0249タイムマネジメント研修 ~時間の使い方を分析し、最適な時間管理を考える編(1日間)

タイムマネジメント研修 ~時間の使い方を分析し、最適な時間管理を考える編(1日間)

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

当研修の「ねらい」

タイムマネジメントの基本的な考え方を理解したうえで、自組織の効率化を図るための業務分担や、職場環境作りのノウハウを身につける研修です。

具体的にはまず、仕事の優先順位づけ、計画・実行の仕方といった、個人の時間管理方法を学びます。その後、仕事の分類の仕方や割り振り方など、組織の業務を効率化する考え方を理解します。また、仕事を協力して進めやすい職場作りに役立つコミュニケーションスキルも、演習を交えながら身につけていただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容 手法
  • 1.自分のコストを考える
    ~あなたのコストは?いつも何をしているのか?を短時間で考える
ワーク
  • 2.仕事の種類に応じたタイムマネジメントを考える
    (1)仕事の種類に応じたタイムマネジメントを考える
    【演習①】3日間の仕事を洗い出し、マネジメントできる時間を洗い出す
    (2)自分が日頃行っている仕事の順位づけ
    【演習②】洗い出した仕事を中心に緊急度、重要度の区分けを行う
講義
ワーク
  • 3.タイムマネジメントのポイント
    (1)タイムマネジメントとは
    (2)仕事の管理に必要なもの
    ~タイムマネジメント実現のためのちょっとしたコツ
    (3)時間の無駄を減らすコツ
講義
  • 4.自分の仕事の種類を考える
    ~仕事を4つに分類して、最適なタイムマネジメントを実施する

    (1)こなす仕事(見積書作成 ・資料整理 ・会議の準備など)
    (2)考える仕事(提案書作成 ・企画立案など)
    (3)完全に相手によって時間を拘束されてしまう仕事(会議・商談など)
    (4)拘束されはするが、少しなら時間を自由に使える仕事(移動・出張など)
    【演習③】演習②のシートをベースに、自分の仕事を分類する
講義
ワーク
  • 5.コミュニケーションを円滑にし、情報を共有する
    (1)「適切な情報」がタイムマネジメントスキルを向上させる
    (2)情報を適切に共有するコミュニケーションとは
講義
  • <対処法①>「こなす仕事」のタイムマネジメント
    (1)連続処理する ~仕事の準備を徹底し、作業効率を倍増させる
    (2)仕事の優先順位を明確にする
    【演習④】優先順位を考えるマトリクス作成
    (3)他の人に代わってもらう ~上手な依頼方法を考える
    (4)IT活用を考える ~簡単にできるIT化を知り、活用を考える
講義
ワーク
  • <対処法②>「考える仕事」のタイムマネジメント
    (1)集中して短時間で結果を出す ~心、環境、情報の準備を徹底する
    (2)集中力をつける
    【演習⑤】集中する方法を考える
講義
ワーク
  • <対処法③>「完全に拘束される時間」のタイムマネジメント
    ~相手と交渉して、何とか拘束時間を減らす

    【演習⑥】交渉におけるテクニックを考える
講義
ワーク
  • <対処法④>「移動時間など使える時間」のタイムマネジメント
    ~拘束されるが、少しは自由に使える時間を徹底活用する

    【演習⑦】移動時間にできる仕事リストアップ
講義
ワーク
  • 明日から取り組むタイムマネジメント
    (1)研修を踏まえて、明日から取り組むタイムマネジメント計画を作成する
    (2)全員の前で、実施すること1つを宣誓する
ワーク
  • まとめ
講義
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からひとこと

「時間に対する考え方」をうまく見つけていくことで、自分の仕事に対する理解を深めていけるように、研修を進めます。最終的には、ご自身で立てた計画に対する実践力をつけて、前向きに仕事に取り組んでいただけるようになることを目指します。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 3月     36名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段の作業は一人作業で仕事の優先順位をつけるといっても自分で行なっている順序が正しいのか解かりませんが、一つのきっかけとして今後の行動をしていくうえでのステップとなればいいと思います。
  • 日常業務の考え方が少し変わったような気がします。日頃の忙しさに流されてしまい大変な事が少々ぬけていた所でした。大変良い研修でした。
  • タイムマネジメントとは、行動、工夫の事だという事がわかりました。行動や工夫により時短が限りなく可能なのでよく考えPDCAを実行したいです。

実施、実施対象
2014年 11月     28名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.9%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • いつも締切にばかり気を取られていましたが、それよりも着手日を決めることのほうが大切であるという点は新たな発見であり今後活用していきたいと思いました。また、コミュニケーションをとるにあたり、自身の足りない点が発見できたことも大変良かったと思いますので明日からの生活に活かしていきたいです。
  • 予備時間をトラブルや突発業務をこなす時間と思いがちでしたが、トラブルや突発業務によって狂ったタイムスケジュールを見直す策定タイムを捉えるろいう発想の転換ができました。
  • 上手にタイムマネジメントを行っていくためには、自分の仕事だけでなく周囲の様子や仕事の状況を把握し、協力しながら業務を進めることが大切だと学びました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

インソースの
サービス情報
配信中!

下記情報を無料でGET!!
無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ


配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 9,072
  • 内容をよく理解・理解
    • 94.4
  • 講師がとても良い・良い
    • 92.7

※2016年4月~2017年3月


関連研修
一般的な研修例
半日間の研修例
組織全体のタイムマネジメントを行う場合の研修例
Time Management in Japanese Organizations(One day) 日本企業のタイムマネジメント研修
タイムマネジメント研修 保育士向け(半日間)
働き方改革リーダー研修 チームの時間管理で残業削減・生産性向上

関連研修テーマ
仕事の進め方研修
業務改善研修
問題解決研修
業務改善コンサルティング
若手新人向け研修

公開講座タイムマネジメント研修
関連階層研修
ロジカルシンキング研修
タイムマネジメント研修
仕事の進め方研修
プレゼンテーション研修
CS・接遇研修
OJT研修
問題解決・課題解決研修
フォロワーシップ研修
キャリアデザイン研修
チームビルディング研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー