コミュニケーション研修 コミュニケーションの本質を学ぶ編(半日間)

3103コミュニケーション研修 コミュニケーションの本質を学ぶ編(半日間)

17/09/20 更新


当研修の「ねらい」

人材不足の中、一人ひとりの仕事量が増えているため、職場でのコミュニケーションは少なくなっていると言われています。しかし、コミュニケーションの良し悪しは、時間の長さではなく、中身の濃さで決まります。 本研修では、職場で良い人間関係、協力関係を築いていくために必要なコミュニケーションのポイントについて学習します。

以下の2つのポイントに重点を置き、研修を進めます。
・周囲との関係を振り返り、コミュニケーションに必要な要素を考え理解する
・コミュニケーションの土台となるスキルを、演習を通じて身につける


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.コミュニケーションとは
    【ワーク】今までに自分が受けたひどいコミュニケーションを考える
    【ワーク】今までに自分が受けたすばらしいコミュニケーションを考える
    (1)コミュニケーションにおける2つのポイント~安心感・信頼感
    (2)コミュニケーションはねじれて伝わる
    (3)コミュニケーションにおける心構え
講義
ワーク
  • 2.人間関係の促進・維持~傾聴力
    (1)聴くことの重要性
    (2)「聴く」スキルとは?
    (3)声の出し方と間の取り方
    (4)相手が話しやすさを感じる「聴き方」とは?
    ①相手が言いたいことを正確に理解する
    ②あいづちをする
    ③反復・言い換えをする
    ④感情のフィードバック
    ⑤話を遮らない
    【ワーク】あいづちをしながら「聴く」練習をする
講義
ワーク
  • 3.課題達成・問題解決~説明力・質問力
    (1)話す内容を明確にする
    (2)伝えるスキル~説明力
    (3)訊くスキル~質問力
講義
  • 4.まとめ
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

研修制作者からひとこと

「コミュニケーションって難しい」
そんなお声をいただいたとき、なぜ難しいのか、どうしたら難しくなくなる=易しくなるかを考えました。
その時に、以下の3つの力を身につけることで、コミュニケーションが易しくなり、その結果、円滑になると思い、本研修を作成しました。

・相手の話を受け止める力「傾聴力」
・相手に伝えるための力「説明力」
・相手に確認するための力「質問力」

日々の業務で忙しい中、少しでも業務を円滑にするために学ぶコミュニケーションは、いかがでしょうか。

講師からみた研修の様子

終始、真面目で熱心に取り組んでいただけました。
理解度も高く感受性も豊かで、コミュニケーションにおけるポテンシャルは大変高いと感じる受講者の方々でした。
ディスカッションでは、他者の意見や考えを柔軟性を持って受け入れ、正直なフィードバックを双方で行っていました。
また、新しいスキルの習得や情報収集に関しても積極的でした。
スキル習得、モチベーション維持や意思の疎通をはかる意味でも、集合研修は高い効果が期待できると思います。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 9月     17名
業種
学校・学校法人
評価
内容:大変理解できた・理解できた
94.1%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • メールや電話のやり取りの際に、相手に伝わるように話し方や伝え方を工夫したい。
  • チームの皆さんも良い方ばかりで有意義な時間を持てました。
  • 講師の方のはきはきとした話し方や、表情の変化がめまぐるしくて見てて楽しかったです。コミュニケーションの講師だけあって、表情でのコミュニケーションが上手で見習おうと思いました。
  • 上司や患者との関わりの際に、もっと意識的に聴く姿勢をとろうと思います。
  • 楽しく勉強になりました。グループで話し合った点がよかったです。ありがとうございました。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



コミュニケーション研修の評価
年間総受講者数
20,459
内容をよく理解・理解
95.0
講師がとても良い・良い
94.6

※2016年4月~2017年3月

関連研修
一般的な研修例
若手向けにホウ・レン・ソウ(報連相)に特化した研修例
顧客や取引先とのコミュニケーション力を強化したい場合
実践コミュニケーション研修 レゴⓇシリアスプレイⓇの手法と教材を活用して「きく」力を鍛える(1日間)
大学生向けリーダーシップ研修 コミュニケーションスキル習得編(1日間)
メンバー向け成果の出し方・伝え方研修 セルフプロモーション編(1日間)

公開講座コミュニケーション研修
関連研修テーマ
プレゼンテーション研修
アサーティブコミュニケーション研修
クレーム対応研修
営業力向上研修
CS向上コンサルティングサービス

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。