ディスカッションスキル向上研修

ディスカッションスキル向上研修
~議論の質を向上するためのコミュニケーションとは

よくあるお悩み

  • ①「社内会議」や「チームミーティング」といった場で、話し合いの目的が設定されないまま進行してしまう。そのため、論点がずれたまま話し合いが進み、結論が曖昧もしくは出ないことが多い。
  • ②発言をする人がいつも同じ人になりがち。さまざまな意見が出てくることで、より良い結論が導き出せるので、参加者一人ひとりが遠慮せずに、主張できるようになって欲しい。
  • ③ディスカッションをする際、話が脱線することが多々ある。脱線した時に、問題の大局を頭に留めておき、再び話し合いを統合できる人がいないがゆえに、結論までに時間がかかってしまう。

ディスカッションは、複数の人間や他部署を交えて意見を言い合う協力型会議です。一対一の話し合いとは違い、さまざまな意見を踏まえて、結論をまとめるための場でもあります。事前に話し合いたいことを洗い出す等の準備が整っていないと、「ただ集まっただけ」になってしまい、結論が出ないことも多々あるようです。
迅速かつ不満の出ない形で参加者の意見をまとめ、建設的な話し合いを行うには、各々のディスカッションスキルを向上させる必要があります。

ミテモのロゴ

インソースグループのご提案

話し合いの質を下げる行動への対策を学び、4人1組での実践ワークに取り組む

インソースの「組織のディスカッションスキル向上研修」は、以下2つのポイントに基づいて実施いたします。

POINT1話し合いの質を下げる4つの行動への対策を学ぶ

複数人、時には大人数で行うこともあるディスカッション。参加する人数が増えれば増えるほど、話し合いは迷走しやすくなります。中でも、「自分の意見に固執してしまい、周囲の意見を受け止められない」「細かい理屈や言い訳が多く、意見を簡潔に述べられない」などディスカッションの質を下げる各々の行動があります。
本研修では、ディスカッションの質を下げる4つの行動への対策及び、議論をリードするためのスキルについて学びます。各々の行動への対策が明確になることで、迅速に結論に辿り着くことを可能にします。

POINT2実践ワークに取り組み、自身の議論スキルを見直す

「習うより慣れろ」と言うように、ディスカッションの上達は場数を踏むことが重要です。自身は発言している、端的に話しているつもりでも、周りから見ると「人の意見を聞かずに、自身の意見を押し付ける人」になっているかもしれません。
しかし、自組織内ではフィードバックを受ける機会がないため、なかなか気付けないといったことがあります。
本ワークでは、4人1組でディスカッションに取り組む様子を別のチームが観察し、フィードバックをします。フィードバックを受け、自身の議論スキルを見直す機会として大変有効です。

※サービスに関するご相談やお見積もりはお気軽にお問合せください(グループ会社ミテモ株式会社がご対応させていただきます)。

サービスの内容

ねらい

あらゆる場面で議論をリードすることができるコミュニケーションスキルを身につけることを目指します。

プログラム例

※講義・個人ワーク・グループワークを組み合わせて実施いたします。

  • 時間
  • プログラム内容
  • 1日
  • 1.これまでのディスカッションを振り返る

    • (1)質の高いディスカッション、質の低いディスカッション
    • (2)ディスカッションの上手な人、下手な人

    2.ディスカッションとは

    • (1)ディスカッションとは
    • (2)議論・対話・雑談・討論の違いとは
    • (3)ディスカッションの進み方と進め方

    3.ディスカッションの質を下げる4つの行動への対策

    • (1)人の話を聞かずに自分の意見を押し付ける人に対して
    • (2)黙ってばかりで意見を発しない人に対して
    • (3)目的が共有されないままで始まった時に
    • (4)論点が整わないまますれ違い続けた時に

    4.ディスカッションの質を高めるために

    • (1)議論の前にできること
    • (2)議論の途中で意識すること
    • (3)議論の後で忘れずに行うべきこと

    5.ディスカッションの上級者になる

    • (1)議論をリードできる上級者が持っているスキルとは
    • (2)議論をリードするための7つのスキルを高める
      •  ①深堀る技術
      • ②広げる技術
      •  ③整える技術
      • ④捨てる技術
      •  ⑤確認する技術
      • ⑥共有する技術
      •  ⑦批判する技術

    6.ロールプレイ 4人1組でディスカッションをする

    • (1)議論に必要なスキルを意識し、発揮するイメージを持つ
    • (2)与えられたテーマに沿って、2組でペアを作り、お互いのディスカッションを見合う
    • (3)様子を観察して実感したことをフィードバックする
    • (4)自身の議論スキルを見直す

    7.振り返り

    • (1)今日の気づきや学びを話し合う
    • (2)今後の議論についての目標を持つ

※サービスに関するご相談やお見積もりはお気軽にお問合せください(グループ会社ミテモ株式会社がご対応させていただきます)。

インソースへのお問合せ

電話でのお問合せは
フリーダイヤル
0120-800-225
メールでのお問合せは

お問合せフォームのアイコンお問合せフォーム

※グループ会社ミテモ株式会社がご対応させていただきます


お仕事歳時記

人材育成の7つのポイント

スピード見積もり

インソース採用情報