若手育成~悩みと課題と期待することを踏まえた各年次別研修ラインナップ

毎年、新入社員研修は実施しているけれども、その後の若手育成は、現場任せになってしまっている・・・という組織は少なくありません。 インソースでは、組織の将来を担う人材の育成と、組織の生産性向上、イノベーションの実現のためにも、若手の育成を重要視しています。 また、各職場・現場で働く若手社員にとって、年次研修は同時期に入社した同期との横のつながりを感じることができる貴重な機会であり、 モチベーション向上や帰属意識の確認の場としても好評です。そこで、2年目から5年目まで各年次別に、オススメの研修ラインナップを揃えました。

若手社員向け研修

詳しく見る

若手育成について、これまでは新人研修以降の指導は現場のOJTに任せていた組織が多かったようですが、 労働力不足や働き方改革が謳われるようになった今、Off-JTを戦略的に活用する組織が増えています。インソースでは、 新卒社員が入社5年後には現場リーダーとして活躍できる人材になれるよう、各年次別に研修プログラムを取り揃えました。

2年目社員向け研修

詳しく見る

2年目社員は仕事の質を高め「プロ」としての自覚を持たせる大切な時期です。仕事の全体像を捉える視点を身につけ、 自分の業務だけでなく、前後の工程を意識した仕事の進め方を理解していることが必要です。

3年目社員向け研修

詳しく見る

3年目社員は、大きな役割変化のある難しい時期です。3年目までは自分の受け持った業務をきちんとこなすことが求められてきましたが、 3年目以降は、業務の中心核としてパフォーマンスを発揮していくことが追加して求められるようになります。 新人や後輩の指導にも携わり、徐々にリーダーとしての役割を果たし始める時期です。

4年目社員向け研修

詳しく見る

4年目社員は既存業務のあり方や進め方に疑問を持ち、クリティカルに業務の本質を見抜くことが求められる時期です。 同時に、指摘するだけでなく、業務の改善案を提言したり、実際に自ら業務改善に取り組んだりすることが求められます。

5年目社員向け研修

詳しく見る

いよいよ5年目は現場のリーダーです。チームを従えて、メンバーとともに業務をマネジメントし、成果を出していくことが求められます。 いかに迷い・ムダ・ムリがなくチームを動かしていけるかが問われてきます。 業務負荷やプレッシャーが重い時期でもありますが、将来の管理職候補としての成長が期待できる時期でもあります。

部下指導・部下育成向け研修

詳しく見る

若手の成長には、現場の管理職・リーダー・上司・先輩のサポートが欠かせません。現場で、どのように若手社員をビジネスパーソンとして成長させるのか、組織人材としてパフォーマンスを発揮させるのか。OJTやメンターを設けるのは勿論のこと、管理職や上司のコミュニケーション力、面談力、メンタル支援力などについても、インソースは研修ラインナップを取り揃えています。

離職防止を考える

詳しく見る

これからの社会で各組織が勝ち残っていくためには、採用を強化するのと同じくらいに、既存若手社員の早期戦力化と離職防止は経営層にとって重要な課題です。離職防止の要因は「労働時間」「人間関係」などじつにさまざまで、複数の要因が絡み合っている場合がほとんどです。さまざまな離職要因ごとに、ソリューションのための研修プログラムやサービスをご紹介します。

ゆとり世代強化研修

詳しく見る

いわゆる「ゆとり世代」と言われる、現代の20代社員。彼らに対して、「最近の若者は何を考えているかわからない」「自分たちのころとは常識が違う」といった戸惑いのお声を、人事や管理職のみなさまからよく伺います。しかしながら、「わからないから」と距離を置いておくのは実にもったいないことです。彼らに歩み寄り、理解し、戦力化していくためのポイントをお伝えします。


インソースの実績
  • 実施回数※1
  • 16,248
  • 受講者数※1
  • 386,382
  • お取引先数※2
  • 19,133
  • 内容評価※3
  • よく理解
    理解
  • 95.1%
  • 講師評価※3
  • とても良い
    良い
  • 94.2%

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる


キャンペーン情報
オンラインフィットネス、今なら月額2,700円(税込)がさらにお得!
STUDIO資格 無料お試しキャンペーン実施中!
テキスト印刷、早めのお申し込みで半額!