マネタイズワークショップ

マネタイズワークショップ
~確実に利益を生む事業計画を作る

よくあるお悩み

事業の発展を見据えるうえで、こんな悩みはありませんか

  • ①組織の成長に伴い主軸事業が固まってきたので、改めてビジネスモデルについて整理をしたい。また、それに伴い標準化すべきことについても一度しっかり話し合う場を設けたい。
  • ②人員増加に伴い、組織存続のためにも、持続的な利益を生み出していく必要がある。営業利益を上げるために、コストを削減しつつ、未来への投資も進めていきたい。
  • ③今後の人員増加において、育成期間の設定はもちろん、システム投資で解決できる部分はないのかなど組織の最適化を進めていきたい。

組織設立から数年経つと、ある程度主軸事業も定まり、人員も当初と比較すれば増加していることでしょう。そこで課題になるのは、「いかに持続的、かつ確実に利益を生むか」という自組織のマネタイズです。
こういった組織の今後については、次世代を担う若手層が意識的に理解していくことが非常に重要です。次期経営層育成のためにも、「次世代を担う若手にマネタイズについて学ばせたい」といったお悩みをよくお伺いします。

ミテモのロゴ

インソースグループのご提案

自社のビジネスモデルを改めて確認し、業務改善点を洗い出し、中期経営計画の策定に挑戦する

インソースの「マネタイズワークショップ」は、以下2つのポイントに基づいて実施いたします。

POINT1自組織の主力ビジネスについて考える

自組織の主力事業のビジネスモデルを1分間で説明するワークを実施します。「自社の主力事業の価値、他にはない独自の価値とは何か」を考え、発表をしていただきます。
その後、主要なビジネスモデルの6類型(物販・卸売り、仲介・消耗品・広告・課金、会員・委託請負)について学習します。
「ビジネスモデル」をこれまでじっくりと考えたことがなかった方にも、改めて考えていただくことができるよう、ワークと講義を組み合わせて実施いたします。

POINT2コスト削減・業務改善とともに、未来の投資について考える

継続的に利益を生み出すために、まずは損益計算書の構造を再確認します。
その後、現在の業務フローにおいて、標準化することで生産性をあげることができる部分や交通費・広告費などを 必要以上に使用していないかなどのコストについて考えます。
また、今後の成長に合わせた人員増加においても、「人を増やす前に考えること」「増加した場合のシミュレーション」など未来への投資をより効果的にするための知識を学習します。

※サービスに関するご相談やお見積もりはお気軽にお問合せください(グループ会社ミテモ株式会社がご対応させていただきます)。

サービスの内容

ねらい

今後、企業の中核を担う方々に、「マネタイズとは何か」「ビジネスモデルとは何か」「どうやって持続的に利益を生み出していくのか」を理解していただくことを目指します。

プログラム例

※講義・個人ワーク・グループワークを組み合わせて実施いたします。

  • 時間
  • プログラム内容
  • 1日
  • 1.ビジネスモデルとは何かを理解する

    • 【ワーク】自社の主力事業を1分間で説明する
    • 【ワーク】自社の主力事業のUSPを1分間で説明する
    • 【ワーク】自社の主力事業の価値とは何かを1分間で説明する
    • (1)主要なビジネスモデル 6類型
      • ①物販
      • ②卸売り・仲介
      • ③消耗品
      • ④広告
      • ⑤継続課金・会員
      • ⑥委託請負
    • 【ワーク】自社の主力事業のビジネスモデルとは何かを改めて確認する

    2.継続的に利益を生み出すために、考えるべきこと
      (基礎編)

    • (1)損益計算書の構造を再確認する
      • ①売上
      • ②製造原価
      • ③販管費
      • ④営業利益(損益)
      • ⑤経常利益
    • (2)フォーカスすべきは営業利益=本業の利益
    • (3)営業利益を上げるために考えるべきこと~売上編
    • ①売上は販売個数(回数)×販売単価
    • ②販売個数を上げる
    • ③販売単価を上げる
    • ④人員増・組織体制の変更は慎重に
    • 【ワーク】自社の組織事業の売上構成比を明確にする
    • (4)営業利益を上げるために考えること~製造原価編
    • ①標準化により生産性を向上する
    • 【ワーク】自社の業務において、標準化すべきことを洗い出す
    • ②変動比率を見直す
    • 【ワーク】自社の固定費を確認し、変動費化できることとそのメリット・デメリットを検討する
    • (5)営業利益を上げるために考えるべきこと~販管費編
    • ①聖域なき、コスト削減が利益を生み出す
    • ②考えるべきことは、交通費・広告費・交際費
    • 【ワーク】自社の交通費、広告費、交際費の内訳を確認し、無駄がないかを確認する

    3.継続的に利益を生み出すために、考えるべきこと
      (中長期編)

    • (1)中長期的な投資をする前に考えるべきこと
    • ①安易な投資がもたらすデメリット
    • ②投資は、成果を生み出す「やり抜く力」が組織に備わっていることが大前提(確率論的な思考)
    • (2)人員計画を考える
    • ①人を増やす前に考えるべきこと
    • ②人員増加シミュレーション
    • 【ワーク】増員による月額利益増加額と戦力化期間を試算する
    • (3)投資計画を考える
    • ①システム投資
    • ②設備投資

    4.確実に利益を生み出すための中期経営計画を策定する

    • 既存事業において、現在設定している3年後の営業利益を実現するための事業計画を考える

※サービスに関するご相談やお見積もりはお気軽にお問合せください(グループ会社ミテモ株式会社がご対応させていただきます)。

インソースへのお問合せ

電話でのお問合せは
フリーダイヤル
0120-800-225
メールでのお問合せは

お問合せフォームのアイコンお問合せフォーム

※グループ会社ミテモ株式会社がご対応させていただきます


研修コスト削減サービス

全力Q&A

デザイン思考研修

お仕事歳時記

講師一覧

人材育成の7つのポイント

映像制作 eラーニング制作 デザインサービス

交流型無料セミナー

漫画で楽しく学べる教材制作

人財育成スマートパック 公開講座が最大50%OFF

スピード見積もり

インソース採用情報


直近の公開講座開催研修