人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

地方創生「DMO」

地方創生「DMO」

地方創生の柱 DMO/観光地経営とは

地域経済を活性化していく取組みとしてDMO(Destination Management Organization)が注目されています。DMOは、地域の様々な観光資源に精通し、包括的に地域の観光戦略を立案しながら、地域の様々なステークホルダーと協同して観光地作りを行う法人のことを指します。 これまで観光協会やコンベンション協会が担っていた相互補完、共助的な役割に加え、地域の稼ぐ力を高めるための戦略・事業計画立案を担うなど、包括的に観光地作りをリードすることが期待されています。国(観光庁)が認定・登録する日本版DMOは、平成29年1月20日現在で、123件に上っており、新規に法人登録を検討されている地域も増加し続けています。

DMO = 地域の観光づくりを行う法人

観光戦略の立案

観光戦略の立案

観光資源に精通

様々な観光資源に精通

地域のステークホルダーと協働

地域のステークホルダーと協働

観光地経営の担い手に求められるもの~高度なビジネススキルが必要

DMOの目的は、地域の観光入込み客数と一人あたりの観光消費を持続的に増やすことで、地域の稼ぐ力を高めることです。この目的を達成するためには、DMO(あるいはDMOの担い手)には、地域の観光資源に精通していること、地域の観光業の担い手と密につながり連携できることに加えて、高度なビジネススキルが求められます。

DMOの求めるスキル

人づくりをおろそかにすると形ばかりのDMO法人設立になる

DMOそのものは、地域の稼ぐ力を高めるための手段であり、法人登録そのものが目的ではありません。重要なのは、上記のような観光地経営を担う人材がいる、あるいは、育成していけるかどうか、です。 すでに担い手がいる/育てていけるのであれば、無理にDMOを設置する必要もないかもしれません。実際にDMO設立を検討した結果、既存の観光協会がその役目を担うこととなった地域もあります。
観光地経営に求められる役割すべてを一手に担う人を育てていくことが容易ではありません。初期段階では、経験豊富な地域の外からコンサルタントやアドバイザーを招き、その力を利用することも必要です。しかし、外部の人材の力を借り続けるには、それ相応の予算が必要です。また、いつまでも外部の力頼りでは、地域に稼ぐ力が根づきません。
だからこそ、持続可能な地域の稼ぐ力の向上を実現するためには、人づくりこそが重要であると私たちは考えています。

インソースグループがご支援!
人づくりからはじめるDMO設立/観光地経営支援

インソースグループは、様々な地域のDMO設立/観光地経営を人づくりという観点からご支援しています。

アイコンインソースグループのDMO設立/観光地経営支援が選ばれる理由

プランナー

プランナー

地域活性・地方創生・観光経営に精通したプランナーが地域の現状に合った担い手育成プログラムを設計します。

実績

実績

国内大手企業やグローバル企業を相手に、経営戦略、マーケティング、イノベーション(事業創造)などの研修を多数実施してきた豊富かつ実績ある教育プログラムをもとに、高品質な研修をご提供します。

講師陣

講師陣

観光地経営、DMOアドバイザリー、地域プロデューサーなど、地域の稼ぐ力向上に携わってきた経験豊富な講師陣が指導にあたりますので、具体的でわかりやすく実践的な研修がご提供可能です。

ソリューション・ラインナップ

サブアイコンDMO設立/観光地経営支援コンサルティング

DMO法人の設立準備にあたって、地域の現状調査、環境分析、戦略策定をエビデンスに基づいて行いながら、地域におけるDMOの意義・役割を明確化したDMO設立基本方針(計画書)を策定します。また、ワークショップ形式で地域の皆さまにご参加いただきながら、基本方針を策定していくことで、DMOの担い手となる人材とコミュニティを育てていきます。


お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。