3326【2017リニューアル】プレゼンテーション研修

【2017リニューアル】プレゼンテーション研修

お客さまのご都合に応じた受講方法をご用意しております。

研修安心サービス

当研修の「ねらい」

プレゼンテーションのゴールははうまく話すことではありません。それよりも、相手に伝えたい主旨が伝わり、相手の賛同を得て、プレゼンターの目的どおりに相手に動いてもらうことこそが、プレゼンテーション研修のゴールです。

◆本研修は既存の
「プレゼンテーション研修」
の内容を見直し、リニューアルしたカリキュラムになっています。



ここが新しい!

①プレゼンテーションの聞き手と目的を明確にする
普段、プレゼンテーションを実施するシーンや機会を振り返り、聞き手(相手)と、プレゼンテーションをする目的を明確にしていただく時間を設けました。研修を受講いただく中で、誰に向けて、どんなプレゼンテーションを実現するべきなのかを考えていただきます。

②聞き手の心理を考え、プレゼンテーションを構成する
プレゼンテーションを通じて、聞き手(相手)にどのようになってほしいかを考えていただきます。プレゼンテーションは相手を動かすコミュニケーションですので、実施前、最中、実施後の聞き手の心理を コントロールする意識を持っていただき、より効果の高いプレゼンテーションを実現していただきます。

③プレゼンテーション資料作成のポイントを大幅に追加
プレゼンテーション資料を作成する際の留意点やポイントを大幅に追加しました。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.「伝える」とはどういうことか
    【ワーク】まずは、実際に皆の前でプレゼンテーションをしてみましょう
     ①伝える目的 ②伝える内容 ③伝える手段 ④伝える技術
講義
ワーク
  • 2.プレゼンテーションの目的を考える
    (1)プレゼンテーションを行う目的 ~誰にどうなってほしいのか
     【ワーク】普段、自分が行うプレゼンテーションの目的を改めて考えてみましょう
    (2)聞き手の心理を考える
     【ワーク】プレゼンテーション開始前、プレゼンターの登場時、プレゼンテーション開始時、プレゼンテーション終了時に、聞き手に抱かせたい心理を考えましょう。どのような心理になると、プレゼンテーションの目的を達成したことになるかを考えましょう。
    (3)目的を果たすためにコントロールするもの
     ①視覚的情報 ②聴覚的情報 ③時間と話の展開 ④資料の伝わりやすさ
講義
ワーク
  • 3.伝える内容を整理する ~プレゼンテーションの構成を考える
    (1) 最も聞き手に伝えたいメッセージから考える
    (2) メッセージを支える情報を洗い出す
    (3) 伝える内容を整理する
    (4) 内容を「大」・「中」・「小」で整理する
    (5) 展開を考える
    【参考①】イントロダクション ~つかみは大事!
    【参考②】締めくくり ~メッセージを印象づけるクロージング
講義
ワーク
  • 4. プレゼンテーション資料作成のコツ
    (1) 使用用途別に資料を作成する
    (2) 「最低の資料」にしないために
    (3) 資料作成のポイント
    (4) 資料をつかったプレゼンテーションのコツ
講義
ワーク
  • 5. プレゼンテーション成功のコツ
    (1) 練習あるのみ!
    (2) プレゼンテーションを失敗に導くもの
    (3) さらに成功に近づけるために ~チューニングを行う
    (4) 姿勢・態度・表情
    (5) 声について
    (6) 間(沈黙)のとり方
    (7) 話すスピード
    (8) 分かりやすい話し方のコツ
    (9) 相手への配慮を忘れない
講義
ワーク
  • 6.実践トレーニング
  • 7.まとめ
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からみた研修の様子

研修開始時点では自信がないと言っていた受講者も、最終プレゼンでは堂々とした実演を行い、他メンバーから多くの「良い点」フィードバックをもらえていました。
また、他者のプレゼンを見て「改善点」についてもフィードバックできるようになっており、プレゼンを見る眼が今回の研修で養えたと思います。

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

インソースの
サービス情報
配信中!

下記情報を無料でGET!!
無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ


配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 9,459
  • 内容をよく理解・理解
    • 96.8
  • 講師がとても良い・良い
    • 95.4

※2016年4月~2017年3月


関連研修
一般的な研修例
パワーポイントを使ったプレゼンテーション研修例
研修講師向けプレゼンテーション研修例
営業向けにセールストークを強化する
プレゼンテーション研修 成果につながる実践力強化編(1日間)
プレゼンテーションスキル向上研修 リーダー向け編(2日間)
セールスプレゼンテーション研修 BtoC編(1日間)

公開講座プレゼンテーション研修
関連研修テーマ
コミュニケーション研修
営業研修
講師・インストラクター養成研修
企画力研修
中堅社員研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー