数字で説得する提案書作成研修(2日間)

数字で説得する提案書作成研修(2日間)

問題の本質は何か、を徹底的に考えたカリキュラムで、現場で役立つスキルやノウハウを習得!

研修No.B PRP410‐0100-2992

すべての研修で、オンライン実施のご相談を承っております!※カリキュラムの一部に変更が必要なテーマもございますので、ご了承ください

loading...

検索結果

{{'検索結果' + searchResultList.length + '件'}}

研修内容・特徴outline・feature

本研修は、IT部署のマネージャー及び熟練のSEの方向けに、システム導入の費用対効果を示す際の、「コンペに勝てる提案書」を作成するスキルを習得していただくことを目的としています。

具体的には、提案が通る数字の使い方や、効果と費用の見積もり方を学び、コンペ参加の総合演習を経験することで、即実践につなげていただきます。

研修プログラム例program

研修プログラム例
内容
手法
  • 1.提案書作成の基本
    ~採用される提案書とはお客さまの抱える課題をすべてクリアするもの
    【ワーク】お客さまの立場にたったときに、興味を持つ提案書とはどのようなものか考える
    (1)お客さまの社内で各部門が気にすること
    ①導入現場 ②経営トップ、企画部門
    ③経理・総務部門 ④人事部門  
    【ワーク】Aシステムを提案する際に、各部門が気にすることを洗い出す
    (2)カウンターパート(提案相手の担当者)が恐れる、できないことを考える
講義
ワーク
  • 2.提案書内容のポイント
    (1)提案書作成のポイント
    ①提案で伝えたいことが明確であること 
    ②お客さまのご要望を満足するものであること 
    (2)提案書作成の切り口 ~相手の知りたいことを書く
    ①本件実施の狙い・解決すべき課題と導入・実施成果 ②提案概要
    ③詳細提案内容 ④費用対効果 ⑤スケジュール
    ⑥他の方式、他社との比較 ⑦考慮すべきリスク
    (3)提案書の書き方のポイント
    ①提案書のピラミッド構造~本文の要約が見出し、見出しの要約が本題
    ②表現のポイント~表題の付け方、本文の書き方、数字の使い方、図表、文字
講義
ワーク
  • 3.提案書作成のための財務知識~お客さまの数字を知る
    (1)大前提として企業経営の基本
    ①そもそも企業経営とは~収益、利益を上げることを目的とした組織
    ②システム開発の位置づけ~システム開発は業務改善の一手法
    (2)損益計算書の読み方
    ①損益計算書の基本 
    ②おおまかに投資を積極的にできるかどうかを知る
    (3)貸借対照表の読み方
    ①貸借対照表の基本 
    ②おおまかに投資余力を知る
    (4)仕分けの基本~ソフトウエアに関する仕分けを知る
    ★コラム中期経営計画、業界動向や他社比較から投資傾向を知る
    【ワーク】財務諸表からM社の投資に対する姿勢を推測する
    (5)決算書から読み取れる課題に基づく提案の基本
    ①資産はあるが現在、低収益、赤字の場合のIT投資提案とは
    ②現在、高収益の場合のIT投資提案とは
    (6)さまざまな経営数字分析手法を知る
    ①人時生産性 ②労働生産性 ③ROI
    【ワーク】自社の生産性を計算する
講義
ワーク
  • 4.お客さまを説得できる費用対効果説明資料の作り方
    (1)定量効果が基本だが、説明できない場合は定性効果で説明する
    (2)2種類の費用対効果(償却ベース、キャッシュフローベース) 
    ①ITに関する減価償却の基本 ②キャッシュフローとは?
    【ワーク】Aシステム導入時の費用対効果を説明する
講義
ワーク
  • 5.見積もりのミスを防ぐ
    (1)見積書の不整合をみつける
講義
  • 6.総合演習
    M社あてのIT開発の提案書を作成し、同時に、各部門が気にする事柄を踏まえて作成する
    IT投資の成果を数字で説明する
ワーク

全力Q&A{{list[0]['categoryBottom']}}関連の全力Q&A

よくあるご質問について、研修のプロとして熱く丁寧に回答します。

カスタマイズ事例~ケーススタディCASE STUDY

本研修のカスタイマイズ事例として、作成したケーススタディを業界別にご紹介します。

{{theme}}研修のケーススタディ一覧

受講者の声VOICE

実施、実施対象
2016年 1月     11名
業種
情報通信・ITサービス
参加者の声
  • 財務諸表から提案先の現次を推測していく考え方については全く持っていなかった為、非常に参考になりました。
  • 一見直接結びつかなそうな、財務諸表と提案書の関連は新鮮な感心を与えてくれました。
  • 余談で話していただいたことは、本の話など勉強になりました。
  • 財務関係は、自分の苦手な分野であるため勉強する良い機会でした。
  • 提案時のポイントとして参考にしていきます。

開発者コメントcomment

多額の費用がかかるシステムの導入だからこそ、数字で具体的に考える能力が問われます。
本研修を受講することで数字の見積方法の基本が身につきます。

見積の立て方を若手に指導したいけれど何から手を付けたらよいかわからない!そんなシステム会社の管理職の方に導入をお勧めします。

関連の研修を探す


お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

DAY毎日更新

WEEK毎週更新

CONTINUATION続々更新

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

ビジネス文書研修
年間総受講者数
12,568
内容をよく理解・理解
94.6
講師がとても良い・良い
92.8

※2019年4月~2020年3月

関連研修

{{sortedMiddleListObj.name}}

{{sortedMiddleListObj.len}}種

  • {{value.len}}種

おすすめ読み物

仕事を少しでも楽しく、頑張ってみようと思えるようなアイデア

インソースのお役立ち読み物集「Gambatte」

インソースがご提供する
「これまでと違う」サービス。
最新の情報を無料配信中!
新作研修、新サービス、無料セミナー、公開講座割引、資料プレゼント、他社事例、研修運営のコツなどをお届けします。
メールマガジンのご登録

お問合せ急増中のテーマ

新人研修2020

お問い合わせ

本テーマのおすすめリンク

徹底!ビジネス文書通信添削

「プロ」のおすすめ インタビューリレー

受講者の声 PickUp

おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力ケーススタディ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

新作研修~こんな研修できました

コンサルティング事例集

人材育成の7つのポイント

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

LMS・研修管理

eラーニング・映像制作

交流型無料セミナー

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修

×閉じる

研修のトレンドなど、お役立ち情報を配信中!