loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

プレゼンテーション研修~猛特訓で自信を深める(2日間)

プレゼンテーション研修~猛特訓で自信を深める(2日間)

プレゼンテーションの実践→フィードバック→練り直し、を繰り返すことで、徹底的にプレゼンスキルを磨き上げる

研修No.1200009

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 若手層
  • リーダー層
  • 中堅層
  • ・相手に伝わる、わかりやすい話し方を習得したい方
  • ・お客さまや上司に対して、短時間で分かりやすい説明を行う機会が多い方

研修内容・特徴outline・feature

プレゼンテーションスキルを高めるためには、実践的な特訓が最も効果的です。プレゼンテーション技術の基本を理解したうえで、自分がプレゼンするテーマを題材にした徹底的な練習を本研修の中で行っていただきます。集中コースでは自分のプレゼン資料を持ち込んでの練習も可能ですので、この機会に徹底的に鍛えましょう。

研修プログラム例program

研修プログラム例(1日目)
  内容 手法
  • 1.はじめに
    【ワーク】講師の指示に従い、プレゼンテーションをしてみる(ビデオ撮影)
ワーク
  • 2.よいプレゼンテーションとは何か
    【ワーク】これまでに行ったプレゼンテーションの中で、「あまり上手くいかなかった」と感じている事例を理由とあわせてグループで共有する
    (1)プレゼンを成功させるために意識すべきこととは
    (2)プレゼンをレベルアップさせる4項目
講義
ワーク
  • 3.プレゼンテーションの目的を明確にする
    (1)プレゼンテーションを行う目的
    【ワーク】普段行うプレゼンテーションの例を一つ挙げ、その目的を改めて考える
    (2)目的から逆算して聞き手の心理を考える
    【ワーク】プレゼンテーションの中で、聞き手に抱かせたい心理とその流れ、抱かせてはいけない心理を考える
    (3)目的を果たすためにコントロールするべきもの
講義
ワーク
  • 4.ゴールにつながる構成を考える
    (1)「分かりやすさ」とは「シンプルさ」
    (2)最も聞き手に伝えたいメッセージから考える
    (3)メッセージを支える情報を洗い出す
    (4)伝える内容を整理する① ~ストーリーにする
    (5)伝える内容を整理する② ~大・中・小で階層化する
    (6)話の展開を考える
    【ワーク】3つテーマの中から1つを選択し、「SDS」「PREP」「DESC」の3つの手法のいずれかを選んで話を展開する
講義
ワーク
  • 5.聞き手視点での効果を軸に資料を作成する
    (1)効果的にスピーチを"補助"するために
    (2)使用用途別に資料を作成する
    (3)資料作成のポイント
    (4)資料をつかったプレゼンテーションのコツ
    【ワーク】これまでに作ったプレゼンテーション資料を振り返り、改善点を3つ挙げる
講義
ワーク
  • 6.実践フィードバック
    【ワーク】普段、自分がよく行うテーマについて、3分程度のプレゼンテーションを行う。それをビデオで撮影し、他の受講者や講師と一緒に確認し、課題を明確にする
ワーク
研修プログラム例(2日目)
  内容 手法
  • 1.実践演習①
    【ワーク】昨日のフィードバックを踏まえて、プレゼンを行う。プレゼン後は、他の受講者からのフィードバックをもらう
ワーク
  • 2.実践演習②
    【ワーク】講師から与えられたテーマで、即興プレゼンの練習をする
     パターン1:2分間  パターン2:30秒
ワーク
  • 3.当日の展開を想定した練習をする
    (1)プレゼンテーションを失敗に導くもの
    (2)効果的なリハーサルの進め方
    (3)「つかみ」を効果的に使う
    (4)質問の投げかけで場を活性化させる
    (5)こんなときはどうする?
    【ワーク】過去に経験した冷や汗が出るようなトラブル事例を共有し対処法を考える
講義
ワーク
  • 4.最終演習の準備
    【ワーク】これまでの練習/フィードバック内容を踏まえて、本番を想定した準備を行う
ワーク
  • 5.最終演習②
    【ワーク】2日間の総決算として、本番のつもりでプレゼンをテーションを行う。他の受講者は、聞き手役として、質問も行う
ワーク
  • 6.講評・まとめ

スケジュール・お申込みschedule・application

【新型コロナウイルス感染症への対策について】 (更新日:2020年8月5日)
セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

注意点お申込み時の注意点 →お申込みから研修当日までの流れ

  • ・同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • ・お申込みの状況により、開催日程をHPから削除させていただくことがあります

お気軽にご相談ください

お電話での
お問合せ

0120-800-225

メールでの
お問合せ

研修リクエスト
のお問合せ

受講をご検討いただいている研修テーマで、日程がないとお困りの場合は「研修リクエスト」のサービスをご活用ください。お客さまのご希望の日程、内容、会場で公開講座を追加開催するサービスです。

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
98.5
講師がとても良い・良い
97.0

※2019年4月~2020年3月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
75,654
開催数※1
9,618
講座数※2
2,743
WEBinsource
ご利用社数※2
12,642

※1 2019年4月~2020年3月

※2 2020年3月末時点

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧

メールマガジンのご登録


感染症対策実施について
(更新日:2020年8月5日)

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


今週のPickUp


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修