新人フォロー研修 会社の数字を知る編(1日間)

3042新人フォロー研修 会社の数字を知る編(1日間)

17/08/14 更新


当研修の「ねらい」

本研修は、新入社員の方を対象に、会社の存続・成長における利益の重要性を理解し、個人レベルで利益創出のために有効な判断軸を習得していただくことを目的としています。

まずは、経営の基本となる、「売上・コスト・利益」の関係性を学び、さらに演習を通して「自身の人件費を算出する」など、具体的に個人の貢献感と責任感を想起させることで、仕事への意欲向上を図ります。
さらに、仕入れから入金までの一連の流れを学び、その中で考えられるリスクを知ることで会社の数字を意識して働くことを身につけていただきます。


研修プログラム例

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.はじめに
    (1)【ワーク】会社に関わっている利害関係者について考える
    (2)【ワーク】会社において利益を上げることがなぜ大切なのかを考える
ワーク
  • 2.会社とは?
    (1)会社にとって利益とは
    (2)利益は何から生まれるのか
    (3)会社の業務はすべて、数字(定量化)で考えよう
講義
  • 3.「売上」・「費用(コスト)」・「利益」について考える
    (1)売上・費用(コスト)・利益の構造
    (2)売上とは何か
    (3)費用(コスト)とは何か
    【ワーク】製造原価を下げるためにはどんな工夫があるか考える
    (4)固定費と変動費
    (5)企業における人件費を考える
    【ワーク】自分の人件費を算出する
講義
ワーク
  • 4.数字の判断軸を持とう
    (1)人時生産性
    (2)人時生産性の高め方
    【ワーク】残業が人時生産性に与える影響を考える
    (3)投下資本利益率(ROI:Return on Investment)
    【ワーク】出張をまかなうために必要となる売上高を計算する
講義
ワーク
  • 5.企業活動の基本
    (1)仕入の流れ
    (2)生産の流れ
    (3)在庫の管理
    【ワーク】在庫が過剰/過少な場合のリスクを考える
    (4)販売活動と伝票の流れ
    (5)取引条件について
    (6)取引サイトとは
    【ワーク】支払い条件をもとに、入金日を考える
    【参考①】財務諸表の基本
    【参考②】企業取引で使用される伝票例
講義
ワーク
  • 6.総合演習
    【ワーク】コストダウン、取引条件、在庫管理が資金繰りに与える影響を考える
ワーク
  • 7.まとめ
  • ・この研修カリキュラムはあくまで一例です。お客さまの課題・お悩みに応じて柔軟にカスタマイズ可能です
  • ・研修効果を高め定着化を促進する「研修呼び覚まシステム」や研修担当者さまの負担を減らし効率向上を支援する「研修管理サービス」もございます

ご相談やお見積りはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:http://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

講師からみた研修の様子

これまで馴染みの薄い「会社の数字」研修でしたが、本研修で苦手意識が払拭できたという嬉しい声を多く聴くことができました。
自身の生産性を考え、数字で表現することを演習やグループワークを通じて理解いただきました。
特にROIについては「それだけ自分たちに投資をされている」という認識を持っていただけたようです。

実績と受講者の声

実施、実施対象
2016年 4月     13名
業種
製造業(素材・化学)
評価
内容:大変理解できた・理解できた
92.3%
講師:大変良かった・良かった
84.6%
参加者の声
  • 売り上げに対して人件費が大きいと、ROIが大きく負に傾くことがわかったため、人件費に対して売り上げを大きくするように貢献したい。また、コスト面について可能な限りカットできるよう、省エネや少残業を心がけたいです。
  • 本格的に業務が始まる前に、財務上の数字の見方を学ぶことができ、自信になりました。本日の研修、誠にありがとうございました。
  • 人時生産性やROIを意識して、時間や出費に対して、ムダではないかを見極めて仕事をしたいです。
  • 利益やコストなど、数字を意識することで仕事への取り組み方も変えていく必要があると思うので意識していこうと思います。


※研修・サービスに関するご相談やお見積りはお気軽にお問合せください

関連の研修を探す


インソースがご提案する「これまでと違う」サービス

Another インソース

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。



本研修の評価
  • 年間総受講者数
    • 5,811
  • 内容をよく理解・理解
    • 98.2
  • 講師がとても良い・良い
    • 96.7

※2016年4月~2017年3月


関連研修プログラム
入社半年後の新人のよくある課題を1つずつ解決する1日間の研修
新入社員でもリーダーシップを発揮できるよう問題解決力を身に付ける編
新人フォロー研修 営業の常識を知る編(1日間)
新人フォロー研修 自己解決力向上編(2日間)
ビジネスゲーム研修 仕事をポジティブに捉える編(1日間)

公開講座新人フォロー研修

関連研修
OJT研修
内定者研修
新人フォロー研修

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 16,248
  • 企業内研修
  • 11,123回
  • 公開講座
  • 4,997回
  • お取引先数※2
    • 19,133
  • 受講者数※1
    • 38.6万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

※1 2016年4月~2017年3月

※2 2003年6月から2017年3月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年4月~2017年3月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー