~こんな場どう対応する?
    ~受講者から事前課題を基に、今後困りそうなケースについて対応策解決策を考える。
ワーク
  • 育成計画作成のポイント
    1. 目標設定の仕方
    2. 目標の実現方法を考える
      ~「初め」と「終わり(ゴール)」について
    3. 実践できる計画づくり
    4. 実現のための方法
      【演習】今後3ヶ月の目標シートを作成する。
講義
ワーク
  • まとめ
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

コメント

講師からひとこと

研修ではまず、OJTの意義や組織人材方針等について再確認をいたします。 その後、OJTを行う上司の役割や、部下との関わりを積極的に進めていくことの重要性について学んでいきます。

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

実績と受講者の声

実施、実施対象
2017年 5月     57名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
98.2%
講師:大変良かった・良かった
96.5%
参加者の声
  • 講師の体験談に共感する所がたくさんありました。自分が体験してきたことに似た所があり、同じような苦労をしている人が他にもたくさんいるんだなと思いました。今後はOJT受入担当者としての役目を果たし、新人が自分の力を発揮して活躍していけるよう、サポートしていきたいと思います。
  • ケーススタディで実際に沿った考えをすることができた。他の人の話も聞くことができ大変参考になった。
  • 仕事の内容を教えることも大切だが、何のために仕事をするのかを伝え、考えてもらうことで自立を目指す!というところが印象に残りました。

実施、実施対象
2017年 4月     45名
業種
その他市区町村など
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.8%
講師:大変良かった・良かった
95.6%
参加者の声
  • グループ内でいろんな話し合いができ、さまざまな視点で考えることができました。共感できる所もたくさんあり、不安に思っているのは自分だけではないと感じ、前向きになれました。
  • OJTについて理解を深めることができた。講師の明るい人柄とテンポの良い進め方がよかった。
  • 新人を育てるためのポイントを学ぶことができた。実際に考えたり、他の参加者の意見を聞くことで視野が広がり、自己の向上につながった。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください




OJT研修の評価
年間総受講者数
17,924
内容をよく理解・理解
96.9
講師がとても良い・良い
96.2

※2016年10月~2017年9月

関連OJT研修
一般的な研修例
OJT担当者の上司向け研修例
OJT研修のフォローアップ
部下とのコミュニケーション実践研修 多様化する部下への関わり方(1日間)
部下指導力強化研修 怒りのマネジメントの手法を身につける(半日間)
OJT指導者研修 中途採用社員を即戦力にする編(1日間)

公開講座OJT研修
関連研修テーマ
メンター研修
新入社員研修
現場育成力向上サービス

キャンペーン情報
東証一部上場キャンペーン
ストレスチェック乗り換えキャンペーン
土曜日開催スキルアップ研修特別開講!通常価格より30%OFF!
公開講座新作半額キャンペーン