人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

3116若手社員向けキャリア研修 最初の会社でがんばるということ(1日間)

若手社員向けキャリア研修 最初の会社でがんばるということ(1日間)

当研修の「ねらい」

新卒の若手社員に向けて、キャリアを主体的に考え、最初の会社でがんばる大切さに気付いていただく研修です。
本研修では組織からの期待を改めて考え、新卒ならではの恵まれた環境に気付いていただきます(転職のリスクについても学んでいただきます)。給与の構造や組織のコストについても理解を深めていただいたうえで、今後30年に起きるイベント、かかるコストについて考えていただき、自分の人生を充実させるためには何が必要か、どんな組織貢献が自分にはできるか、を考えていただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.戦略的にキャリアを考える  ~主語は「自分」
    (1)ワークとライフ、お金のバランスをとる
    (2)終身雇用時代の人生は人任せ?
    (3)自分の人生は「自分」で充実させる
    (4)人生90年時代、戦略を立て、自分で舵をとる
講義
  • 2.最初の会社でがんばるということ
    【ワーク】会社は、新卒社員である自分に、何を期待していると思うか考える
    (1)組織における新卒社員の意義と価値
    ①新卒社員への期待 ②日本企業は経験価値を評価する
    (2)最初の会社で働き続けることのメリット
    ①人間関係 ②コミュニケーション ~ミスをしても守ってもらえる環境で成長できる ③昇進 ④生涯賃金 ~経験価値は大きな資産となる
    (3)転職のリスクを知っておく ~冷静な視点を持ち、自分で舵をとるために
    ①転職エージェントの利益構造  
    ②目先の高給だけで選択しない ~生涯賃金で考える
    ③環境変化を甘く見ない ~転職常態者にならないために
    ④雇用形態の違い ~派遣のメリット・デメリット
講義
ワーク
  • 3.数字の判断軸をもつ① ~給与の仕組みについて考える
    (1)給与の見方 ~額面と手取り額    
    (2)見えない収入がもたらすもの
    ①控除 ~種類と意義
    <社会保険>健康保険/厚生年金保険/雇用保険/(介護保険)
    <税金>所得税/住民税 
    ②福利厚生制度 ~種類と意義
    寮・社宅/財形貯蓄/親睦会/生命保険/組合 など
講義
  • 4.数字の判断軸をもつ② ~組織のお金の流れを知る
    (1)利益の構造 ~「利益=売上-費用(コスト)」
    (2)売上とは何か
    (3)費用(コスト)とは何か
    【ワーク】大手のお客さま先に、80万円/月の契約で常駐する費用を洗い出し、自社にいくら利益が出るか考える
    (4)人件費を考える
    【ワーク】自分の人件費を計算する ~1日研修を受講する間、会社はいくら投資しているか
講義
ワーク
  • 5.世代ごとのキャリアイメージと必要なお金 
    (1)20代前半 ~経済的に自立する・社会で通用するスキルを身につける
    (2)20代後半 ~ビジネススキル全般に磨きをかける・まだ見ぬ30代以降の世界に備える
    (3)30代前半 ~仕事でも家庭でも求められる役割が増す・資金計画が必要になる
    (4)30代後半 ~これまでの経験や培った能力・スキルを活かす
    (5)40代 ~次世代育成に転換する・第二の人生を準備する時期
    (6)50代 ~キャリアの喪失が始まる・第二の人生の始まり
    (7)60代 ~第三の人生の始まり・ライフとワークを楽しむ時期
    【ワーク】今後必要になるお金をチェックし、計算する
講義
ワーク
  • 6.キャリアを見通す
    (1)これから30年を考える
     【ワーク】今後30年に自分の人生に起こることを洗い出し、いくらお金がかかるかを算出する
    (2)長い目で「これから」を見てわかること
     ①生きていくにはお金がかかる、②みんな、課題に直面する、③しなやかに形を変えて、働き続けることの大切さ
    (3)「仕事力」を獲得し、主体的にキャリアを選べる人材になる
講義
ワーク
  • 7.まとめ
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

コメント

インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 9,767
  • 内容をよく理解・理解
    • 94.7
  • 講師がとても良い・良い
    • 94.5

※2015年10月~2016年9月


関連キャリア研修
一般的な研修例
自治体向けの研修例
若手向けキャリアデザイン研修
40代向けキャリアデザイン研修
50代向けキャリアデザイン研修
女性向けキャリアデザイン研修
再任用職員向けキャリアデザイン研修
SE向けキャリアデザイン研修
女性向けキャリアデザイン研修 自分の人生を主体的に現実的に考える(半日間)
キャリアデザイン研修 1年を振り返り、次の1年を考える編(半日間)
ワークライフマネーバランスセミナー 経済の流れから投資信託を知る編(1日間)

関連研修テーマ
自治体・官公庁向け研修
女性管理職研修
ワークライフバランス研修
中堅社員研修
内定者向け研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 14,612
  • 企業内研修
  • 10,422回
  • 公開講座
  • 4,190回
  • お取引先数※2
    • 17,157
  • 受講者数※1
    • 35.9万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2015年10月~2016年9月

※2 2003年6月から2016年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2015年10月~2016年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。