人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

ビジネス基礎教科書・DVDパック10

ビジネス基礎教科書・DVDパック10

概要

インソースの新人研修テキストとビジネスマナー映像DVD教材のパックです。貴社で新人研修を行う際、テキストとビジネスマナー映像教材が10人分パックになっており、貴社の新人研修の教材準備が楽にできます。また、DVDはご購入いただきますと貴社内であれば何人でも閲覧できます。新人だけでなく、中堅社員も改めてビジネスの基礎を振り返るのに最適なパッケージになっております。


研修プログラム例

研修プログラム例 (所要時間:1日目/2日間)
内容
手法
  • 1.社会人としての考え方
    【ワーク①】学生と社会人の違いについて考える
    (1)働くということ
    (2)社会人はチームの一員として働く
    (3)チームプレーを発揮するための基礎
    【ワーク②】なぜ「基礎」が必要なのか考える
    【参考】組織で求められる人材とは
ワーク
講義
  • 2.社会人としてのルールの遵守① ~社会のルール
    (1)コンプライアンス(法令遵守)
    【ワーク】やってはいけないことをチェックする
    【参考】個人情報保護・ソーシャルメディア(SNS)の使い方
ワーク
講義
  • 3.社会人としてのルールの遵守② ~職場のルール
    【ワーク①】社会人として「気をつけるべきこと」「守るべきルール」を考える
    (1)出勤時のポイント
    (2)勤務中のポイント
    (3)外出・休憩時のポイント
    (4)退勤時のポイント
    (5)社外でのマナー
    (6)健康管理の徹底
    (7)休暇のとり方
    (8)遅刻しそうな時
    【ワーク②】健康管理するためには、具体的にどのような行動が必要か考える
ワーク
講義
  • 4.ビジネスマナー① ~社会人としての基本動作
    (1)第一印象の重要性
    (2)身だしなみ ~「ふさわしい」身だしなみを確認する 
    【ワーク】学生と社会人(ビジネス)における服装の違いを考える
    【参考】クールビズの身だしなみ・世間一般のクールビズの実態
    (3)表情・態度
    (4)社会人の基本~あいさつ
    (5)お辞儀の種類とポイント
 ワーク
講義
  • .ビジネスマナー② ~言葉遣い・敬語
    (1)社会人に求められる言葉遣い
    【ワーク①】不自然・不適切と感じる言葉遣いに下線を引く
    (2)言葉遣いの基本
    【ワーク②】声に出して練習
ワーク
講義

研修プログラム例 (所要時間:2日目/2日間)
内容
手法
  • 6.ビジネスマナー③ ~電話応対
    (1)電話応対の3つの鉄則 ~会社の顔として、相手に配慮する
    (2)電話応対の基本フロー
    (3)電話の応対の基本 ~受け方・取次ぎ方
    (4)担当部署が違う電話の応対
    (5)ビジネス電話でよく使われる表現
    (6)電話のかけ方
    【ワーク】こんなときどうする?
ワーク
講義
  • 7.ビジネスマナー④~訪問時のマナー
    (1)訪問の基本マナー (2)席次 (3)名刺交換
    【ロールプレイ】名刺交換
ワーク
講義
  • 8.ビジネスマナー⑤~来客応対のマナー
    (1)来客応対の基本姿勢
    (2)来客応対の基本マナー
    (3)ご案内の仕方
    (4)お見送りの際の気配り
    【ロールプレイ】来客応対(挨拶、誘導、名刺交換)
    【参考】お茶出しの基本マナー
ワーク
講義
  • 9.チームに貢献する仕事の進め方
    (1)新人の仕事の進め方
    (2)仕事の依頼を受ける
    【ワーク】メモ取り
    (3)計画を立てる
    (4)判断軸~仕事の5要素「QCDRS」
    【ケーススタディ】「QCDRS」をふまえて仕事の計画を立てる
    (5)コストを意識する
    (6)仕事を始める
    (7)中間報告
    (8)報告・連絡・相談とは
    (9)終了報告前のチェック
    (10)終了報告
    【ワーク】提出資料のチェック
    【参考】タイムマネジメント
ワーク
講義
  • 10.報告演習
ワーク
  • 11.まとめ
    【ワーク】「私の行動目標シート」作成・宣言
ワーク
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者様の負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ



インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。