Plantsストーリー vol.6 ~個人レベルのメディアミックス

Plants12は、インソースが自社の営業活動を促進させるために制作した社内システムを前身としています。 インソースは社内システムを駆使した営業活動を行っており「営業ノルマ」という概念が存在しないにも関わらず、増収増益を続けてきました。 「ノルマ」なしでどのようにして増収増益を達成してきたか、インソースの営業社員が語ります。

営業電話の苦手な担当者がメディアミックスの発想で
苦手を克服した方法を教えてくれました

メール&電話のダブル営業
Plants12には顧客管理機能とメール送信機能があります。この二つが合わさっているおかげでやりやすいのが、メールと電話の併用です。「メールだけだと読んでいただけないかもしれない。けれど電話で説明すると、お客様の時間をとってしまう...」そんな悩みは、メールに詳細を書いて、その旨を電話連絡すれば解決します。

私はとても緊張しやすく、雑談以外の会話すべてで少なからず緊張します。年単位で一緒に仕事をしている部下への助言ですら、助言前にメモを起こすほどです。そんな私にとってテレアポを行うのはとても障壁の高い営業活動の一つでした。なぜ電話をするのか、お客さまごとに理由を説明しないといけない気がしてしまうのですが、それを一つ一つ言語化しようとすると膨大な時間がかかってしまいます。テレアポ前にメールを送っていれば、話す内容が「メールを見てください」になるので電話を掛けるときに越えなければならない障壁がだいぶ低くなります。

Plants12の便利なところは複数のお客様に一斉にメールを送ることができ、メールを送ったお客さまの一覧をクリック操作で表示でき、その一覧から顧客情報を見ながら電話がかけられることです。

電話を掛けるためのきっかけづくりのつもりでメールを送っても、電話をかけるまでに時間がかかってしまうと「いつ送ったメールのことなのか」説明しなければならないような気がしてしまい、やっぱり電話を掛けるのに大きな勇気が必要になってしまいます。
Plants12の場合、メール送信から架電までクリック操作で簡単に進めることができるので、緊張が高まるだけの時間がありません。また、口下手な自覚があると、電話で話したとしても伝わったかどうか不安なものですが、何度も読み直したメールで、正確な情報をお届けしているので、電話後も不安になることはありません。

メール→電話の流れを取り入れてから、メールも電話も楽しみなことが増えました。

中核システム Plants12 >詳しく見る

一括メール とは・・・

一括メールとは、様々な条件で抽出した顧客群に、同じ内容のメールを送ることができる機能です。よく使うメール文面などを定型文として登録することができます。メールを送付した履歴は交渉経緯に記録されるため、交渉経緯検索で「メールを送付した先」を改めて抽出することもできます。

たくさんのお客さまに同時に同じ内容のメールを送れるPlants12の「一括メール」機能

お見積りはこちら

お問合せ

お電話でのお問合せ

0120-800-225

Plants12+デジタル
マーケティングについて
Plants各種サービス
組合せでお得になります
お得な情報たくさん
メルマガバックナンバー
仕事に役立つ
営業コンテンツ一覧

無料セミナー(バナー予定)


お電話でのお問合せは

フリーダイヤル
0120-800-225

メールでのお問合せは

お問い合わせフォームへ