【公開講座】ヒューマンエラーによる不良流出防止『ポカミスとポカヨケ』(コード:KPK)

1名さまから参加できる研修サービス・公開講座

  • 研修プログラム例
  • お問合せ

セミナーの趣旨

製造だけでなく間接部門での工程における品質不良や手直しの発生は、製造原価を押し上げるだけではなく、企業の信用を失うという致命傷にもなりかねません。不良ゼロの実現は、企業の活動に必要不可欠なものです。人はうっかり、ぼんやり、思い込みなどという性質を持っていますが、これが原因でポカミスを誘発しています。

しかもその真因の8割が、管理監督のマネジメントによる責任といわれます。「ポカミス」を「ヨケル」という自働化の仕組みが、「ポカヨケ」です。この「ポカミス」と「ポカヨケ」の関係を理解し、人はミスをすることを前提に品質は工程で作り込むという考えで、源流まで遡って改善に取り組むことで一層効果が出ます。

対象者

  • ・製造ラインの若手品質担当者
  • ・歩留りの悪い企業の経営者
  • ・ヒューマンエラーによる品質不良の多いラインでの品質管理者
  • ・外国人労働者のいる工場幹部

講義内容

  • 1.企業のやるべきこと
    • ・企業の使命とは、「生き続ける」ことです
    • ・企業でやるべきことは、原価低減と価値向上!!
    • ・製品の価値を上げるには、1つに不良や手直しをなくすることがあります
    • ・安全で安心して働きやすい職場をつくることが前提条件になります
  • 2.お客様が満足する品質をつくるには?
    • ・品質について、100-1=0、100-0=200の法則をご存知ですか?
    • ・品質とは何でしょう?
    • ・お客様が満足する品質をつくるには?
  • 3.ポカミスはだれでもやってしまうもの
    • ・ポカミスの定義と事例
    • ・人間はだれでもやってしまうのが、ヒューマンエラー
    • ・ヒューマンエラーの種類は主に3つ
    • ・ポカミスによる損失をさけるために、ポカヨケを導入します
  • 4.ポカヨケの進め方
    • ・ポカヨケのアクションは4つあります
    • ・ポカミスをしても人の責任を問わないこと
    • ・情報を与え過ぎない、目立たせること、混乱をさせないこと
    • ・まずコストのかからない方法でやってみる
  • 5.ポカヨケのしくみ・機能を知る
    • ・ポカヨケの実例としくみから原理を知る
    • ・ポカヨケの機能を知る(規制式途と注意式)
    • ・設定機能別は、3つ(接触式、定数式、動作ステップ式)
  • 6.ポカヨケを継続するには
    • ・ポカヨケを導入しても、不良撲滅はできません
    • ・ポカヨケの保守方法
    • ・ポカヨケ装置の日常管理
    • ・ポカヨケを確実に実施できる作業環境の整備の取り組み方

お申込みに際してご留意いただきたいこと

お申込み後のキャンセルにつきましてはこちらをご覧ください

【事前に必ずご確認の上お申込みください】
*事前のお席の確保などのご対応致しかねます。
*お申込み内容は、翌営業日以降に確定いたします。
*お申込み後、満席などでご受講できない場合がございますので、あらかじめご了承ください。満席の場合は、別途ご連絡申し上げます。

スケジュール

かんたんお申込みシステム WEBinsource

公開講座を手軽にお安く受講いただけます!
→WEBinsourceの詳細と新規登録はこちら

講師

(株)SMC代表取締役  松田 龍太郎 氏

1974年
米子工業高等専門学校 電気工学科卒業
1974年
倉吉立石電機株式会社(現オムロンスイッチアンドデバイス株式会社)入社。技術課配属。主な業務内容は、リミットスイッチの設計、開発、品質保証、生産技術など。特許・実用新案は、26年間で150件。改善実施件数は、6,000件以上
1984年
同社、リミットスイッチ製造課配属。主な業務内容は、製造の管理監督
1986年
同社、ONPS推進課(トヨタ方式のオムロン版)配属。主な業務内容は、トヨタ方式の導入と定着。あらゆる業務改善を実践。その後、日本IE協会の生産革新大会に2年連続して講演
2000年
同社、退社
2000年
有限会社エス・ピイ・エス経営研究所入社。欧州を中心に現場改善コンサルティングを展開。60社以上、200工場以上
2006年
同社、退社
2006年
株式会社SMC設立。代表取締役就任
2011年
ドイツで、Adeput-Consultants GmbH&Co.KGを設立
2016年
株式会社グローバルテクノ講師
  • ・日本IE協会会員
  • ・主な著書に、「絵とき ポカミス撲滅大全(日刊工業新聞社 共著・監修)」、「絵とき 簡便自働化(日刊工業新聞社 共著・監修)」、「日本製造業を立て直す「超ものづくり」(日経BP社 共著)」、「虫の眼・魚の眼・鳥の眼(日刊工業新聞社 工場管理 連載中)」など

主催団体

本コースは、株式会社グローバルテクノが主催しております。

お問合せはこちら

お問い合わせのお客様0120-800-225

ホームページ:https://www.insource.co.jp

E-mail:info_tokyo@insource.co.jp

お問合せ

お問い合わせフォームへ

※お問合せ内容ご記入欄に「ヒューマンエラーによる不良流出防止『ポカミスとポカヨケ』(コード:KPK)」とご記入のうえお問合せください

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

公開講座LINK
公開講座の年間実績
  • 受講者数※1
    • 55,948
  • 開催数※1
    • 7,238
  • 講座数※2
    • 2,292種類

インソースの実績

  • 総受講者数※1
    • 49.0万
  • お取引社数※3
    • 25,210

※1 2017年10月~2018年9月

※2 2018年9月末時点

※3 2003年6月から2018年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

インソースのサービス情報配信中!(無料)

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

お申込みの流れ
お申込み後の流れ
FAQ
活用事例

ラインナップ
管理職研修
中堅社員研修
若手向け研修
新人研修
CS向上のためのスキル
コールセンター向け研修
SE向け研修
土曜日研修

豊富なサービス
受講したい研修を受講者自身が選べる公開講座申込みシステムです
4,500社以上のお客さまがご利用中!公開講座をカンタンにお申込みできる無料のWEBサービス
※2017年3月末時点
公開講座をリーズナブルに受講できるお得な割引パックをご用意しております
スマートパックの価格表はこちらから

※税込価格

※上記表の1回換算は、インソース主催公開講座で最もスタンダードな10:00~16:45実施の研修(通常価格\26,000)をご受講の場合です

公開講座のカリキュラムや開催スケジュールなどの情報をカンタンに検索・ダウンロードができます!
上記サービスの活用や、公開講座の「豊富なラインナップ」「低コスト」「効率化」という特性を活かして、体系的な教育支援を行っております。
公開講座おすすめ研修
月間 人気研修ランキング
(階層別お申込み数)
階層別研修 推奨プラン
(若手・中堅・管理職)
おすすめ研修
(新作情報・キャンペーン)

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
本研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
新作研修
研修コンサルティング~インソースの課題解決プロセス
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報