Java研修を語る

Java研修を語る


【特徴】
演習中心の実践型研修

講義だけでなく、演習が中心のカリキュラムです。「講師が話すだけではなく、自分で調べたり、考えたりする時間があるのがよかった」と、受講者の方から好評をいただいております。


研修の間になるべく復習を入れてすすめていきますので、初心者や経験の浅い方にも安心して受けていただけますし、例題等を実施する際も、受講者が集中して取り組めるような工夫をしております。 充実したシステム構築経験者を講師陣として揃えております。優しく(時には厳しい)講義が大変好評です。


【重点ポイント】
実際にシステムを開発する

システム開発については、最初にアルゴリズムやフロチャートからしっかり教え、整斉とした開発ができる様にと考えております。 Javaの技術に加えて、システム設計研修をしっかり実施いたします。 実際に開発実習に入ると、設計研修をしっかり受けたかどうかで開発実習の出来が大きく変わってきますから、弊社では、きちんと時間を取って設計演習を実施しております。


開発演習は受講者が開発したいシステムを自由に選ぶようになっております。 新人研修で最も好評だったのが自由設計の開発演習でした。 最初は完成するかどうか不安でしたが、限られた時間ながら、非常に高いレベルのソフトが組みあがりました。


具体的には、

  • 「ホテルのWEB予約システム」
  • 「中古バイクのWEB販売システム」
  • 「WEBでの音楽配信システム」
  • 「サプリメントのWEB販売システム」
  • 「人員の配置分け支援システム」
  • 「会議室予約システム」

  • など、ユニークなシステムを企画し、開発してくれました。わずか2週間から3週間の開発演習でこんなものが作れるのか!という事に驚き、「この仕事をやっていて良かった」という充実感に浸ることができました。


    【ひと言】
    1ヶ月間の成長を感じる発表会

    受講者さまが開発したシステムは、ご自身で発表していただきます。 研修の最後に、自分のチームで開発したシステムのプレゼンを各社の偉い方(経営陣など)を前に実施します。 本当に受講者の方やその上司の方々には喜んでいただいています。 わずか1ヶ月前まで素人の新人がまがりなりにも開発を完了して発表している姿が感動的です。


    本当に学んだのはシステム開発技法だけでなく、開発プロセスでの「人間ドラマ」だと思います。



お問合せ

インソースでは、お客さまの様々なお悩み・ニーズに応じたサービスをご用意しております。
まずはメールかお電話にて、お気軽にご相談ください。

ページトップへ