loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

評価者・考課者研修パッケージ

評価者・考課者研修パッケージ

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

1.インソースの評価者研修のテーマは“愛”

人事評価に関しては、管理職研修の重要テーマとして、企業・自治体さまを問わず研修ニーズが高いように思います。インソースの評価者研修のテーマは、一言ならぬ、一語で言うと「愛」です。 何か怪しい感じですが、その「愛」とは、部下を成長させたいという愛です。

2.マイナス評価をつけることは来期に部下を成長させるコミットメント

部下にマイナス評価をつける際には上司は覚悟しなければいけません。それは、マイナス評価をするということは、来期に必ず部下を成長させるとコミットメントすることと同義だからです。マイナスの評価であった部下を成長させるためには、評価や面談を通して、「なぜマイナス評価であったのか」「どのようにすれば評価が上がるのか」を具体的に行動レベルで部下に伝える必要があります。

3.評価基準を具体化する

そして部下に行動レベルで改善点を伝えるためには、評価基準が現場の業務に即した行動など具体的な内容、かつ全員が理解・共有できる内容で設定されていなければなりません。例えば、求められる標準的な行動として(実際は職位や等級で定められていることが多いですが・・・)、

・「同じ内容の質問は2回まで、指示内容を6W3Hでメモがとれる」(新人、理解力)
・「グループレベルの現状の問題、課題を図や文書として具現化でき、半期に一回ごと改善できる」(20代後半、企画力)
・「お客様先に出しても大丈夫な議事録や報告書が書ける」(20代前半、表現力)

上記のように具体的に評価基準が定められていれば、評価者間のブレも少なく、評価者-被評価者間の認識のズレも少なく、納得性の高い評価が実現されます。

研修では、組織で定められている等級に応じた人材要件や評価基準を、受講者の方に、日常業務に即して、さらにブレイクダウンしていただきます。研修でできる範囲はごくわずかですが、この試みを通して、評価は感覚ではなく、行動レベルで、FACT(日常的な行動・成果)を通じて行わなければならないということを受講者に意識づけることができます。

4.具体的な評価基準は納得性の高い評価に直結する

共有性の高い評価基準は、育成の際にこそ、その真価を発揮します。というのは、評価基準がしっかりとしていれば、

「あなたの今期の成績は・・・です。しかし、あなたの職位の目標には達していませんのでまだ不足です。そのため、今回はマイナス評価がつきました。今期は業務Aの業績がやや不足していましたから、来期はこの2つの業務について改善し、達成できるよう努力してください。」

という面談を行うことができ、評価が納得性の高いものになり、かつ部下の来期にかけるモチベーションも上がります。

インソースでは、上記のように、評価者研修に“愛”というテーマを掲げ、評価基準を具体化することで、納得性の高い、人材育成につながる研修を実施しております。

是非とも、みなさまの組織でも実施させてください。

▶インソースの評価制度構築についてはこちら!
▶インソースの評価制度定着化(運用)についてはこちら!
▶人事制度設計のご支援についてはこちら!

お問い合せ・お申込み

※各業界向けカリキュラムのカスタマイズは可能です

{{heading}}のカリキュラムを選ぶ

本研修のカリキュラムを選ぶ

研修のプロがお答え全力Q&A

お客さまから「{{trainingName}}」に多く寄せられるご質問を抜粋して掲載しております。
質問をクリックすることで、回答が表示されます。


      

魅力的な講師

評価者の経験や制度構築をしてきた経験があり、マネジメントの難しさと効果的な運用方法を熟知している講師が研修を進めます。実際に悩んでいる方やこれから評価を行うという方の悩みや不安に寄り添い、わかりやすく講義を進めます。

研修ラインナップ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

インソースの評価者・考課者研修パッケージは、多くのプランをご用意しており、お客さまに最適な研修をお選びいただけます。

おすすめリンク

※公開講座とは、1名さまから受講可能な研修のサービスです

豊富な実績

1年間の総受講者数
17,198

研修評価

内容:大変理解できた・理解できた

92.0%

講師:大変良かった・良かった

89.4%

※2019年10月~2020年9月

受講者の声

    • 信頼関係の重要性、幼少期に学んだことの大切さ、傾聴の大切さ、部下は変わらない(上司自身が変わらなければならない)、ということ等、非常に勉強になりました。有難うございました。(2015年1月/サービス業(BtoC))
    • 今回の研修に参加させて頂き、自分の評価で欠けている点を発見しました。昇給・昇格を基本にしていましたが部下の達成感という点を忘れていた気がします。目標をしっかり持って部下と信頼できる部署にしたいです。(2015年2月/製造業)
    • 研修前は評価、育成に対して不安でした。特に評価に関してはどうしたら公平な評価ができ伝えられるのか?と思っていました。明るく研修をして頂き、少し不安が安心に変わりました。これから自信を持って評価していける自分になるよう努力いたします。本当に有難うございました。(2014年10月/金融)
    • 目的をはっきりと確認する事が出来ました。人を育てる事、その一環である評価制度。評価をする事で意識改善または向上に繋がる重要な業務である事、その役割である管理者の責任も今後しっかりと果たしていきたいと思います。(2014年3月/流通)
    • 昨年までの評価において自分自身ができていないことが多くあることが分かりました。今日の研修を参考により良い評価ができるようにしたいと思います。(2014年2月/金融)
    • 行動をきちんと評価できるよう、日ごろから部下の行動を把握し、メモを取っていくことを心がけるきっかけとなった。面談のスキルがあげられるよう、今回の研修を役立てたい。(2014年1月/電機機器)

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください



×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!