採用情報

採用情報トップページ~株式会社インソースの求人情報 研修業界で最先端を走る会社へ就職・転職してみませんか?

多職種・多彩な採用活動を実施しています

インソースの採用ページをご覧いただき、ありがとうございます。

インソースでは業務拡大に合わせて多くの職種で人材を募集しております。職種が多い分、採用したいタイプや求めるスキルも様々。色々な方に来ていただきたいと思っています。多様な人が活躍できる場所があり、学歴・経験・年齢・性別・国籍も関係ありません。
採用基準は1つだけ。
「インソースで楽しく働いてもらえそうな人」です。

この採用情報ページでは、インソースの魅力を皆さまにご理解いただけるよう、様々な部分にスポットを当ててご紹介します。少しでも「これはいいな」と思う職種があれば、ぜひ応募いただければ嬉しいです。皆さまにお会いできることを心から楽しみにしています。

「仕事はできるようになれば楽しい」

insource heart

インソースは、2002年に研修会社としてスタートしました。初めは講師がお客さま先にお伺いして研修を行う講師派遣型研修がメインでした。もちろんそれは今もインソースの中核ですが、その他にも公開講座(インソースのセミナールームにお越しいただき、1名さまから受講できる研修)、eラーニング(自宅でも受けられる動画活用型研修)、コンサルティング(お客さまの課題を調査・分析し、解決策の策定と教育に関するお手伝い)、システム(社内研修の申込と管理を効率化するシステム提供)と、幅広いサービスを提供しています。

これらのサービスには、一貫した思いがあります。
「仕事はできるようになれば楽しい」ということです。

私たちは、「仕事を楽しいと思える人を増やしたい 」と思っています。仕事ができるようになるためには、今日できなかったことを明日できるようになること。今まで分からなかったことに気づくこと。これを繰り返すことで、いつか、仕事が上手にできるようになり、仕事を楽しいと思えるようになるはずだと考えています。私たちはそんなことを目指して、1つ1つのサービスを丁寧に創っています。

研修を受ける方の目線でサービスをクリエイトし、提供しております。

インソースの原点は「研修サービス」。あくまで顧客の求めるサービスを開発し続けてきたからこそ、現在では年間
1万回以上の研修を実施でき、加えて多様なサービスを展開できています。この原点を、インソース創業の理由を交えて皆さまにご説明していきたいと思います。

「明日から役に立つ教育サービスを提供したい」から始まった

インソースは、創業当初のメンバーが、自分が受講した研修に疑問を持ったことから始まった会社です。

当時、研修といえば偉い先生が来て、ありがたい話をするものでした。それぞれ、多忙な会社生活を送っていたメンバーにとって、研修は重要だと思えませんでした。なぜなら「研修の内容は自分の仕事に直接関係がない」「おっしゃることは良い事だと分かるが、HOW(どうやったら)がないから、自らの仕事にすぐ活かせない」と思うことが多かったためです。よって、社会人教育マーケットにビジネスチャンスを見出し、事業を開始いたしました。

インソースの研修は、
「研修の内容は自分の仕事に関係がない」可能な限り受講者の業務に合わせた研修 「そんなこと、頭で分かっているけどできない」受講者の困っていることを具体的に解決
この2点については、絶対譲らない。そんな強いこだわりを持った研修をつくりました。

この2つを達成するために、試行錯誤を繰り返してつくってきた研修の進め方を下にご紹介します。これが、すなわちインソースのサービス、会社の特徴となっています。

1.事前課題で受講者の「今」を知る

まずは、研修の前に事前課題を通じて受講者の課題を知ること。「あなたが困っていることはなんですか?」この情報を事前に集めることで、実際に受講者がどういう仕事をしている人たちなのか、何に困っているのか、を把握します。この情報は、当社のテキスト開発・制作者や講師が活用するだけでなく、受講者の皆さまやご担当者さまとも共有しています。これによって、研修に関わる全員が課題を具体的にイメージして、研修に臨めるようにしているのです。

2.テキストは「上手な人」の仕事の仕方を分かりやすく書いたもの

テキストはすべて自社で開発しています。先ほどご紹介した事前課題を活用してテキストを開発しています。ここにも独自の視点があります。

上手な人の仕事の仕方を集めたもの
世の中には、物事によって「苦手な人」と「上手な人」がいます。「上手な人」は「苦手な人」には気づかない、良い仕事の仕方やコツに気づいて、実践しています。インソースのテキストは、「上手な人はどういう仕事の仕方をしているのか?」「どんなコツがあるのか?」に注目します。そして、それを調査によって収集し、原則化や手順化を行い、テキストを通じて皆さまにご紹介しています。

難しいことを分解し、分かりやすくして書いている
インソースでは「どんな難しいことも分解すれば単純なものの組み合わせ」だと考えています。単純なものにすれば、誰でも実践することができます。また、実践を通じて体得できるように、ロールプレイングやケーススタディの多い内容になっています。

受講者の中にあるスキルや意識・考えが共有されるようになっている
「上手な人が実はあなたの隣にいる」ということを研修内で知っていただくのも特徴です。実は本人が知らないだけで、「上手な人」が同じ職場にいたりします。私たちが、テキストにどんな良いことを書いたとしても、同じ職場の方が実際に行っている仕事の進め方の方が、身近で参考になるはずです。研修内では、これを共有しています。そのために、事前課題で工夫を書いていただいたり、グループワークでお互いに話し合うことから、気づきが生まれるように研修を設計しています。

3.受講者の気持ちに寄り添える講師

講師は217人。インソースでは主として、契約した専任講師が行います。インソースの講師に求めることは「受講者の気持ちに寄り添える講師」ということ。自身も組織の中でバリバリ働いた経験があり、現場の苦労も楽しさも知ったうえで、自分の進むべき道として講師業を選んだ方がインソースの講師になっています。

最初は、講師として未熟でも構わないと思っています。受講者の気持ちに共感でき、研修をやってみたいと意欲の高い方を歓迎しています。また、新たに講師契約を結んだ方には勉強会を実施しており、講師としてのトレーニングを積むことができるようになっています。217人の講師の出身業界や経歴は多様になります。研修を実施する際、受講者の気持ちに寄り添い、受講者に合った講師を選定しています。

4.常に最良のサービスを目指すこだわり

常に受講者とご担当者さまの声を聞き、「今日の受講者がなにか一つでも、明日の仕事に活かせるものを持って帰ってもらえるように」「研修に行って良かったと思ってもらえるように」これを叶えるために一回一回、丁寧に研修を実施してきました。

研修内容を仕事に活かせることへの第一歩は、「研修直後に」良かった! 理解できた! と思うことだと思っています。研修直後に良いと思えなかった研修を、1年後に思い出して活かそうと考えることはありません。そのため、私たちはまずアンケートの評価を最も重視しています。

その上で、人事研修部門の声や担当した講師の声を加味して、毎日毎日カリキュラムやテキストの改善を行っています。

業績拡大とその秘密

役割分担をして「その道のプロ」になる

このように研修は、とても時間と手間がかかるものです。インソースは、これを人とITを組み合わせた「仕組み化」によって実現しています。

営業や運営担当者など研修コーディネーターを中心として、テキスト開発・制作者、講師、システム開発者、講師の交通手配担当者、といったように1回の研修で必要なことを役割分担します。そして、それぞれが、それぞれの仕事でプロになることで、会社全体でいい研修をつくりあげられるようしています。

また、社員の4分の1がエンジニアという研修会社で、ITによる社内の仕組み化を懸命に行っています。仕事の段取りが楽になり、ミスを減らす、研修効果を高めるなどを目的にシステムをつくっています。 更に、AIやデジタルマーケティングといった最先端技術分野にも着手を進めています。

この12年間、業績を伸ばせているのは、この2つの仕組みがうまくいき、研修の質に対して、お客さまに受け入れられている結果だと思っています。そして、もっと多くの人が楽しく仕事ができるようにするために、研修実施数をさらに拡大していきたいと思っています。

インソースは、皆さんを待っています。

創業してから13年目。全社員で地道に一生懸命に仕事をして、業績を伸ばし続けてきたことはインソースの誇りです。ぜひ皆さまもメンバーとして入っていただき、これからも社員全員でがんばっていきたいと思っています。

インソースの採用コンテンツ

インソースの社長×学生

インソースの社長と学生が互いに質問しました。

このコンテンツは、新卒採用向けに作ったものですが、社長がどういう人か、
インソースがどんな姿を目指しているかを
ご覧いただけます。

社長視点から見たインソースをぜひご覧ください。

学生から社長への質問・社長から学生への質問

インソースで働く社員にインタビュー

さまざまな部署・役職の社員にインタビューしました。

インソースに入社した理由や、
仕事における達成感など
「どんな人がどんな考えのもとで働いているのか」をご覧いただけます。

気になる職種で働く人の「声」をぜひご覧ください。

社員紹介

成長の秘密を探る潜入レポート

創業以来、継続的に成長を続けるインソース。

実は、成長の鍵は、2つの部署にあります。
社内システムを開発するシステム開発部門、研修テキストの作成とコンサルティングを行う企画開発部門です。

なぜ、この2部署が鍵を握るのか? 業務内容ややりがいとともに、成長の秘密をレポートします。

潜入レポートトップ

数字で見るインソース

"数字"を切り口に、分かりやすくインソースをまとめました。

「年間何回の研修を実施しているのか?」
「年間何人の方が研修を受講しているのか?」
など、インソースの研修・サービスにまつわる数字を かわいいイラストとともに紹介いたします。

インソースのことを、もっと知っていただくことができます。

数字で見るインソース

新卒採用

中途採用

SEプログラマー採用

講師採用

アルバイト・スタッフ採用

ダイバーシティ推進について

LGBT採用

現在募集中の職種

事業成長を続けるインソースでは、以下の様々な職種で一緒に働く方を募集しています。
インソースの目指す姿に共感いただける方のご応募をお待ちしています。

急募

AIエキスパート職

AI開発だけでなく、各社AIツールの調査、お客さまとの打合せ、 AI研修の開発、情宣資料の作成など、業務は多岐に渡ります。

急募

メディア事業クリエイター職

ニーズ調査から、特集の企画、WEBライティング、WEBデザインまで、WEBコンテンツ制作の一連の業務に取り組みます。

急募 未経験可

法人営業・
研修コーディネーター職

研修・サービスのソリューション営業
お客さま先で開催する研修の企画

未経験可

WEBによる
広告宣伝担当職

インソースWEBページ・広報物の企画・デザイン・作成・運用

未経験可

研修コンテンツ企画・
コンサルタント職

研修テキスト等ツールの開発・作成

未経験可

新規事業開発担当職

新事業・新サービスの企画・開発・営業

未経験可

研修受託・運営担当職

受託元の研修を、企画から運営まで
トータルでサポート

インソースでは、パートタイマー・アルバイトも募集しております


新卒採用募集人数
30~40人
2018年募集職種
総合職、システム担当職、デザイナー職
1分間でわかるインソース
新卒も通年採用してます
新卒インターンシップ
実践! 就活対策講座

自分を魅力的に表現するプレゼンテーション、ロジカルシンキング

中途採用 募集人数 ※2017年12月06日更新!
AIエキスパート職
2名東京(大手町)
メディア事業クリエイター職
2名東京(大手町)
法人営業・研修コーディネーター職
5名(全国)
公開講座企画・運営担当職
2名(東京・大阪)
SE・プログラマー
10名(北海道、仙台、大手町、駿河台、池袋、渋谷、町田、横浜、名古屋、大阪、広島、福岡、在宅勤務)
WEBによる広告宣伝担当職
2名(東京)
研修コンテンツ企画・コンサルタント職
5名(東京・九州)
新規事業開発担当職
2名(東京)
研修受託・運営担当職
1名(東京)

パートタイマー募集
セミナー運営事務
(東京)
企画開発職
(研修テキスト編集担当)
(東京・九州)
一般事務職
人事事務職
経理事務職
SE・プログラマー採用
WEBライター

研修講師募集
東京  講師募集
大阪  講師募集
名古屋  講師募集
札幌  講師募集
仙台  講師募集
広島  講師募集
四国  講師募集
福岡  講師募集
コールセンター  講師募集
英語・日本語でご登壇可能な
講師募集(日本語ページ)
The Training Instructor  (English web site)
海外赴任経験  講師募集
IT研修  講師募集

インソースについて
会社概要
企業理念
事業内容
ニュースリリース
メディア情報
沿革

潜入レポートトップ


インソースの年間実績
  • 実施回数※1
    • 17,182
  • 企業内研修
  • 11,620回
  • 公開講座
  • 5,562回
  • お取引先数※2
    • 21,006
  • 受講者数※1
    • 41.5万
  • 内容評価※3
  • 大変理解できた
    理解できた
  • 講師評価※3
  • 大変良かった
    良かった

内容評価:%
講師評価:%

※1 2016年10月~2017年9月

※2 2003年6月から2017年9月までに当社サービスをご利用いただいたお取引先累計

※3 2016年10月~2017年9月
当社書式での受講者アンケートより集計

研修実績をもっとみる

職場改善プログラム

全支社、全社員に研修!?あなたならどうする? 解決動画公開中!

新人・可菜の仕事が早くなったその理由 動画公開中!

インソースの研修の特徴


インソースのもと