女性がインソースで働く魅力

インソースの魅力-女性社員の働き方-〈インタビュー〉~株式会社インソースの求人情報研修業界で最先端を走る研修会社へ就職・転職してみませんか?

インタビュー

女性としての働き方を
会社と共に創っていく。

営業部 上席チーフ  R ・K(2006年入社)

※所属や肩書は掲載当時のものです

Q.現在の担当業務

今は主に支社の営業活動の指揮とサポートをしています。自分の仕事をこなすことよりも、メンバーの案件獲得に向けた提案の指導や、日々の様々なやり取りの部分でのアドバイスなど、若手営業への指導・支援を行っています。

Q.キャリアと育児

営業担当者として2006年に入社しました。といっても当時はいわゆる営業だけではなく、提案書はもちろんテキストの作成や講師の育成など、今では他部署が担当するようになった業務もあわせて行っていました。2年間営業を担当しましたが、結婚し妊娠したのを機に、できたばかりの企画開発部に異動。産前産後休暇・育児休暇取得の第一号となりました。

復帰後はWEBチームでHP作成やメールセールスでの販促活動に携わり、第2子出産後は公開講座部に所属、その後営業に戻り今に至ります。仕事から離れることなく今も育児との両立ができているのは、日々いろいろなご協力をいただいているおかげです。

Q.仕事のやりがい

インソースの営業は既存の商品を売るというよりも、研修を一からつくる要素が強いです。自分が仮説を立てて提案したものが採用されると本当に嬉しいです。何よりも受講者の方や研修ご担当者さまに「これを求めてたんです」と言っていただけたときは喜び・やりがいを感じます。

少し昔ですが、今のインソースであれば当たり前のようにできる案件でも、コンテンツや実績がないために提案できなかったり、当時のインソースの体力ではお客さまが求めているものを提供できなかったことが多く、とても辛いこともありました。

今は多くのお客さまのおかげでたくさんの実績を重ねることができ、ご提案できるコンテンツも豊富になりました。その数は今も増え続けており、インソースが日々成長していることを実感しています。

Q.女性がインソースで働く魅力

当社では「同じように努力し成果を上げているのに性差で評価が変わる」ということは絶対にありません。昇格・昇進においても男女関係なく正当に扱われます。これだけは自信を持って言い切れます。

ですので、「バリバリ働きたいし、その結果を公正に判断してほしい」と思う方はぜひ当社に来ていただきたいです。もちろん当社は、産休・育休制度はもちろん、仕事と育児を両立させるための配属・勤務時間の配慮はちゃんとある会社です。仕事に夢中になりつつも、将来「母親」になる時が来れば、その時も安心して働き続けることができます。

Q.今後の目標

kojima_photo

今後も、お客さまのお悩み・お困りごとに対するソリューションを必死に考え、ご提供するスタンスをずっと持ち続けたいと思います。お客さまの多様なご要望に応えていくと、もしかしたら10年後のインソースでは研修がごく一部のサービスになっているかもしれません。そういった変化にも、自分の持っているスキルや経験を少しでも活かしていけるようにしていきたいです。