人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

ワークライフバランス研修 ~両立を実現する業務管理編(半日間)

2064ワークライフバランス研修 ~両立を実現する業務管理編(半日間)

16/08/29 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

仕事とうまく向き合い、「仕事」と「生活」との折り合いをつけていくワークライフバランスの考え方を身につける研修です。

具体的には、自分の理想とする「充実した仕事」「充実した生活」を考え、ワークライフバランスの基本的な考え方を学びます。そのうえで、自分の業務の無駄を見つめ直し、効率的に仕事を進める(時間外労働を減らす)ことを実現するためのポイントを学びます。


研修プログラム例

研修プログラム例
 
内容
手法
 
  • 1.「充実した仕事」と「充実した生活」を考える
    (1)あなたにとって、生きがいや喜びをもたらす「仕事」とは?
    (2)あなたにとって、生きがいや喜びをもたらす「生活」とは?
ワーク
  • 2.ワークライフバランスとは
    (1)ワークライフバランスの展開とその取り組み
    ①ワークライフバランスと仕事の調和
    ②ワークライフバランスの展開
    (2)ワークライフバランスの必要性が高まった背景
    ①個人
    ②社会全体
    ③個々の企業・組織
    (3)「仕事」と「生活」の調和とは
    【参考】次世代育成支援
講義
  • 3.ワークライフバランスを実現する
    (1)昨日の時間の使い方を振り返ってみよう
    ①昨日のスケジュールを書き出し・整理する
    ②無駄な時間だったと思う時間を振り返る
    ③やりたかったが時間がなくて出来なかったことを振り返る
    ④やりたかったことができなかった理由を考える
    【ワーク】あなたのコストを計算する
    (2)タイムマネジメントのポイント
    (3)自分の仕事・行動の種類を考える~仕事は4つに分類される
    ①こなす仕事
    ②考える仕事
    ③完全時間を拘束されてしまう仕事
    ④少しなら時間を自由に使える仕事
    (4)仕事は「みんな」でする
    (5)業務分担の4つのポイント
    (6)「不満な経験」や「仕事の課題」を振り返る
    【ワーク】これまで仕事を行ってきた中で、不満に感じたことや課題と感じていること(管理職の方は部下の不満も含む)を洗い出す
ワーク
講義
  • 4.明日から取り組めることを考える
    ワークライフバランスに関して、一人ひとりが楽しく仕事に取り組める考え方や仕組みを考える
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

■女性が長期的に活躍するために

ワークライフバランスに関しての問い合わせが増えています。その目的や背景は大きく分類すると二分することができそうです。一つは「次世代育成支援」です。女性を対象に組織内で長期的に活躍してほしいために促進しています。裏を返せば妊娠・出産・育児の転機に対しても組織が対応できる器を持たなければならない時代となっています。そのような風潮を受け入れがたい組織の管理職の方々に理解浸透させたいという目的があるようです。

■早く帰って元気に頑張る

もう一つは「超過勤務時間の削減」です。人員削減や業務量増加はあっても、残業を増やすわけにはいかない状況下です。ワークライフバランスを謳うことで「早く帰って元気な状態でまた頑張る」という意識を浸透させたいという目的だそうです。

■業務改善のきっかけ作り

本研修は、現場の「そんなの不可能だ!」という意識を、「どうしたら早く仕事を進められることができるか?」という意識に変えるきっかけ作りになるプログラムです。これは、業務改善の皮切りにもなりますので、タイムマネジメント研修や業務改善研修との組み合わせも効果があります。

講師からひとこと

ワークライフバランスが、「仕事の効率化を図る点でも大切である」ということに重点をおいて研修を進めます。また、私からの一方通行の講義にならないよう、受講者と双方向のコミュニケーションを意識して実施します。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 2月     17名
業種
中央官庁・国家機関
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.1%
参加者の声
  • バランスの取れた生活をベースに仕事に励みたい。ワークの時間が多く、考えることが自分のためになりました。
  • 「ワークライフバランス」という言葉にずっと違和感をもっていました。何かに名前をつけてあたかも解決策であるように見せられている気がしていたためと思います。しかし、今日の講義で「答えはない(一人一人違う)」ということをはっきりと言っていただき、それを前提に考えることができ、胸にスッとおちた感じがしました。
  • 自分を振り返るよい機会になりました。人との関わり方で困ったときに再確認したいと思います。大変有意義な内容でした。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 1,379
  • 内容をよく理解・理解
    • 95.7
  • 講師がとても良い・良い
    • 95.2

※2015年10月~2016年9月


関連キャリア研修
一般的な研修例
自治体向けの研修例
若手向けキャリアデザイン研修
40代向けキャリアデザイン研修
50代向けキャリアデザイン研修
女性向けキャリアデザイン研修
再任用職員向けキャリアデザイン研修
SE向けキャリアデザイン研修
若手向けキャリア研修 最初の会社でがんばるということ
キャリアデザイン研修 1年を振り返り、次の1年を考える編(半日間)
ワークライフマネーバランスセミナー 経済の流れから投資信託を知る編(1日間)

関連研修テーマ
自治体・官公庁向け研修
女性管理職研修
ワークライフバランス研修
中堅社員研修
内定者向け研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。