人材育成・研修をご検討の皆様へ       大企業の研修       成長企業の研修       外資系企業の研修       官公庁・地方自治体の研修        サイトマップ

新人のためのビジネス基礎研修

新人のためのビジネス基礎研修
14/03/14 更新


実績 ラインナップ 研修の進め方 講師について お問い合わせ

講師派遣型

1名様から受講できる公開講座

新着情報

研修の目的・特徴

研修では、「名刺交換」や「訪問・来客時の応対」などのビジネスマナーとともに、「電話応対」や「ホウ(報告)・レン(連絡)・ソウ(相談)」 といったコミュニケーションや仕事の段取りに関わる内容も解説いたします。

また、マナー研修は、誰がやっても同じ内容だと考えられがちですが、例えば、インソースの場合は、名刺交換のマナーとして、 「いかに美しく渡すか」よりは、「相手より先に渡すこと」を重視しています。これは、特に営業の現場などでは、お客様に「きれいに」名刺を渡すより「いかに早く先に」渡すかが勝負になってくるからです。

これはほんの一例ですが・・・ インソースのマナー研修は、常識力とともに、本当にビジネスの現場で必要とされる内容をしっかりと身につけていただくことに主眼をおいています。

新人のためのビジネス基礎研修は、以下のとおり、4つのカテゴリーがあります。 御社の新入社員に特に身に付けさせたいスキルに合った研修をお選びください。

(1)ビジネス基礎研修 ~マナー・コミュニケーション

入社間もない新人にまず期待されるのは、学生から「社会人・組織人」への意識変革を遂げることです。 また、現場では、新人の方が、社会人として必要な挨拶、名刺交換、電話応対などのビジネスマナーの知識や基本動作を体得して、いち早く「安心」「信頼」できる人材に成長することが求められています。さらに、『ホウ・レン・ソウ』や命令・指示の受け方などの仕事の進め方やビジネスコミュニケーションの内容も含んでいます。 インソースの研修では、本当にビジネスの現場で必要とされる、ビジネスマナーを身に付けていただき、すぐに現場で"動ける"人材の育成を目指します。

(2)ビジネス基礎研修 ~マナー・コミュニケーション・ビジネス文書(ビジネスEメール)

学生から「社会人・組織人」への意識変革 ・挨拶、名刺交換、電話応対などのビジネスマナーの知識や基本動作を体得 ・『ホウ・レン・ソウ』や命令・指示の受け方 上記の内容に加え、「一文は40字前後の簡潔で要領を得た文書にする」 「誰から誰へ、何のために送るのかを明確に」などを意識しながら 文章を書く鍛錬をします。 具体的には、2000字程度のプレスリリースの文章を200字・50字に要約する演習や、 Eメール、報告書、議事録の作成を行います。 "マナー""コミュニケーション""文書"に関する必要最低限の内容をコンパクトにまとめた研修です。

(3)ビジネス基礎研修 ~【派遣社員向け】マナー・コミュニケーション

さまざまな職場へ派遣されて働く派遣社員の方々にとっては、 派遣先の会社に合わせて覚えるべきルールが変わってきます。 どのような職場においても共通の規範となるのが「ビジネスマナー」です。 しかし、一般企業の新入社員にはきちんと教育されるビジネスマナーも、派遣社員の方にとっては学ぶ機会が少ないのも事実です。 派遣先の職場で困らないために、この研修で「社会人・組織人」として最低限身につけるべきビジネスマナーの基礎知識の習得と、立ち居振る舞い等の基本動作の体得を目指していただきます。

(4)ビジネス基礎研修 ~目的別

ビジネスコミュニケーションのツールとして頻繁に使用するE-メールの書き方のみを重点的に習得させたい。接遇や電話応対のレベルだけを上げたい。ビジネスマインドの醸成から研修をして欲しいなど、さまざまな要件が考えられます。ぜひ、目的にあった研修をお選びください。

豊富な実績

受講者の評価

評価
内容:大変理解できた・理解できた
88.5%
講師:大変良かった・良かった
88.4%
総受講者数
8496名
参加者の声
  • 改めて基本を教えて頂いたので、自分の営業姿勢がマナーから外れている事に、気づく事ができた。修正できる所は、今からでも変えていきたい。
  • マナーは人間関係を築く上でとても重要となると感じた。マナーは相手に不快な思いをさせないよう、相手にどういった印象を与えてしまうのかということを考えることに意味があるように思った。看護を行う上でも、日常生活においても常にマナーは大切であり、相手への思いやりを持ってコミュニケーションをとるように心がけたい。今回学んだことを今後に活かしていきたいと感じた。
  • 普段、周りから見られているという意識が足りなかったので、それを意識できました。前回の研修から忘れていたことも多く、見直す良い機会になりました。
  • 基本となるビジネスマナーを身に付けたいと目標に決めました。本日の講義で色々なことを想定した対応の仕方などとても勉強になりました。名刺交換は初めてでしたので、まだぎこちないですが、完璧になるように頑張ります。
  • これから社会人として必要となる基本的な行動や態度を身に付けていきたいと思いました。これらの学びを行動かし、充実した社会人となれるように頑張っていきたいと感じます。1つ1つの説明がとてもわかりやすかったです。

実施実績(一部)

実施日実施先研修名
2010年3月教育・大学新入社員研修
2010年3月教育・大学新入社員研修
2010年2月医療内定者研修
2010年2月医療 CS・接遇講演会
2009年11月教育・大学 ビジネスマナー研修
2009年10月自治体接遇研修
2009年10月独立行政法人ビジネス基礎研修
2009年7月自治体新規採用職員接遇研修
2009年6月IT系企業入社1年目社員研修(マナーフォロー)
2009年5月教育・大学新入社員研修
2009年5月IT系企業ビジネス基礎研修
2009年5月その他官公庁マナー・接遇研修
2009年5月自治体新規採用職員研修
2009年5月自治体新規採用職員研修
2009年5月自治体新規採用職員研修
2009年5月自治体新規採用職員研修
2009年4月その他官公庁マナー・接遇研修
2009年4月金融業新入社員研修
2009年4月その他官公庁マナー・接遇研修
2009年4月その他官公庁マナー・接遇研修

研修の進め方

研修は以下の流れで進行します。

研修ラインナップ

【基本テーマ別】


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ

新人研修の実績
  • 2013年度総受講者数
    • 30,129名以上
  • 内容をよく理解・理解
    • 96.9
  • 講師がとても良い・良い
    • 96.0

※平成25年4月~平成25年8月


新人研修お得情報

新人研修にものづくり研修ご提案書プレゼント!

新作「ものづくり研修」のご提案書を無料でお送りさせていただきます!自律的な新人育成に、「ものづくり」は有効な手法です!

→詳細な内容とお申込みはこちら


関連研修プログラム
1名から参加できる公開講座の新人研修
1名からでも参加可能。ITスキル、ビジネススキル両方身につく公開講座の新人IT研修
基本的な新人研修2日間プログラム
新人研修に必須のビジネス文書研修
業務シミュレーション研修 ~ヒアリングからプレゼンまで編(2日間)
2014年最新の新入社員研修 ~病院向け編(2日間)
2014年最新の新入社員研修 ~大学向け編(2日間)

公開講座新入社員研修

関連研修
OJT研修
内定者研修
新人フォロー研修

階層別研修ラインナップ
上級管理職研修
管理職アセスメントプログラム
部門経営者育成研修
中級管理職研修
初級管理職研修
女性管理職研修
中堅社員研修
若年層向け研修
新入社員フォロー研修
新入社員研修
内定者向け研修

人気テーマ別研修
ビジネス文書研修
クレーム対応研修
CS・接遇研修
プレゼンテーション研修
OJT研修
リーダーシップ研修
評価者・考課者研修
営業力強化研修
電話応対研修

インソースの年間実績
  • 実施回数
    • 9,715
  • 企業内研修
  • 8,275回
  • 公開講座
  • 1,440回
  • お取引社数
    • 8,368
  • 受講者数
    • 27万
  • 内容評価
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価
  • 大変良かった
    良かった

※平成25年4月~平成26年3月

 

研修実績をもっとみる


インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

今注目の
研修ランキング
  1. クレーム対応研修
  2. 現場リーダー研修
  3. プレゼンテーション研修
  4. コミュニケーション向上
  5. 部下指導・OJT研修

2014年8月1日更新

詳しくはこちら

研修カレンダー
インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いについてに同意の上、こちらにメールアドレスをご入力し、「登録」ボタンを押してください。