官公庁・自治体向けキャリアデザイン研修を語る

官公庁・自治体向けキャリアデザイン研修を語る


「キャリア=働くことは生きること」。
自分について改めて見直し、今後の生き方につなげていただく研修

「ワークライフバランス」という言葉がありますが、これは、
「『ワーク』と『ライフ』のバランスを大事にしましょう」
という意味です。しかしインソースでは、
「そもそも『ワーク』の部分が充実しないと『ライフ』が充実しない」
と考えています。この考え方が、本研修のベースになっています。


【ニーズ】
「今まで仕事で行ってきたことが今後につながっていく」という意識づけをしてもらいたい

もともとは官公庁で多く実施されている研修です。官公庁は異動が頻繁にあります。例えば市民対応の窓口だった方が、全く市民とは接しない人事等の部署に移ったり、場合によっては図書館に出向するなど、業務内容が様変わりします。それは異業種に転職しているようなものです。


すると、「目の前の仕事をこなせば良い」という思考になってしまいがちになり、市民に対するホスピタリティが欠けてきてしまいます。となると、クレームが起きかねないですし、本人のモチベーション低下にもつながるので、その防止のために本研修が行われます。「これまでやってきたことは無駄ではなくて、今後にも全部つながっていく」ということを考えていただくためです。


30代、40代といった節目節目において、「自分のこれまでやってきたことを棚卸しし、行ってきたことの中身を理解し、自身の特性を把握して、今後、どういう方向に進めば良いのか、また進みたいのか」といったことの意識づけをしていただきます。本研修を行うことは、モチベーションの向上にもつながります。


【効果】
自分自身の見つめ直しと果たしていくべき役割、今後の方向性について考えられる

入社・入庁してからこれまでを検証して「今、自分はなにができるんだろう」「自分の強味はどんなところにあるんだろう」という棚卸しや見つめ直しをすることで、自己理解につながります。また、「今」というこの瞬間を切り取った時、「自分はこの組織でどういう役割を果たせば良いのか」といったことも考えられます。「過去」と「今」に踏まえて、「今後、自分はどういう方向に向かい、この組織のなかで頑張っていくのか」ということを具体的に考えられるようになります。


【特長】
主に業務のキャリアデザインをします

本研修では「『ワーク』を充実させましょう」という考えが根底にあるので、主に業務のキャリアデザインをします。人間関係など、プライベートな部分で「ライフ」について触れることがあります。


【重点ポイント】
普段考えない「自己理解」について全力で考えていただきます

「自己理解」にかなりの時間を割いています。これまでのキャリアの棚卸しや「今、自分は何ができるのか」「自分の置かれている環境はどういう環境なのか」といった普段考えないことを全力で考えていただきます。これらの演習はすべて手書きなので、研修が終わるころには「疲れた」とおっしゃる方もいらっしゃいますが、新たな気づきにつながる等、「有意義な時間を過ごせた」という感想を多数いただいております。


【研修の流れ】
「自己理解」に時間をかけます

「キャリアとはそもそもどんなものなのか」について最初に考えます。その上で、自分の特性や長所・短所、自分の仕事に関する振り返り、人間関係等、「自己理解」に時間をかけます。次に30代、40代、50代、それぞれの世代における「キャリア観」の理解と、「その『キャリア観』に対して、自分はどうなのか」という確認をします。最後に自分の将来像を描き、課題を見つけて具体的なアクションプランに落とし込む、という流れです。


【演習】


「仕事振り返りシート」を作る

「何歳の時にどんな仕事をし、何が身についたか」ということを振り返っていただく演習です。なかなかそのように、改めて仕事を振り返る機会はありません。自分のこれまでやってきたことの整理整頓ができ、それをグループ内で共有することで、新たな気づきがあることが特徴です。


「人生の節目について」をサイクルで考える

「人生は『準備』→『遭遇』→『順応』→『安定化』と、第Ⅰ段階から第Ⅳ段階のサイクルを巡っている」という考え方を使い、「自分が今どの段階にいるのか」について考えていただく演習です。次のステップに上がったらまた「準備」に戻ります。例えば「今の仕事に異動してから、もう2年経つから、ある程度順応して安定期に入っているよね」といった感じです。ということは、「そろそろ次のステップに行く準備に入るんじゃないのかなぁ」という風に見えてくるので、次のステップが分かりやすくなります。



【ひと言】
これからの自分自身を改めて作るためのきっかけになる研修

講師自身の経験談や体験談も盛り込まれるので、そこに共感が生まれる研修でもあります。そういう意味でも分かりやすく取り組みやすいのですが、本研修は研修の時間内で完結するものではありません。


本研修をきっかけに、自分自身を改めて見つめ直し、今後の生き方につなげていただければ幸いです。



お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ
インソース流研修とは?
インソース流研修のやり方

人気研修の解説
全社員向け意識改革研修
ビジネス文書研修
管理職のためのビジネス文書研修~指導編
話す力・書く力(プレゼン・文書研修)
プレゼンテーション研修
内定者研修
新入社員研修
新入社員IT研修
新人フォローアップ研修
OJT指導者研修
コーチング研修
部下モチベーション向上研修
中堅社員研修
管理職研修
管理職アセスメントプログラム
リーダーコミュニケーション研修
段取り研修
CS研修
接遇研修
コミュニケーション研修
企画力研修
リスクマネジメント研修
コンプライアンス研修
キャリアデザイン研修
交渉術研修
ファシリテーション研修
タイムマネジメント研修
ビジネスゲーム
業務改善研修
自治体マネジメント研修
Java研修
クレーム研修
電話応対研修
図解思考力研修
整理力研修
研修担当者レベルアップ研修
社内講師養成研修
財務研修
ファイリング研修
マニュアル作成研修
営業力強化研修
メンタルヘルス研修
タイムマネジメントの原則
話す力・書く力
コンプライアンス研修
業務改善研修
新入社員研修~社会人としての自覚編

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー