海外プロジェクトリーダー研修/海外で修羅場経験を積ませ、成長させる

海外派遣型研修/海外現地実践型研修~海外で修羅場経験

海外でプロジェクトリーダーをする方のための研修です

インソースでは、日本人のいない厳しい環境の中で、現地スタッフとコミュニケーションをとりシステムをつくっていく研修を開発しました。

近年、自組織の海外拠点で海外トレーニーとして若手社員を受け入れて、実践的な研修を実施している企業が増加している一方で、海外トレーニーを受け入れるのが難しいという現地法人も少なくありません。
このような状況の中で、若手社員を対象とした海外で現地のスタッフと一緒に業務を行い、異文化の中で修羅場経験を積ませる研修を実施している企業が増えいています。

研修のゴール・身につく能力

海外(フィリピン)で修羅場経験を積むことによって、日本国内でのOJTや研修よりも効果の高い、成長の機会を得ることができます!!

研修のゴール:現地スタッフとコミュニケーションをとりながら業務を遂行し、海外でもプロジェクトリーダーとしての役割を担うことができるようになります。

身に付く能力:(1) 要件定義から検収までの工程を管理する能力
(2) 業務で意思疎通を図るために必要な英語
(3) 現地スタッフの能力や特徴を見極める能力
(4) 日本とは異なる環境下の中で対応していくための順応力
(5) 度胸、忍耐、必死さ、熱意、強い気持ち、信念を持つ

フィリピン人と現地でシステム開発

当研修では研修者の方をプロジェクトリーダとしてフィリピン人開発者2名を配下にアサインし、実際に簡易なシステム開発を実施していただくことにより海外でのプロジェクト開発業務について一通りの工程を経験していただくことを目的としています。

フィリピン人スタッフ2名とは別に1名のフィリピン人プロジェクトリーダーが研修者さま2名のサポートを実施いたします。海外でプロジェクトを実施する際に留意するべきことやドキュメントの作成などについて随時アドバイスを実施することで研修をスムーズに進めます。

group

開発するシステム

開発対象システム案1:ITスキル管理システム

<開発概要>

  現状、Excelで管理されている社員のITスキル情報や研修受講履歴についてデータベースを使用して各個人でリアルタイムに更新を実施できるシステムを開発します。スキル更新や研修受講履歴については自己入力、更新後の承認を人事が行う、必要スキルセットを指定しての社員検索、またスキルカテゴリやスキルセット、スキル等をメンテナンス可能とします。

<開発ツール>

Accessなどの簡易DB+開発言語を想定

開発対象システム案 2:資産管理システム

<開発概要>

現状、Excelで管理されているハードウエア、ソフトウエア資産についてデータベースを使用して各部課でリアルタイムに更新を実施できるシステムを開発します。資産の購入(追加)や廃棄(削除)や各資産の状態(使用中、未アサイン、故障中、廃棄予定)を各部課で管理でき、資産の部課間の移動についてもサポートします。また資産の区分や資産番号の生成、各種マスタメンテを可能とします。

<開発ツール>

Accessなどの簡易DB+開発言語を想定

開発対象システム 3:会議室予約システム

<開発概要>

現状、一覧表の紙ベースで管理されている会議室の予約状況についてデータベースを使用して各使用者がリアルタイムで予約を実施できるシステムを構築します。会議室が増加した場合やプロジェクタやスピーカ、オンライン会議用機器についても予約可能とする為に、システム管理者については予約対象をマスタでメンテナンス可能とします。

<開発ツール>

PHP + MySQL等のwebシステムを想定

フィリピンで得られる修羅場体験~身につく能力

現地スタッフとコミュニケーションをとりながら業務を遂行し、海外でもプロジェクトリーダーとしての役割を担うことができるようになります。

(1)追い込まれた環境の中で、自ら考え主体的に動く実行力を高める
(2)ローカルスタッフとのコミュニケーションの取り方を学べる
(3)海外で人脈を広げたり、信頼関係の構築の仕方を学べる

プログラムスケジュール

1週目

DAY WEEK AM SESSION PM SESSION
Sun. VN301 成田9:30発
フィリピン14:20着
テルチェックイン
mon. 研修オリエンテーション
& 開発メンバ紹介
要件定義1:
・クライアントへの要件定義の説明
・要件定義書への追加変更等の更新
Tues. 要件定義2:
・開発計画書の開発メンバへの説明
設計1:
・要件定義書の開発メンバへの説明
・開発メンバとのディスカッション
設計2:
・開発メンバとのディスカッション(続き)
・開発メンバからのQ&Aをクライアントへ展開
・開発メンバへ外部仕様書の作成指示
Wed. 設計3:
・開発メンバへの製造指示
・開発メンバの外部仕様書の進捗チェック
設計4:
・外部仕様書のレビューの実施
・試験計画書の開発メンバへの説明
・開発メンバへ試験項目の作成指示
Thurs. 設計5:
・開発メンバの外部仕様書の修正後の確認
・開発メンバの試験項目作成の進捗チェック
設計6:
・完了した試験項目のレビューの実施
・開発メンバの試験項目の修正チェック
・開発メンバへ内部仕様書の作成指示
Friday. 設計7:
・開発メンバの内部仕様書の進捗チェック
・完了した内部仕様書のレビューの実施
・開発メンバの内部仕様書の修正後の確認
設計8:
・開発メンバの内部仕様書の進捗チェック
・完了した内部仕様書のレビューの実施
・開発メンバの内部仕様書の修正後の確認
Sat. ACTIVITIES
Sun. ACTIVITIES

2週目

DAY WEEK AM SESSION PM SESSION
mon. 製造1:
・開発メンバへの製造指示・進捗報告指示
・開発メンバの製造進捗チェック
・開発メンバのコードレビュー
製造2:
・開発メンバの製造進捗チェック
・開発メンバのコードレビュー
・製造進捗報告の作成
10 Tues. 製造3:
・開発メンバの製造進捗チェック
・開発メンバのコードレビュー
・レビュー指摘点の修正後の確認
製造4:
・開発メンバのコードレビュー
・レビュー指摘点の修正後の確認
・製造進捗報告の作成
11 Wed. 試験1:
・開発メンバへの試験指示
・進捗報告指示
・開発メンバの試験進捗チェック
・開発メンバの試験結果・発見問題レビュー
試験2:
・開発メンバの試験進捗チェック
・開発メンバの試験結果・発見問題レビュー
・試験進捗報告の作成・問題対処報告の作成
12 Thurs. 検収1:
・開発システムの概要説明・デモ実施の準備
検収2:
・クライアントへの開発システムの説明・デモ実施
・質疑応答
・開発システムの振り返り分析の実施
13 Friday. 振り返り分析1:
・開発メンバの外部仕様書の修正後の確認
・プロジェクト完了報告書の作成
振り返り分析2:
・プロジェクト完了報告書の作成
・プロジェクト完了報告プレゼンテーション
14 Sat. ホテルチェックアウト
VN300ホーチミン00:30発 成田7:45着

今日の仕事に役立つひとこと

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

インソースのHRMレポート
【講演録】人的資源管理の流れ
日本型経営を支える管理職の役割「現在求められる中間管理職の役割」
管理職に求められる能力について
「成長企業の人材育成」
経営マネジメントのコツ~バーチャルマネジメント研究所

研修運営に役立つレポート
新入社員研修を成功させる10のポイント
研修運営「ちょっと役立つ」101のコツ
研修を語る~ベテラン講師や研修制作者が研修に込めた「想い」とは
新作研修ができるまで

ビジネスに役立つレポート
ビジネス文書文例集
あなたにも簡単にできるクレーム対応の勘所
オフィス節電プロジェクト
インソースが考える「奥の手・猫の手」
インソースマナーブック
社長に必要なノウハウを学ぶ2ヶ月間

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

オンライン商談予約フォーム

お問い合わせ

おすすめリンク

オンライン研修ラインナップ

コア・ソリューションプラン

全力ケーススタディ

LMS・研修管理

動画百貨店 幅広いテーマのeラーニングをご提案

オンラインセミナー一覧

インソース 時代に挑む

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

コンサルティング事例集

人材アセスメント

新作研修

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

人材育成の7つのポイント

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia LMSとは(学習管理システム)

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修