ビジネスゲーム研修 ~仕事の仕方を見直す業務改善編(半日~1日間)

0776ビジネスゲーム研修 ~仕事の仕方を見直す業務改善編(半日~1日間)

15/12/10 更新


当研修の「ねらい」

入社1~2年目ぐらいの若手向けの研修です。入社してから今までの振り返りやビジネスゲーム「ドミノインテリア」を通じて、自らの改善点に気づきを得たうえで、具体的な仕事力向上のスキルを身につける研修です。

特に、ビジネスゲーム「ドミノインテリア」では、チームワークの重要性やPDCAサイクルにもとづいて仕事をすることの有効性を実感します。そのうえで、PDCAと仕事のやりがいの関係や、PDCAの各プロセスにおける判断のポイントを講義とワークを通じて学びます。ビジネスゲーム後のスキル付与に関しては、貴組織の現状に合わせて最適なスキルを選んで実施することも可能です。
なお、研修の最後には「自分の仕事改善計画」を作成し、現場での実践につなげます。


研修プログラム例

所要時間:半日間~1日間
  内容 手法
 
  • 1.アイスブレイク ~インタビュー大会
    <できるだけ多くの人とコミュニケーションをとる>
      受講生同士、質問をし合い最低6人とコミュニケーションをとる
      例)今までもらった中で一番うれしかったプレゼントは?
      今まで購入したものの中で、感動したものは?
      理想の上司を有名人に例えると? など
ワーク
  • 2.多面的に考えるコミュニケーションと仕事
    <問題把握:仕事におけるコミュニケーション重要性の確認>
      (1)自分の仕事を振り返る
      ①業務において「これは得意!」「これは任せろ!」と思うのはどんなことかを思いつくままに15個以上書き出してみる
      ②業務において「こういうとき困ってしまう...」「これは苦手なのでできればやりたくないかも...」 と思うことを書き出してみる
      (2)グループメンバーで相互発表
      ⇒上記の①と②それぞれについて「それは自分にも当てはまるかも」と思うことを書き写し、シェアする。
講義
ワーク
  • 3.ビジネス体験学習 「ドミノインテリア」
    <具体的な行動・気づき>
      ■ねらい
      ①ハイパフォーマンスな仕事におけるチームワーク・コミュニケーション
      ②ルールを守ること・見直すこと=PDCAの重要性
      ③チームの一体感を実感し、モチベーション向上=一体感の醸成
      ★PDCAサイクルの反省を通じて、良い仕事とはどんなものかを考える
講義
ワーク
  • 4.プロフェッショナルの仕事とは
      (1)正しい仕事の進め方とPDCA
      (2)仕事のやりがいとPDCA
      (3)管理における判断のポイント ~事実に基づいて考える
      (4)仕事のやり方の原則
講義
ワーク
  • 5.自分の仕事改善計画
    <目標設定:研修を踏まえて改善目標を立てる>
      (1)気になる点を5点考える
      (2)改善目標を決める際の留意点
      (3)「自分の仕事レベルアップ計画書」作成
講義
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

実績と受講者の声

実施、実施対象
2015年 11月     21名
業種
流通
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • まずは最後に設定した目標を小さな事でも実践し、評価し、また次に活かしていきたいです。
  • はじめから目標を高くしすぎることなく、現実的に失敗や成功を積み重ねてチームとしてステップアップしていきたい。可視化することで全員が取り組みやすくなるようにしていきたい。
  • グループでゲームを行った後に必ず振り返りワークがあったため、仕事に置き換えて考える事が出来ました。

実施、実施対象
2015年 9月     27名
業種
官公庁関連団体・組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • とても勉強になりました。楽しく受けさせていただきました。今後に生かしていきたいと思います。
  • 内容について分かりやすく解説していただきました。特に事例も含めた内容がよかったです。
  • 声がけ、コミュニケーションの大切さを改めて感じた。今後はそれをふまえて業務にあたっていく。

実施、実施対象
2015年 8月     28名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.9%
講師:大変良かった・良かった
92.9%
参加者の声
  • 体験型の研修で、目標を決め、その過程を得るととてもわかりやすく理解できました。
  • 資料も分かりやすく、また、ドミノゲームは楽しみながら自分の立ち位置など自分が普段考えないようなことを考えるきっかけとなった。
  • PDCAサイクルを毎日の業務計画にとり入れたいと思いました。ゴールから逆算して計画を立てることの重要性を理解できました。

実施、実施対象
2014年 8月     26名
業種
官公庁関連団体・組織
評価
内容:大変理解できた・理解できた
96.2%
講師:大変良かった・良かった
96.2%
参加者の声
  • ゲームを通して、チームワークの大切さ、情報の共有化の重要性を再度確認出来た。今後の自分の仕事に適用出来るようにしたい。
  • 仕事をする中で「あいさつ」「チームワークの重要性」がとても大切だということを改めて感じることが出来た。わかりやすい話が多く大変研修良かったです。
  • 職場の違う人とコミュニケーションを取り、チームワーク作りが出来てとても楽しかった。ゲームを通して沢山の意見が出て、職場に生かせることがいっぱいあることに気づいた。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 5,316
  • 内容をよく理解・理解
    • 97.9
  • 講師がとても良い・良い
    • 96.9

※2016年4月~2017年3月


ビジネスゲーム研修一覧
ドミノインテリア
ドミノハウス
ドミノ電鉄

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー