当研修の「ねらい」

■“考えて”動ける“自立した人材を育成する

OJTの目的は、現場で“考えて”動ける“自立した人材を育成することです。そのためには、組織の理念や風土を踏まえた「考え方の軸」(行動するための判断基準)をOJTトレーナーがしっかりと把握し、それを指導相手に理解させる必要があります。

■ケーススタディーで実践力を高める

本研修は、2日間かけて特に育成計画づくりをしっかりと学ぶ研修です。また、仕事の指示の仕方・ほめ方・叱り方等、具体的なOJTの進め方や、コーチングスキルを修得し、更にケーススタディーを通して実践力を高めていただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例(1日目/2日間)
内容
手法
  • 1.若手の立場になって考える
    (1)若手の頃に不安だったことは
    【ワーク】あなたが若手の頃に、「不安」だったことは?
    (2)不安のもとは不慣れな「仕事」と「人間関係」
講義
ワーク
  • 2.OJTとは何か
    (1)OJTとはOn the Job Training
    (2)「実務能力」を習得させる
    (3)「考え方の軸」を確立させる
    (4)OJTは「準備」、「継続」、「バランス」
    (5)Off‐JTも大切
    (6)OJTトレーナーの役割
    【ワーク】あなたがOJTトレーナーとして、組織から求められている役割とは?
    (7)OJTトレーナーに求められるもの
    ①組織としての方向性の理解
    ②自信に裏打ちされた強力なリーダーシップ
    ③覚悟と責任
    ④自己の再確認
講義
ワーク
  • 3.育成計画を立てる
    (1)育成方針を確認する
    【ワーク】あなたの組織の人材育成方針を確認する
    (2)ゴールを設定する
    【ワーク】あなたの部下へのOJTのゴールを3つ設定する
    (3)具体的なスキルを洗い出す
    【ワーク】設定したゴールごとに、必要な知識やスキルを洗い出し分類する
    (4)知識・スキルの習得方法を検討する
    【ワーク】前のワークで洗い出した知識・スキルの習得方法を考える
    (5)スケジュール化する
    【ワーク】部下の育成案をスケジュール化し、育成計画書にまとめる
講義
ワーク

研修プログラム例(2日目/2日間)
内容
手法
  • 4.OJTの進め方
    (1)指示の仕方
    ①まず仕事全体の流れを大まかに教える
    ②具体的な行動を指示する
    ③期待水準を伝える
    ④仕事の意味を教える
    (2)指示した内容を確認する
    ①指示した内容を口に出して確認させる
    ②答えを与えすぎない
    ③最後にもう一度質問がないか聞く
    (3)報告させる、相談を受ける
    【ワーク】上司への報告が後回しになってしまったことを思い出し、共有する
    (4)効果的なほめ方
    ①ほめ言葉が人を動かす
    ②ほめることの基本
    ③ほめるポイントの使い分け
    (5)「叱る」ということの理解
    【ワーク】自分が言われて「上手だな」と思った叱り方とは?
    (6)不平不満の受け止め方 ~まずはきちんと聞く
講義
ワーク
ロールプレイング
  • 5.指導方法の使い分け ~コーチングスキルとは
    (1)「ティーチング」と「コーチング」の違い
    (2)コーチングスキル① ~「傾聴」
    【ワーク】「聴く練習」のローププレイング
    (3)コーチングスキル② ~「質問」
    【ワーク】「質問する練習」のローププレイング
    (4)コーチングスキル③ ~「承認」
    【ワーク】職場の一人につき、その人のほめるところをできる限り洗い出す
ロールプレイング
  • 6.ケーススタディ
    ※OJTトレーナーが悩みとして感じるよくある場面について、対応方法を検討
    ※ケースは受講者に合わせて設定し、事前にご相談のうえ決定
    【ケース1】わがままな部下の場合
    【ケース2】部下が会社を辞めたいと言ってきた場合
    【ケース3】マネジメントする部下の人数が多い場合
    【ケース4】何度注意しても社会人らしい格好ができない場合
    【ケース5】指示・指導を理解しない場合
    【ケース6】整理整頓ができていない場合
    【ケース7】部下が自分で考えない場合
    【ケース8】部下に仕事を引き継ぐ場合
ケーススタディ
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

コメント

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

(※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください)

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 2月     21名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 部下の育成指導をすることによって自分も成長できるので、明日からでも活用しようと思います。
  • 「気づいていることでもやれていないこと」を理解し、「知っているようで分かっていないこと」に気づかされました。
  • 同年代の人たちとの研修で、皆同じような悩みや不安をかかえていることもわかった。

実施、実施対象
2014年 9月     18名
業種
自治体
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • とてもわかりやすい説明で、勉強になりました。グループワークも適度にあり、他の人の意見も聞けたので参考になりました。今後の業務や後輩指導に活かせることばかりでもっと時間をかけて教えてほしいと思いました。機会があればまた先生の話を聞きたいです。ありがとうございました。
  • 多様な体験談もまぜながら、2日間今までにない視点(人材育成)での講義とても興味深く受講することが出来ました。愛情と人間は変わるとの信念を持って真摯に仕事をなさっているお姿に同姓として憧れます!現実は業務の忙しさで、人材育成まで手が回っていませんが少しでも後輩の指導に役立てる様に頑張ります。
  • 事例を交えた説明、適度なグループワークなどバランスの良い研修でした。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください




本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 18,215
  • 内容をよく理解・理解
    • 97.1
  • 講師がとても良い・良い
    • 96.3

※2016年4月~2017年3月


関連OJT研修
一般的な研修例
OJT担当者の上司向け研修例
OJT研修のフォローアップ
OJT~振り返りワークショップ(1日間)
OJT~振り返りワークショップ(半日間)
ホテル業界向けOJT研修 現場で人材を育成する編(1日間)

公開講座OJT研修
関連研修テーマ
メンター研修
新入社員研修
現場育成力向上サービス

キャンペーン情報
オンラインフィットネス、今なら月額2,700円(税込)がさらにお得!
STUDIO資格 無料お試しキャンペーン実施中!
テキスト印刷、早めのお申し込みで半額!