loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

グローバル人材育成研修~海外赴任 管理職・管理者編

グローバル人材育成研修~海外赴任 管理職・管理者編

検索ボタン

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

研修の特徴・目的

グローバルな視座・視点で国籍・言語・文化の違いを越えてビジネスを進める

インソースで定義する「グローバル人材」とは、グローバルな視座・視点で国籍・言語・文化の違いを越えてビジネスを進めることができる方のことを指します。

海外赴任の管理職・管理者に必要なスキルは、高い語学力ではなく、あくまでも社会人としての基本能力を磨いた先にある、優秀なマネジメント力であり、求められる心構えとスキルは、全世界共有のものといえます。

ただ、日本の管理職・管理者として優秀であれば、グローバルな環境においても全てがうまくいくかというと、そうではありません。必要に応じて海外の一般的なビジネスルールなどを踏まえたマネジメント方法に、適切に自分の方針を変化、転換させるしなやかさも求められます。

「言語が異なる」といった単純な問題では片づけられない、さまざまな習慣や考え方の違い、その背景にある文化の成り立ちを理解したうえで、コミュニケーションの取り方、仕事に対する考え方、リスク防止方法をお伝えするのが、インソースの研修の特徴です。


グローバル人材育成研修~海外赴任 管理職・管理者編のポイント

現地のリーダーとして求められる役割

日本人と外国人の仕事に対する考え方の違いを踏まえて、海外における「管理職・管理者の役割」と「人材活用の仕方」を学んでいただきます。海外赴任者は、赴任前よりも一つ高い観点(現地経営者)で物事を判断することが求められるため、拠点経営の勘所をつかめるような意識の醸成が不可欠です。

部下指導・育成の方法

日本と海外における指導・育成に対する考え方の違いを踏まえて、「海外で使えること」「海外で通じないこと」を考えていきます。日本と海外での「人を使う」ことに対する考え方の違いや、現地社員に指示や指導を行う際の留意点、日本でも海外でも等しく有効な指導テクニックなどを学びます。

リスクマネジメントに対する考え方

リスク回避につながる日常の取り組みや、海外特有のリスク事例について学びます。そのうえで、海外拠点で起こりうるリスクに関するケーススタディを実践することで、日本ではなかなか起こることのないリスクを予測し、対処を検討できるようになることを目指します。英文契約書や国際人事労務に関することも、必要最低限の知識として習得しておくことをおすすめします。


{{trainingName}}ご検討のお客様からのご質問 ~講師・内容・実施方法など

グローバル人材育成研修~海外赴任 管理職・管理者編のご提供コンテンツ

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

おすすめリンク

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座(申込み・支払い等)、WEBinsourceに関するお問い合わせ→①
講師派遣型研修、動画教材・e-ラーニング、人財育成スマートパック、その他のお問合せ→②を選択してください

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!