無料セミナー~「調査」+「課題発見」+「教育」で結果につなげる 課題解決型CS調査の進め方

無料セミナー~「調査」+「課題発見」+「教育」で結果につなげる 課題解決型CS調査の進め方

半数以上のお客様が接客態度を意識している

商品やサービスを選ぶときに、みなさんはどのような点を意識しているでしょうか。
マーケティングの大家であるフィリップ・コトラーは、製品の価値を3つの層に分けて整理できると言っています。
商品そのものの価値だけでなく、それに付随するイメージやサービスも含めて、お客さまはその商品に価値を見出しているということでしょう。

無料セミナー~「調査」+「課題発見」+「教育」で結果につなげる 課題解決型CS調査の進め方

また、消費者庁が実施している「消費者意識調査」では、以下のような結果が出ております。

■商品やサービスを選ぶときに意識すること [意識すると回答した割合]

無料セミナー~「調査」+「課題発見」+「教育」で結果につなげる 課題解決型CS調査の進め方

※出所:「平成29年度消費者意識基本調査」の結果について
(最終アクセス:2019/3/12)

商品やサービスの"中核"にあたる「価格」「機能」「安全性」「評判」に次いで、"付随機能"にあたる「購入(利用)時の説明や対応等の接客態度」「苦情や要望に対する対応」といった項目が続きます。商品・サービスそのものだけでなく、それを販売する際の応対品質が、選択において消費者に与える影響が大きいことがわかります。

しかし、自組織の応対で気になる点があっても、通常業務が忙しく大きな問題も起きていない場合、現状維持をしてしまいがちです。また、何をどこまで改善すべきか指針がないと、教育も困難です。

そこで必要になるのが、客観的な視点によるCS調査です。

一般的なCS調査は顧客・利用者の声を集計しますが、インソースでは応対者の応対品質を徹底的に評価します。改善点と求められる水準を明らかにすることで、最適な教育を実施できます。

本セミナーでは、なぜCS向上が必要なのか、どういった視点で調査し改善に取り組むかをお伝えし、当社ならではのCS調査もご案内いたします。

ポイント1:他社事例と自組織の特性を踏まえて、調査方法を設計する

創業以来、インソースでは民間企業から自治体・官公庁に至るまで、幅広い業種にわたって電話応対や店頭・窓口応対の調査を行ってまいりました。これまでの調査事例とその後の改善活動を紹介し、CS向上の実効性を高める調査方法のヒントをご提示いたします。

【実施業界】自治体、官公庁、小売業、百貨店、自動車、金融、保険、通信、製造、電力、鉄道、ソフトウェア、高速道路、病院 など多数

ポイント2:優先すべき改善点を特定するため、多面的な分析手法を活用

CS向上と言っても、応対に関わる要素は多岐に渡ります。調査の結果、改善点は複数となることが一般的です。その中で、特に優先して改善すべき項目を明確にすることが、最短で応対品質の向上につながります。複数の分析手法の組み合わせで、お客さまごとに異なる課題の特定が可能であることをご紹介します。

ポイント3:CSのプロ講師が調査を実施し、その後の教育まで担当する

インソースのCS調査は、CSのプロである研修講師が担当します。調査結果で明らかになった課題を解決する研修カリキュラムを作成し、実際に現場を見た講師が研修を担当することが可能なので、受講者に最適な内容で高い教育効果を発揮します。よりきめ細やかなフィードバックをご希望の場合は、講師が1人1人と面談することも可能です。

こんな課題をお持ちの方へ

  • 自社の電話応対や窓口応対の品質を向上させたいが、
     何から手を付けていいかわからない
  • CS向上の取り組みをしているが、結果に反映されていない
  • 小売業やサービス業、コールセンターにおける昨今のトレンド、取り組みのヒントを得たい

スケジュール

※無料セミナーは人事または研修ご担当者様向けの内容となっております。個人の方・同業の方のご参加はご遠慮ください。
※原則、1社2名様までのご参加とさせていただきます。
※無料セミナー当日は受付にて、名刺を頂戴いたします。恐れ入りますが、ご準備をお願いいたします。
※無料セミナー当日にご参加を希望される場合は、一度お問合せください。

当日の流れ

  1. 近年のCS向上をとりまく現状とその重要性
  2. CS向上のための3ステップ
  3. コールセンターにおける取り組み事例
  4. 窓口・店頭における取り組み事例
  5. インソースが提供するCS向上ソリューション

関連リンク

下記情報を無料でGET!!

無料セミナー、新作研修、他社事例、公開講座割引、資料プレゼント、研修運営のコツ

メールマガジンのご登録はこちら

登録は左記QRコードから!

※配信予定は、予告なく配信月や研修テーマを変更する場合がございます。ご了承ください。

配信をご希望の方は、個人情報保護の取り扱いをご覧ください。

お問合せ

まずはお電話かメールにてお気軽にご相談ください

メールでのお問合せ

お電話でのお問合せ
0120-800-225

※フリーダイヤル架電後、ガイダンスに従って
公開講座・WEBinsource・人財育成スマートパックに関するお問合せ→①
その他お問合せ→②を選択してください

ページトップへ
開催中のセミナー
【オンライン開催】インソースエナジーフォーラム
【オンライン開催】インソースのオンライン研修とはどういうものか」をオンラインで知る
【オンライン開催】ウィズコロナ・アフターコロナを見据えた事業承継とは?
【オンライン開催】<自治体限定>「自治体」「オンライン」「教育」情報交換会
新人研修2020~新人の傾向と効果的な育成方法・公開講座の活用方法
2020新人・若手育成セミナー ~イマドキ世代「きく」育て方とは
人事評価制度セミナー ~評価制度の見直しで、人材育成と組織目標の達成を目指す ~
令和時代のOJT施策検討セミナー
「選抜」「教育」「評価」で進める次世代管理職の養成
「調査」+「課題発見」+「教育」で結果につなげる 課題解決型CS調査の進め方
階層に応じたアセスメントサービスのススメ ~組織の強みと課題を見える化~
成長曲線を描くための教育体系構築セミナー~スキルマップ作成から始める戦略的人財育成
研修内製化、ご支援します!~研修のプロが語る、自前でやるために必要なこと~
LINEを活用した、イマドキの新卒採用セミナー
人事総務の作業時間を1/10に減らす!~Leafの基本をマスターする
ストレスチェック無料セミナー

職場改善プログラム

人事サポートシステムリーフ

インソースの研修の特徴


インソースのもと

有料セミナー
社内講師養成研修
研修担当者レベルアップ研修
採用面談研修

関連コンテンツ一覧

研修内製化のお悩み相談
お悩み相談(1)「講師人材が確保できない」
内製化がうまくいかない理由、適切な教育人材が確保できない、人材育成最優先で人材確保など→続きはこちら
お悩み相談(2)「社内講師の養成方法」
当事者意識を重視した仕組み作り、社内講師育成の具体的支援など→続きはこちら
お悩み相談(3)「何を教えるべきかわからない」
日常的に業務スキルを洗い出すことが重要、業務スキル洗い出しのタイミングは今、業務スキルは体系化しておくなど→続きはこちら
お悩み相談(5)「スキルマップの必要性と作成方法」
そもそもスキルマップとは何か、スキルマップを考案した経緯、スキルマップの有効性など→続きはこちら
お悩み相談(6)「研修テキストの作り方」
テキスト内容における6つの要素、指導用テキスト作成の進め方など→続きはこちら
お悩み相談(7)「内製化のひと工夫ミニ集合研修」
ミニ集合研修とは、ミニ集合研修のメリット?負担なく深く理解できる、ミニ集合研修の効果など→続きはこちら
お悩み相談(8)「ミニ集合研修のトレーナーの指名要件」
トレーナーの指名要件、トレーナー数について、トレーナーが習得すべきことなど→続きはこちら
お悩み相談(9)「研修計画の立て方」
「スキルマップ」を基に「研修計画」を作成、教育コスト削減も意識、OJT中心は現場が苦労するなど→続きはこちら

インソース研修の特徴
研修の考え方
研修の流れ~事前課題
研修の効果測定
研修呼び覚まシステム
受講者の声
講師の特徴
Q&A

インソース研修一覧
テーマ別研修
階層別研修
年代別研修
業界業種別研修
官公庁・自治体向け研修
部門別研修
AI・RPA研修
新作研修
1名から参加できる公開講座

研修カレンダー

お問合せ急増中のテーマ

新人研修2020

お問い合わせ

おすすめリンク

人財育成パッケージプラン

全力ケーススタディ

全力!人材育成ノウハウ ins-pedia

新作研修~こんな研修できました

コンサルティング事例集

人材育成の7つのポイント

公開講座コースマップ

人財育成スマートパック

LMS・研修管理

eラーニング・映像制作

交流型無料セミナー

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修