アイデア創発ワークショップ

アイデア創発ワークショップ
~現場で活かせるアイデアの創発プロセス

よくあるお悩み

  • ①社内でのミーティングやブレストの際、アイデアはたくさん出るものの、結論に至らない。
  • ②アイデアがたくさん出る人とそうでない人が混在しているため、その場に参加している従業員全てが発言できるようにしたい。
  • ③出たアイデアをまとめる際に、うまく取捨選択できず、現実へと落とし込むことができない。

若年層の従業員が多い成長企業では、社内ミーティングやブレストの際、アイデアが活発に出て、その場が盛り上がることも多いのではないでしょうか。
しかし、アイデアを出したことに満足してしまい、出たアイデアを収束し、実現まで持っていくことがなかなか出来ないといったお悩みをよくお伺いします。

ミテモのロゴ

インソースグループのご提案

「アイデア創発ワーク」の実施が可能なファシリテーターを派遣し、ワークショップを実践いたします

インソースのアイデア創発ワークショップは、以下2つのポイントに基づいて実施いたします。

POINT1とにかくアイデアをたくさん出す

既にアイデアが潤沢に出る場合でも、「実現可能なアイデア」となるとなかなか出にくいのではないでしょうか。
アイデアは実現しなければ、日の目を浴びることはありません。そこで、インソースのアイデア創発ワークでは、「実現できるアイデア」を1チーム100個以上を目標として考えます。制約がなければいくらでもアイデアが浮かぶ方にも、実現までをイメージしたうえでアイデアを出していただけるようファシリテートいたします。

POINT2出たアイデアを収束し、振り返りを行う

たくさん出たアイデアを軸を決めて優先順位付けを行い、絞り込んでいきます。これまでアイデアは出すだけだったという方にも、1つに収束するということを体験していただきます。
また、そこから何を学んだかを振り返り、「やりっぱなし」ではない明日からの仕事につながる学びを持ち帰っていただくことが可能です。

※サービスに関するご相談やお見積もりはお気軽にお問合せください(グループ会社ミテモ株式会社がご対応させていただきます)。

サービスの内容

ねらい

仕事の現場に持ち帰れるアイデアの創発プロセス習得し、実現可能なアイデアを生み出すことを目指します。

プログラム例

※講義・グループワークを組み合わせて実施いたします。

※アイデアの実現には、インソースの企画力研修がおすすめです。

  • 時間
  • プログラム内容
  • 1日
  • 1.イントロダクション

    • (1)アイデアの創発について全体像を知る
    • (2)テーマ発表
    • (3)チームのアイスブレイク

    2.アイデアの拡散

    • (1)アイデアの拡散方法の解説
    • (2)アイデア創発ワーク①
    • (3)アイデア創発ワーク②
    • (4)アイデア創発ワーク③
    • オズボーンのチェックリストなどの各種ツールや方法論を利用しながら、ブレインストーミングや連想などのワークに取り組み、アイデアをとにかくたくさん考える。目標は、1チームあたり100個以上のアイデアを考えること

    3.アイデアの収束

    • (1)アイデアの絞り込み
    • (2)プレゼンテーションの準備
    • たくさんのアイデアを軸を決めて優先順位付けを行い、絞り込んでいくことで、アイデアを収束していく

    4.アイデアの発表

    • (1)1チーム5分間で、アイデアを発表する
    • (2)参加者投票で、最優秀アイデアを決定する
    • (3)1日のワークショップの振り返り
    • 1日のワークショップを通じて、どのように考えて行動したか、そこから何を学んだかを振り返り、「やりっぱなし」ではない明日からの仕事に使える学びを持ち帰っていただく

※サービスに関するご相談やお見積もりはお気軽にお問合せください(グループ会社ミテモ株式会社がご対応させていただきます)。

インソースへのお問合せ

電話でのお問合せは
フリーダイヤル
0120-800-225
メールでのお問合せは

お問合せフォームのアイコンお問合せフォーム

※グループ会社ミテモ株式会社がご対応させていただきます


研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修