人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

OJT研修 ~仕事の全体像を伝えるティーチング編(1日間)

2850OJT研修 ~仕事の全体像を伝えるティーチング編(1日間)

16/02/08 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

部下・後輩が業務のスキルを早期に習得し、現場において自立した行動をとれるようにするためには、OJTが有効です。本研修では、実際の業務指導の場面に特化して、仕事の教え方、フィードバックの仕方を習得いただきます。

具体的には、以下の2点をお伝えします。
(1)仕事を教える
OJTの基本である「やってみせる・やらせてみる」の前段階として、「仕事の全体像の教え方」を習得します。具体的には、相手の理解が深まるよう、教える業務について業務フロー図を作成します。そのうえで、「何を・なぜ・いつまでに・どのように」やるのかを押さえて指示を出すロールプレイングを行います。
(2)フィードバックする
ワークを通じて、部下・後輩のさらなる成長のためのほめ方・叱り方や、言いにくいことの伝え方を習得します。

※OJTの意義や指導計画の作り方を学べる「基本編」と、業務指導の精度をより高める「わかりやすい伝え方研修」を本研修とあわせて受講することでより研修効果が高まります。
▽OJT強化3点セット ~基本・ティーチング・わかりやすい伝え方編(3日間)

研修プログラム例

研修プログラム例(所要時間:1日間)
内容
手法
  • 1.業務指導を考える
    【ワーク】メンバー指導を行う中で、日頃、難しいと感じていることを共有する
ワーク
  • 2.業務指導の基本
    (1)業務指導の基本はティーチング
    (2)「ティーチング」と「コーチング」の使い分け
    (3)OJTを通して「社会人としてのフレームワーク」を伝える
講義
  • 3.業務指導の前提条件
    (1)育成のゴールの明確化
    (2)メンバーの現状把握
    (3)目標設定と育成計画の重要性
講義
  • 4.業務指導の進め方
    ■効果的な業務指導のための3つのステップ
講義
  • 5.業務指導実践テクニック①~やってみせる・やらせてみる
    (1)事前準備
    (2)仕事の「全体像」を教える
    【ワーク①】メンバーに指導する仕事について、フロー図を作成する
    【ワーク②】ワーク①のフロー図について、「何を」「なぜ」「いつまでに」「どうやってやるのか」を考える
    【ワーク③】2人1組になり、ワーク①②をふまえた指示の練習をする
    (3)メモを取らせる
    (4)やってみせる・やらせてみせる
    (5)教えた内容を確認する
講義
ワーク
  • 6.業務指導実践テクニック②~フィードバックする
    (1)業務内容を振り返る
    (2)褒める
    【ワーク】ケースを読み、どのように褒めたらよいのかを考える
    (3)叱る
    【ワーク】ケースを読み、どのように叱ればよいのかを考える
講義
ワーク
  • 7.業務指導実践テクニック+α①~「言いにくいこと」を伝える
    (1)考え方と行動のパターン
    (2)「Iメッセージ」の活用
    【ワーク】「Iメッセージ」に変更する
講義
ワーク
  • 8.業務指導実践テクニック+α②~業務委託先との関係構築
    (1)節度のあるお付き合い
    (2)自社(委託元)窓口に明確な指示を出す
講義
  • 9.ケーススタディ
    ※業務指導が必要な場面について、指導方法を検討
    ※ケースは受講者さまに合わせて設定し、事前にご相談のうえ決定
    【ケース例1】すぐに先輩に丸投げしようとするAさん
    【ケース例2】計画的に仕事を組み立てられないBさん
    【ケース例3】「その仕事はまだ教わっていません」というCさん
    【ケース例4】「その話は伺っていません」というDさん
ワーク
  • 10.研修を振り返って
    【ワーク】研修を受けて、気づいたことをまとめる
    【ワーク】明日から職場で実践したいことをまとめる
ワーク

  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 8月     13名
業種
農林水産
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 普段の業務に当てはまる事例が多かったので、こうやっていきたいと思うことがたくさんありました。また、今までほめる回数が少なかったと反省しました。これからはほめる回数を増やして気持ちよく皆が仕事を出来るような環境を作っていきたいと思います。
  • グループ討議が多く、色々な考え方を参考にすることができた。後輩・部下の育成を行っていく上で「ほめる」を上手に活用し、モチベーションを上げさせ職場が活気づく様にしていきたい。
  • 改めて自分にとって指導不足の面があることに気付かされた。伝え方が何よりも大切だと痛感したので、言葉の選び方・視野の広げ方をもっと身に付けていきたい。

実施、実施対象
2015年 3月     21名
業種
製造業(日用品)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 話術がすばらしいと思いました。研修内容が判り易く理解できました。職場で実践したいと思います。本日は、ありがとうございました。
  • 講義だけでなく、ケーススタディを使った討議が多かったので、自分でも「ふ」に落し込めて非常に有意義な研修でした。明日も宜しくお願い致します。
  • 勉強になりました。特にトレーナー側がOJTをする上で模範的になる様自身も成長しなければならない所に自分の意識がまだ甘かったんだなと感じました。自分は相手を見てるが相手も自分を見てるという意識を現場に持ちかえって活かしたいと思います。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 17,581
  • 内容をよく理解・理解
    • 97.1
  • 講師がとても良い・良い
    • 96.7

※2015年10月~2016年9月


関連OJT研修
一般的な研修例
OJT担当者の上司向け研修例
OJT研修のフォローアップ
部下指導研修 コミュニケーションの課題を解決する編(1日間)
指導者のための人材育成概論
OJT研修プログラム 人材育成に本気で取り組む風土を醸成する編(全4回)

関連研修テーマ
メンター研修
新入社員研修
現場育成力向上サービス

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。