loading...

検索結果 {{searchResultList.length + '件'}}

仮説構築力向上研修

仮説構築力向上研修

ソリューション提案や課題解決など業務のあらゆるシーンで必要とされる仮説の構築・検証ができるようになる

研修No.2200066

本研修は、オンラインでも実施可能です。日程がない場合はお気軽にご相談ください

対象者

  • 中堅層
  • リーダー層
  • 管理職層

・仮説思考力を身につけ、仕事の効率や質を高めたい方
・自分のこれまでの仕事の仕方や考え方などを改めて見直したい方
・出来るだけ短時間で正しい解にたどり着きたい方

よくあるお悩み・ニーズ

  • 何が正解かわからず迷ってしまう
  • 考えすぎて行動に移せない
  • いったん考え出した解が正しいかどうか悩んでしまう

研修内容・特徴outline・feature

ビジネスにおいて、最も重視されるべき価値観として、「スピード」と「効率」があげられます。競争環境の中で生き残るためには、できるだけ早く、また、できるだけ無駄のない方法で「解」や「結果」に到達することが不可欠です。

本研修では、スピーディかつ効率的に結果を出すための方法として、先に“あたり”をつけてその正誤を確かめる、という「仮説思考力」を習得します。具体的には、以下の3つのポイントを中心に学んでいただきます。

①仮説力を磨く思考習慣
~常に原因と結果の関係で捉える/視点を変えて考えてみる
②仮説構築の仕方
~帰納法で考える/トレンド思考で未来を考える/フェルミ推定(限られた情報で妥当性の高い推定値を得る)
③仮説検証の仕方
~限定質問と拡大質問/ロジックツリーを活用する/PDCAサイクル

到達目標goal

  • ①原因と結果の関係で捉える、視点を変えるなどの仮説思考を定着化させる思考習慣ができる
  • ②帰納法、トレンド思考、フェルミ推定を使って仮説構築ができる
  • ③限定質問と拡大質問、ロジックツリー、PDCAサイクルで仮説検証ができる

研修プログラムprogram

  内容 手法
  • 1. なぜ仮説思考が求められるのか
    【ワーク】担当業務において、「仮説」を立てて仕事をする場面を挙げる
    (1)ビジネスに求められる「スピード」と「効率」
    (2)求められるのは「実用範囲の精度」
    (3)仮説思考はトライアル&エラーの繰り返し
講義
ワーク
  • 2. 仮説思考に不可欠な「経験」の蓄積
    (1)「直感」で仮説を立て、「論理」で検証する
    (2)直感とは過去の経験の瞬間検索
    (3)経験則の応用力が仮説構築力
    (4)感情を伴いながら経験を重ねることが大事
    【ワーク】自分の中で「パターン」として定着している仮説を共有する
講義
ワーク
  • 3. 仮説力を磨く思考習慣① ~常に「なぜ?」を考える
    (1)常に原因と結果の関係で捉える
    (2)目的意識の強さが「なぜ」を生む
講義
  • 4. 仮説力を磨く思考習慣② ~視点を変える
    (1)いつもの自分と違う見方をする
    (2)視点を変える3つのパターン
    (3)ディスカッションでひらめきを呼び込む
    【ワーク】事例を読んで、様々な視点からその理由の仮説を立てる
講義
ワーク
  • 5. 仮説を構築する① ~帰納的思考
    (1)仮説思考で活躍する論理展開手法
    (2)帰納法を使って「経験」から「経験則」を導き出す
講義
ワーク
  • 6. 仮説を構築する② ~トレンド思考
    (1)過去の延長上に未来を予測する
    (2)いち早くトレンドを見つけるためのデータ分析
    【参考】データ分析のための三原則
    【ワーク】グラフを分析して、数値の仮説を立てる
講義
ワーク
  • 7. 仮説を構築する③ ~フェルミ推定
    (1)今ある情報だけで推定値を捻り出す
    (2)フェルミ推定のステップ
    【ワーク】フェルミ推定を用いて、数値の仮説を立てる
講義
ワーク
  • 8. 仮説構築ケーススタディ
ワーク
  • 9. 仮説を検証する① ~限定質問と拡大質問
    (1)何が言えれば仮説を裏付けられるか
    (2)可能性を限定質問で絞り込む
    (3)絞り込まれた範囲の中で拡大質問をする
講義
ワーク
  • 10. 仮説を検証する② ~ロジックツリーの活用
    (1)否定すべき他の説を列挙する
    (2)原因追究型のロジックツリー
    (3)確認事項をチェックリスト化する
    (4)YES/NOチャートにすることで仮説検証を自動化する
講義
  • 11.仮説を検証する③ ~PDCAサイクル
    (1)仮説検証サイクル=PDCAサイクル
    (2)「小さく」「早く」「何回も」がポイント
講義
  • 12.仮説検証ケーススタディ
ワーク

企画者コメントcomment

新しいものを創り出すことや、業務改善のために新たな発想を生み出すことが求められるとき、効率的に""仮説""が構築できるか、また、その仮説を検証できるかどうかが大切になります。 そこで、実用性のある思考ツールやフレームワークを用いながら、ベースとなる思考習慣を身につけられる研修を開発しました。ビジネス経験を積まれた中堅クラス以上の方に特におすすめしたい研修です。

スケジュール・お申込みschedule・application

注意事項

  • 同業の方のご参加はご遠慮いただいております
  • 会場やお申込み状況により、事前告知なく日程を削除させていただくことがあります

事前のご案内

オンライン開催

【オンライン講座ご受講にあたって】

研修開始20分前から接続可能です。研修開始10分前までにマイク/スピーカーの動作確認をしていただき、研修開始までお待ちください。その他、受講時のお願い事項について詳細はこちらのページをご覧ください。

セミナールーム開催

【新型コロナウイルス感染症への対策について】

セミナールーム開催の場合、受講者さまの安全確保のために、定員半減、ビニールシールド設置、会場消毒など「8つの感染症対策」を実施しております。詳細はこちらのページをご覧ください。

受講者の評価evaluation

本テーマの評価

内容:大変理解できた・理解できた

98.4%

講師:大変良かった・良かった

95.4%

※2020年10月~2021年9月

実施、実施対象
2022年5月     6名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • 様々な業界のコンサルティング、カスタマーサクセス業務を担当しているので、学んだ仮説構築の手法をお客様と今後の戦略を考える際に活用します。
  • 仮説を立てることは営業の基本スキルですが、今後は仮説の量と質をもっと重視していきます。視点を変える様々方法も参考になりました。
  • 仮説の立て方、検証の大切さを理解できたので有益でした。わかりやすく短く説明する練習を積み重ねて、スピードと正確性をあげます。
  • 視点を変える3つのパターンを意識して、精度の高い仮説を立てるようにします。帰納的思考とフェルミ推定を使って仮説を構築します。

実施、実施対象
2022年3月     10名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
80%
参加者の声
  • 経験の浅い人でも網羅的に仮説を立てられるようになるためには、先輩からの指導や伝承が不可欠だと感じました。自身の成長だけでなく、後輩の育成にも取り入れます。
  • 仮説の立て方・検証方法・精度の高め方が参考になりました。仮説思考を磨き、エリアプラン作成や施設攻略に活かします。
  • 学んだ思考法を活用して、得意先への新商品の提案や社内での成功事例の水平展開に取り組みます。
  • 組織における新しい課題を発見するため、帰納法・演繹法といった思考法を仮説構築の手がかりとして活用します。

実施、実施対象
2022年3月     16名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
100%
参加者の声
  • ケーススタディでは新たな発見や過去の知識の再認識ができました。自社でも部署を混合してディスカッションし、物事を多角的に見る練習をします。
  • 普段の業務で何気なく立てている仮説ですが、今まで使っていなかった推定方法を学べました。お客様からの故障に関する問い合わせ対応や新規提案を考える際に活用します。
  • 小さなPDCAを回して仮説を検証します。

実施、実施対象
2022年1月     8名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
87.5%
講師:大変良かった・良かった
87.5%
参加者の声
  • 短期、中期、長期的に仮説を立てPDCAサイクルを回す必要があると分かりました。経験があるがゆえに偏りや凝り固まった思考になりがちなため、データの収集や根拠の見極めの際になぜを考えることをを習慣づけます。
  • 帰納法やトレンド思考は、現在の業務に活かせると思いました。原因と結果の関係性やなぜを意識しながら仮説を立てます。経験を蓄積することで仮説の精度を高めます。
  • お客様への提案を考える際には8割の精度の仮説を立て、小さい修正を繰り返しながら効率的に進めることを意識します。
  • 相手の意見を聞くことがひらめきの最も早い方法のひとつだと分かりました。異業種のメンバーとのワークで、様々な視点に気づくことができました。
  • 仮説の組み方や検証方法を幅広く知ることが出来て非常に参考になりました。上司へのプレゼンテーションに活かします。

実施、実施対象
2021年6月     18名
業種
インソース
評価
内容:大変理解できた・理解できた
100%
講師:大変良かった・良かった
94.4%
参加者の声
  • PDCAを「小さく」回すことと、仮説構築にあまり時間をかけないようにしたいと思いました。これまで仮説の精度を高めることを意識しすぎていたため、時間をかけずスピード感をもって実行と検証の繰り返しをしっかり行います。
  • 本当に必要なものは、立てた仮説を打ち合いできるメンバーだと思いました。利害関係がない人のほうが客観的な視点で見てくれるので、そういった方を周りに増やせるよう努めます。
  • 短いサイクルで筋の良い仮説を回せるように、学びを活用していきます。人に説明や説得する際は、データに基づいて論理的に説明するよう心掛けます。
  • 商品開発時の問題に対してのアイデア出しとしてどのように取り組めば良いか、考える基礎ができました。新商材・新たな強化アイテムの見極め時に活かしていきます。
  • 企画立案に、本日学んだ手法での仮説構築を取り入れたいです。帰納法やロジックツリーの考え方等、提案書作成のための仮説構築に活かしていきます。

お気軽に
ご連絡ください

メール・お電話でのお問合せ

公開講座に関するQ&Aはこちら

研修リクエストのお問合せ

ページトップへ
本テーマの評価
内容をよく理解・理解
98.4
講師がとても良い・良い
95.4

※2020年10月~2021年9月

年間実績公開講座の年間実績
受講者数※1
開催数※1
講座数※2

WEBinsource
ご利用社数※2

※1 

※2 

研修を探す
開催地で探す
階層で探す
テーマで探す
コースマップで探す
日程で探す
課題・状況で探す

公開講座をさらに便利に

研修やスケジュールが見つからなかった方、資料が必要な方におすすめ

講師派遣型研修

お客さまの課題に応えるオーダーメイド型研修

研修一覧
業界・業種別研修
関連テーマ
オンライン人材育成

オンライン人材育成

企業内研修は、すべてオンラインで実施可能です

動画教育・eラーニング

動画教育・eラーニング

データやDVDの買い切り、レンタル視聴、定額制見放題など、様々なプランでご提供します

メールマガジンのご登録

レアもの研修特集


感染症対策実施について

日々の会場消毒やビニールシールド設置など「8つの感染症対策」を行い、全国で来場型の公開講座を再開しております。また、オンライン公開講座も引き続き実施しております。


申込者数人気ランキング


直近の公開講座開催研修