女性向けキャリア研修 キャリアを「Must・Will・Can」で考える編(1日間)

2583女性向けキャリア研修 キャリアを「Must・Will・Can」で考える編(1日間)

17/09/22 更新


当研修の「ねらい」

本研修は、20代後半から40代のある程度仕事に慣れてきた女性を対象に、「今後自分のやりたいこと」を「Must・Will・Can」の視点から振り返ることで、より仕事に対するモチベーションを向上させることを目的としています。

具体的には、自分が思っている以上に、自身にスキルが身についていることを理解していただいた上で、今後「自分のやりたいこと」を知ることにより、仕事を前向きに捉えることができるようになります。また、現状維持だけのキャリア形成はあり得ず、一歩でも前に進む必要があることを理解することで、自身のキャリアを俯瞰して考え、今後やるべきことを明確にしていただくことを目指します。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.自身のキャリアを知る
    【ワーク】今後、会社においてどのようなキャリアをつんでいきたいかを共有する
    (1)キャリアの定義
    (2)戦略的にキャリアについて考える
    (3)Must・Can・Willで考える
講義
ワーク
  • 2.Must・Can・Willで今後を考える
    (1)Must・Can・Willの重なりが重要
    (2)自分は、今後何をしなければならないのか ~Must
    【ワーク】組織からみたときに、自分にはどのようなことが求められているかを考える
    (3)自分には何ができるのか ~Can
    ①強みを考える
    【ワーク】「キャリア・ライフ棚卸しシート」を作成する
    ②自分を成長させた出会い
    【ワーク】自分が特に大きな影響を受けた人を3人思い出し、自身への影響を考える
    (4)自分は、何をしたいのか ~Will
    【ワーク①】洗い出した出来事のモチベーションの高低を振り返る
    【ワーク②】どのようなときに自分はモチベーションが上がるのか、共有の要素を考える
    【ワーク③】人生を通じて「手にしたいもの」をキーワードを参考に考える
講義
ワーク
  • 3.今後を考える
    (1)人生の転機を考える ~節目を知り、節目で考える
    (2)今後の選択肢「深く」か「広く」か「高く」かを整理する
    ①プロフェッショルな仕事をより「深く」極める
    ②様々なキャリアを重ね、幅を「広げる」
    ③現在の職種でリーダーとなり、後輩を育て導く 
    【ワーク】今後の選択肢を理由を含めて考える
講義
ワーク
  • 4.周囲の期待と支援について考える
    (1)ステークホルダーを意識する
    (2)求められる「チームの一員としての動き」
    (3)周囲からの期待を考える
    【ワーク①】直属の上司、後輩・同僚の立場から自分に求められる役割を考える
    【ワーク②】上司からのメッセージを共有する
    【ワーク③】期待に応えるために、「自分が努力すべきこと」・「周りに支援してほしいこと」を考える
講義
ワーク
  • 5.まとめ
    【ワーク】研修内容を踏まえ、「キャリア・ライフ事業計画書」を作成する
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 9月     20名
業種
不動産
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 様々な視点から人生のプランを考えることができました。研修でこのような事を学べるのは本当に恵まれてます。本当に有意義な時間でした。ありがとうございました。
  • ちょうど異動することになったばかりでこれからどうしようか迷っていたので、自分を見直す良いチャンスとなりました。
  • もっと自信を持って前向きに仕事に取り組んでいきたいです。
  • 実体験を基に、わかりやすくおもしろおかしく話して頂き、とても楽しい時間でした。
  • 普段考えないような事をたくさん考えたので、疲れたけど楽しかったです。いろいろ考え直すことがありました。

実施、実施対象
2016年 5月     12名
業種
建設・プラント
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • とても分かりやすかったのと、いくつもの考えるヒントがあった。今後どうしていきたいのか、会社の中での役割は何か考えるきっかけになりそうだ。
  • 相手の気持ち、考えを理解した上で、また自身の目指すものが明確になった上で話をしていくことができれば、より有益で効果的な議論ができると考えられるようになった。大変有意義な時間でした。ありがとうございました。
  • 自分がどのような意識を仕事に対して思っているのか、今回の研修で分かったので、普段の仕事でも思い出しつつ業務に取り組んでいきたい。

実施、実施対象
2016年 5月     18名
業種
情報通信・ITサービス
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 他の人のキャリアデザインを知ることができ楽しかった。自分のキャリアデザインや軸を褒められるとうれしかった。
  • 日常ではなかなか考えない将来について一日かけて考えることができたのは大変有意義でした。
  • 目先のことのみではなく、長期的な目標を意識して仕事をします。

実施、実施対象
2016年 2月     19名
業種
製造業(電気機器・機械)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.7%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 今までの社会人生活を振り返り、これから何をしたいのか、何を求められているのかじっくり考える良い機会でした。これからいろんな変化があると思いますが、前向きにとらえていきたいと思います。他の事業所の方と色々お話しできて、刺激を受けました。
  • グループワークで色々な方の話が聞けて刺激になった。視野を広げていきたいと思った。さっそく、自分年表や人脈マップをつくってみようと思う。
  • 自分が実現したい事を具体的にイメージし、また求められる姿も考えて業務を進めたい。具体的な体験談もあり、楽しく良く理解ができた。

実施、実施対象
2015年 12月     33名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
97.0%
講師:大変良かった・良かった
93.9%
参加者の声
  • 普段目の前の仕事に気をとられ、先のことのキャリアについて考えることがなかったので、今後は1年、5年、10年後と今後のキャリアについてきちんと考えていきたい。
  • ちょうど自分の立ち位置や仕事のあり方について悩んでいたこともあり、そもそも何のために働くのか、なにをもってこの仕事に就きたいと思ったか、当時の思いや今後に向けて考え直す良いきっかけとなった。
  • 今後の業務(キャリア)を振り返る良い機会となりました。また同期のメンバーということもありグループワークで色々な意見を聞くことで“がんばろう”という良い刺激になりました。

実施、実施対象
2015年 3月     23名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87.0%
講師:大変良かった・良かった
91.3%
参加者の声
  • 普段関わることのない職員と研修ができたのがとても良かったです。職場は違っても、基本的な働き方というのは変わらないと思うので、お互いにこれからもコミュニケーションを取りながら業務を行いたい。
  • 自分自身のこれまでの仕事の振り返りができて、今後の自分のモチベーションにつながりました。
  • 今までこういった研修がなかっただけに、見直す上で役立った。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。




今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。