教育「効果」向上セミナー
~数値化と効果アップの工夫~

Leaf実演 / 教育

教育の「効果」を測り、できる限りその効果の高い教育を考えていくことは、教育担当者にとっては永遠の課題です。一方で、「効果は簡単に数値で測れるものではない」というのが、一般的な考え方でもあります。

しかし、やりようによっては、教育の「効果」を数値化し、その数値を高めることも可能となります。 当セミナーでは、その教育効果の測り方と効果を高める工夫について、ご紹介いたします。

第1部 テストやアンケートを利用した数値化がポイント

教育の「効果」は、教育を行った後のテストやアンケートで数値化することができます。テスト・アンケートというと、一般的には、直後に行うものを思い浮かべるかもしれませんが、当社では、1ヶ月後、3ヶ月後などの期間を置いて繰り返し行うことも重視しています。 教育の内容によって、直後に点数・効果が高いものもありますし、3か月後の方が点数・効果が高いものもあります。数値でこれらを把握し、どうしたら効果が高められるか考えることが必要です。

第2部 効果を高める工夫

教育は、多くの場合、その場限りで学べるものではなく、定着までに、一定の時間や思い出したりする作業が必要となります。 そこで、教育の前後にアンケートやテストなどを行うことで、動機づけを図り、理解を深めることができます。 また、コンプライアンス教育など必須の内容は、数か月置いて、同じことを繰り返すことで効果もアップします。 各自が気づいたときに、資料を簡単に取り出して目を通せることも、教育の定着においては大事なポイントです。 このように考えていくと、教育に関する情報を一元管理し、資料やコンテンツなどを集約できることが必要です。

第1部・第2部を通し、これらを安価に、効率よく、しかも容易に実現できる「Leaf」という当社のシステムを、実演を交えながらご紹介いたします。

スケジュール

セミナー当日の流れ

  • 教育の「効果」向上に関して、お客さまの抱える課題
  • 数値化と効果アップの工夫
  • 実演~Leafの便利な使い方

※お申込みは、上記スケジュールのお申込みボタンより「無料セミナーお申込フォーム」に必要事項をご入力ください

参加者の声

  • 受講者管理の悩みや、現場での定着といった自社の課題について、他社の教育担当者さまも悩んでいることが分かり、共通する悩みに関する話ができて参考になった。
  • セミナーに参加して、履歴管理に必要なもの・ことを体系的に学ぶことができました。また、ワークフローは自分の業務の整理になりました。整理するだけでも無駄が省けそうです。
  • システムの重要性、利便性が参考になった。実際の業務で効率化される部分がよくわかった。
  • 適材適所の人員配置を目指したタレントマネジメントは、現在課題となっており、まさに取り組もうと思っていたところで、参考になりました。