玉川大学TAPセンターについて

本センターは玉川大学・玉川学園が教育の礎としている全人教育を時代のニーズに合わせ、その実践を担う施設として平成12年4月に全人教育研究所の実践センターとして創設され、そして平成15年4月より学術研究所の一つのセンターとして実践と研究を両立する施設を経て、平成27年4月より新たに玉川大学TAPセンターになりました。
活動の中心は、学校教育・社会教育の中で人間関係と学習環境等について体験学習法を用いた多様なプログラムを提供することです。

私たちは、日本において比較的新しいアドベンチャー教育の理念と実践法に基づき、人と人が関わり学ぶ場において、お互いの成長を促すコミュニケーションスキル、信頼関係、共感力などの社会的な力と、個人の内面的な力を高め、そしてその力が発揮される環境を創る人を支援できるリーダーを育成しています。

(新人・若手向け)「アドベンチャーセミナー」
~Tamagawa Adventure Programの詳細はこちらへ

(管理職・中堅向け)「クリエイティブ・リーダーシップ」
~Tamagawa Adventure Programの詳細はこちらへ

TAP(Tamagawa Adventure Program)センターとは

アドベンチャー教育の哲学・手法を取り入れて、玉川の全人教育と統合した体験学習プログラムを言います。
アドベンチャー教育とは、教育哲学者Kurt Hahn(クルト・ハーン) が提唱し、世界中で実践されている人間教育を目指した教育です。TAPは、 Outward Bound(OB:アウトワードバウンド)を元に学校教育のために開発されたProject Adventure, Inc(PA:プロジェクトアドベンチャー) の手法を取り入れて作られたプログラムです。アメリカにはPAを始め、体験教育を普及・実践している団体が多数あり、その中の多くがAssociation for Experiential Education(AEE:体験教育学会) に所属し、独自の教育ネットワークを持っています。
玉川学園は2005年に、国際規模の私立学校連盟「Round Square」に日本初のメンバー校として認定されました。毎年高校生がグローバル教育に参加し、世界各国の高校生との国際交流を行っています。Round Square(ラウンドスクエア)の6つの柱には、国際性、民主主義、環境、アドベンチャー、リーダーシップ、奉仕があります。

TAPは、このような世界中で行われているアドベンチャー教育を基盤に、玉川の教育に貢献しています。

※玉川大学TAPセンター ホームページより

【ローチャレンジコース】、
【ハイチャレンジコース】について

ローチャレンジコースとは野外や室内に作られた低いロープスコースを利用します。地上30cmから1m位の高さに張られたロープや丸太などを使い、グループで課題を解決します。

ハイチャレンジコースとは野外に地上7mから12mの高さに作られています。このチャレンジ活動によって、協力、協働、共感、コミュニケーションを促進し、個人とグループの目標を達成します。

チャレンジコース /アクティビティの 一 例

イメージ図

写真解説

・パンパーポール(ハイチャレンジコース)
チャレンジへのモチベーションを高めることが基本です。

・ダングルデュオ(ハイチャレンジコース)
目標達成に向けては、パラダイムの転換が求められます。

・マルチバイントラバース(ローチャレンジコース)
この場面では、協力、協働、リーダーシップが試されます。

・テンショントラバース(ローチャレンジコース)
個人のチャレンジは、仲間にサポートされて最大限の力を発揮します。

・パンパーポール(ハイチャレンジコース)
支える他者があってこそ自力で成し遂げる事が可能になります。

・クライミングウォール(ハイチャレンジコース)
高さ12mのウォールに挑戦する真髄は、個人の意思決定力と判断力を養うことです。

お問い合わせ方法

プログラムをご検討の方は、お問い合わせ内容ご記入欄に
「玉川大学 アドベンチャープログラム」とご記入の上お問い合わせください。

お問い合わせフォームへ

※玉川大学TAPセンター リーフレットより

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください


今月のピックアップテーマ

※上記受講者数は2016年4月~2017年3月の数値です。

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。