人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

業務改善研修 ~フォローアップ編(2日間)

0600業務改善研修 ~フォローアップ編(2日間)

15/12/18 更新


このページは講師派遣の研修を紹介しています

当研修の「ねらい」

業務改善活動の実践を通じて、「仕事に自らの考え方を活かせること」「仕事を通じて自らが成長できること」を実感していただくことを目指す研修です。

具体的には、業務改善を実現させるために、正確な現状分析と、そこで見つかった課題を解決するための目標・計画づくり、さらに、職場の同僚を巻き込んで改善を実現させるポイントを学びます。
また、1回目の研修で具体的な業務改善計画を作成していただき、2回目の研修ではその進捗や悩みの共有を行い、計画をブラッシュアップしていきます。


研修プログラム例

研修プログラム (所要時間:1日間/1回目)
内容 手法
  • 1.アイスブレイク(チーム名、リーダー名を決める)
ワーク
  • 2.業務改善活動を上手に実施するために!
    ~業務改善を成功させる大切なポイントを理解する
    1. 業務改善活動の意義
         ~業務改善とは「楽しい活動」
    2. 業務改善活動の進め方 
         ~自主性を発揮しよう
    3. 業務改善活動の体制
          ~チームリーダーの決定とそれぞれの役割分担
    4. 活動内容
         (1)ミーティングの開催
          ~自由な発想で活動しよう
         (2)問題点の洗い出し
          ~業務改善のための「障害」を考えよう
         (3)テーマ選定
          ~数値化可能なテーマを選定しよう
         (4)活動計画の作成
          ~6W3Hのフレームワークで計画を立てよう
         (5)現状調査
          ~問題をつきつめて、真の問題をつきとめよう
         (6)現状分析
          ~分析は科学的に行おう
         (7)目標設定
          ~目標を決める際の留意点
         (8)対策検討
          ~対策検討の際のポイント
         (9)対策実施・効果確認
          ~データは、グラフや図で確認しよう
         (10)歯止め
          ~日常業務に組み込まれているかをチェック
         (11)まとめ
講義
  • 3.模擬演習
     ~グループによる模擬業務改善活動を実践しよう
     演習テーマ例)
      ①事務ミス削減
      ②処理時間の短縮
      ③クライアントとの連携強化(手戻り、仕様変更の防止など)
      ④ノウハウ共有(ドキュメント整備など)
     上記を切り口にグループで模擬テーマを選定頂きます。
ワーク
  • 4.業務改善活動スケジュールの立案
ワーク



研修プログラム (所要時間:半日間/2回目)
内容 手法
  • 1.アイスブレイク(チーム名、リーダー名を決める)
     ~前回とは違うメンバーでグループ構成
ワーク
  • 2.進捗発表と悩みの共有
     ~これまでの途中経過をグループ単位で発表し、
    「行き詰まり」や「悩み」を共有し、解決策を見出す
    1. 順調に進んでいる点は?
    2. うまくいっていない点は?
ワーク
  • 3.これからの業務改善活動を考える
     「行き詰まり」や「悩み」の情報共有をふまえて、今後の業務改善
    活動の活動方針および修正点を考えます  
    1. 業務改善活動における課題は?
    2. 課題解決策は?
      ※グループは発表ののち、講師が適宜フィードバックを行う
ワーク
  • 4.活動報告書の作り方のポイント
    1. 報告書を作成する際に忘れてはいけないポイント
      ①目的が明確であること
      ②組織目標をとらえていること
      ③Something Newがあること 等
    2. 企画書の構成
      ①本件実施のねらい
      ②実施事項
      ③詳細内容 等
講義
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 11月     22名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 「グループ」と「チーム」の概念の違いを改めて講義いただいた部分が印象的でした。以前の職場との違いが何かをずっと考えていましたが、しっくりきました。
  • 具体例が分かりやすく、頭に残りやすい。日々の業務を行うにあたって、5W(なぜ)を意識していきたい。
  • 要因を考えたときにいろんな視点があることを気付かされます。業務改善に必要になってくると思いました。

実施、実施対象
2013年 2月     47名
業種
製薬・医療・介護
評価
内容:大変理解できた・理解できた
91.5%
講師:大変良かった・良かった
87.2%
参加者の声
  • 「業務改善」という漠然とした思いはあったものの、実践するのは難しい感じがしていました。今後は、同じ部署の人と一緒に改善対象の抽出を小さい事でもいいから、おこなっていきたいです。
  • 講師の話し方、進め方がとても丁寧で、研修が受けやすかったです。分かりやすく、取組やすい内容で、大変、参考になりました。目標設定においては、私的にも参考にしたいと思います。
  • 目標を「大目標」「小目標」に小分けにし、その手順や要素を細分化していく考えは、個人目標を立てるときにも役立つと思いました。内容が分かりやすく丁寧だったので、時間が長いとは感じませんでした。

実施、実施対象
2013年 1月     22名
業種
人材・アウトソーシング・コールセンター
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 改善することが多く、どこから手をつけるか悩んでいたところで受講できた研修だったので、親和図で具体的に問題を書き出し、優先順位をつけた事で何から始めるか明確になった気がする。アクションプランも記入するのは難しいが、一つひとつ実行できたら良いと思えた研修だった。
  • 特に「5回の何故?」は根本的原因の追究に必須であり対策にも影響してくるので、実務でも一貫して徹底したい。
  • リスクを定量化するという視点が新鮮で参考になりました。また「課題の深堀」という手法も早速取り入れたいと思います。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 8,129
  • 内容をよく理解・理解
    • 93.3
  • 講師がとても良い・良い
    • 92.2

※2015年10月~2016年9月


関連研修
一般的な研修例
業務改善活動コンサルティング
病院向け業務改善研修例
業務フロー作成研修例
業務改善研修 変化に対応し、働き方改革を実現する
業務改善研修 ~意識付け編(90分バージョン)
ファイリング研修 ビジネス文書と情報管理編(半日間)

公開講座業務改善研修
ストレスチェック制度
に関するサービス

ストレスチェック制度に関して、弊社でご提案しているサービスをご覧いただけます。

ストレスチェック対応サービスを見る


関連研修テーマ
ナレッジマネジメント研修
仕事の進め方研修
タイムマネジメント研修
マニュアル作成研修
整理力向上研修

関連eラーニング
ミテモの業務改善のeラーニングコンテンツ

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。