人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

研修の目的・特徴

障害者差別解消法とは

2016年4月から施行
行政機関には障害のある方に対し、「不当な差別的取扱いの禁止」「合理的配慮の提供」が義務づけられています。

「不当な差別的取扱い」とは

「障害」を理由に、サービスの提供を拒否したり、提供時間などを制限すること。
たとえば、視覚障害があるという理由だけで、窓口対応を拒否することなどが「不当な差別的取扱い」にあたります。

「合理的配慮」とは

障害のある方から、合理的配慮の提供を求められたときに行われる取組のことです。
この取組は、合理的であり、負担が過重ではない必要があります。 どういった配慮が必要なのかは、配慮を必要としている当事者に直接聞くことが重要です。
たとえば、聴覚障害のある人が窓口に来た際に、筆談や身振り手振りを交えて対応するといったことは「合理的配慮」の一例です。

インソース研修のポイント

法律の概要だけでなく、障害そのものへの理解を深めること、障害のある方がどういったことで困っているかを知ること、具体的な対応方法や対応の際に使えるツールなどを学ぶことができます。
「合理的配慮」を考える際には、当事者の方が何を感じているのか、どういった配慮を必要としているのかを知ることが重要です。

そのために、
・障害による困難さを体験するワークで、障害のある方がどんなことで困る
のかを知る
・実際の対応方法を事例を用いて考える

上記2つをもとに学ぶことで、現場で使える「スキル」と「考え方」を身につけることができます。

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ


インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。